Rico's Room

rico2006.exblog.jp
ブログトップ

酒田市二番町『酒采 うさぎ屋』日替わりランチ&『斎染』ブログ村<和雑貨>祝一位の巻♪

f0078014_122525.jpg
書の手習いで同じクラスで学ばせていただいているみなさんと先生との交流を兼ねて、酒田市二番町へ飛び出し、酒采 うさぎ屋さんで、昼食会をした。
日替わりランチ650円は、メインの魚料理と肉料理を選べたので、私は、庄内豚ロースの生姜焼きを注文した。
ご飯も、白米か玄米かを選べたので、珍しい玄米の方をお願いした。
画像を見ておわかりの通り、おふくろの味!

我が家にもおふくろの味というか、ババごっつぉが得意な母がいるので、今は、あまりこういうお店で外食をしなくなったので、とても懐かしい感じがした。
懐かしいというのは、私が、仙台で一人暮らししていた頃に、こんな感じの日替わり定食を出してくれるお母さんがやっているお店があり、大変お世話になったことを思い出したのだ。
そこは、冬になると、全てのテーブルがコタツになって、食後は、横になって、仮眠ができるという本当に「お家でおふくろの味」を食べているようなお店であった。残念ながら、そのお店は、今はなくなってしまった。

とにかく、一人暮らしや働き盛りのビジネスマンにとって、バランスのとれたおふくろの味定食というのは、五臓六腑に染み渡るありがたさというのを私自身が体験している。
そんなことを思い出しながら、うさぎ屋さんの柔らかい庄内豚ロースのしょうが焼きをほおばった。ん〜、おいしい011.gif
「おかわりは、いかがですか?」と優しいお母さんが、カウンターから声を掛けてくれた。こじんまりとした空間が、また、お母さんが目配り、気配りできる空間で、とてもよいと思った。


f0078014_1382730.jpg
それから、日替わりランチのお魚は、さんま焼きだった。さんまの大きさにびっくり!さんまを焼く前に、「内蔵を付けますか?取りますか?」と聞いてくれるサービスもいいなと思った。
さんまも肉厚で、美味しそうだったなぁ〜011.gif


f0078014_1443174.jpg
食後のコーヒーは、「うさぎ」の絵柄の入った粋な湯のみ茶碗で出された。ステキだよね016.gif

同じ書のクラスのみなさんは、魅力的な方々だなぁ〜と感じていたのだけれど、今日、みなさんは、酒田の方ではなかったことを知り、納得できた。抽象的な表現で申し訳ないけれど、酒田の人間には、いないタイプ。「書」を通じて、素敵な方々にご縁をさせていただいて、ありがたいと思う。先生をはじめ、みなさん、これからも、どうぞよろしくお願い致します040.gif


f0078014_1494565.jpg
こちらは、『酒采 うさぎ屋』さんの外観。
夜は、おふくろの味が楽しめる居酒屋になるのだそうだ。

入り口ののれんは、たしか、斎染さんが染めたもの。いろんな色のバージョンがあり、酒田中町商店街中に、こののれんが下げられている。「もっけだの」をはじめ、庄内弁って、いいなと思う。

そういえば、斎染さんのブログみんなで明るくボチボチとが、ブログ村<和雑貨>で、堂々の1位(2009.3.5)になっていて驚いた!(「クララが立った!」時と同じような衝撃と感動!)

思い起こせば、斎藤染工場さんとの出会いがあり、『斎染』の愛称で、オリジナルてぬぐいの制作をご提案させていただいた。ちょうど、1年前に第一号のピアノ柄てぬぐいが誕生したのだ。
まさか、その1年後に、ブログ村<和雑貨>にて、第1位に輝くとは、まったく予想していなかったことである。おぼげだ〜!
この1年、『斎染』さんが、黙々と努力を重ねてきたことが、このようにみなさんに評価していただけたということが嬉しくてたまらない。感激のあまり、涙があふれてくる!もっけだの〜!

「なせば成る なさねば成らぬ 何事も 成らぬは人の成さぬなりけり」上杉鷹山公

この言葉は、本当だとしみじみ感じた。

ということで、『斎染』の新作を楽しみにして下さっているみなさまのために、ミニ風呂敷の試作をしていただいている最中である。またまた、「こんな風呂敷、見たことがない!」というデザインをご提案させていただいた。いや、提案という言い方は、大変おこがましい!単に、私が「こんな風呂敷が欲しい!」という気持ちで、デザインをさせていただいただけのことである。
完成が、楽しみだなぁ〜060.gif
[PR]
by starlitsky_2006 | 2009-03-06 23:59 | FOOD