Rico's Room

rico2006.exblog.jp
ブログトップ

川辺の館1階『食道 ささき』で、おまかせコースをいただきましたの巻♪

f0078014_22323916.jpg
こちらは、先月24日にオープンしたばかりの『食道 ささき』さん。
当ブログでは、HEARTS(ハーツ)デビューをさせていたお店ということで、紹介していた。
何人からか、「ブログで見たけど、ささきさんって、どういうお店?」と聞かれたのであるが、オープンした日は、私は、演奏することで頭がいっぱいで、どんな料理を出していたかとかまでは見る余裕がなかったので、改めて、お店を訪問させていただいた。
ついでに、店内の写真も了解を得て撮影させてもらった。


f0078014_22404159.jpg
『食道 ささき』は、カウンターがメインのオープンキッチン!
化学調味料を一切使わず、旬の素材を活かした料理が自慢とのこと。
安心安全であることをここまでオープンに見せてくれるお店は、信頼できると思う。
これまでの酒田にはなかったスタイルのお店である。


f0078014_2245368.jpg
小上がりもあるので、10名位までなら、宴会ができそうな感じであった。


f0078014_22464565.jpg私は、カウンターに一人で座り、いろいろ単品もあったけれど、お得な『おまかせコース2,500円』をいただいた。
ご主人が料理を作る様子をカウンターから眺めていると、「ああ、私のために、今、作って下さっているんだぁ〜」というライブ感を楽しめた。ビストロ・スマップのゲストになった気分といった感じ。

一品目は、「ほうれん草とガサ海老の椀物」。
くぅ〜、ちゃんといいだしがでてますっ!
日本人の味覚中枢を呼び覚まされるような美味しさだった。


f0078014_22544092.jpg
「蕗と孟宗の煮物」
春の香りを楽しめる煮物は、私の母が作る煮物とは違い、上品な感じがした。
やっぱりババごっつおとプロの料理人のごっつおとは違うよなぁ〜としみじみ。


f0078014_2383085.jpg
「アジのぬた和え」
春の山菜も添えられていた。


f0078014_2394237.jpg
「キスの一夜干し」に大根おろしをたっぷりかけて頂いた。
一夜干しにしたキスは、身の味に深みが増して、美味しい。
ちゃんとお皿まで、あつあつにして出してくれるところが、さすがという感じ。


f0078014_23112470.jpg
「ナスの木ノ芽味噌田楽」
大きなナスだったんだけど、美味しくてペロリ!


f0078014_23133472.jpg
「じゃがいもの葛豆腐」
これは、初めて食べた味でビックリした。
気さくなご主人は、作り方を教えてくれたけれど・・・見た目よりも、かなり手間がかかっているので、多分私は作らないと思う。
どの料理もそうであるが、とてもシンプルな盛りつけ。他のお客さんからも、「もっと飾らねばダメだや〜」と教えられるそうであるが、あえてそれをやらないのは、見た目でごまかさず、ストレート直球勝負をしているような印象を受けた。
一口食べれば、その良さがわかると私も思う。
見た目にごまかされない、本物の味がわかる食通のお友達や叔父に教えたくなるお店であった。


f0078014_23292261.jpg
「カレイと大根の煮物」
このカレイには、ビックリした!骨ごと食べられるほど柔らかいのに、煮崩れしていないのだ!さすが、職人技である!
本当に、わかる人に食べさせたくなる料理であった。


f0078014_23331937.jpg
「そらまめ天ぷらとアイナメの骨チップス」
そらまめの天ぷらが美味しいのは当然だけれど、骨チップスが、超美味!!!骨を干して、素あげしただけだというけれど、こんなに美味しいのはなぜ?という気がした。
素材そのものを味わわせてもらえて、いろいろと勉強になる。
やはりご主人と対話しながらいただけるというところのメリットは大きい。一方、可愛らしい女将さんは、一人で食事をしている私を気遣って、お話の相手をして下さった。
お店の人とのコミュニケーションが、『食道 ささき』の魅力だと思う。私一人でも、気軽に入れる感じがいい。


f0078014_23401039.jpg
「うどのごま和え」
山うどの豊かな香りを楽しめるごま和えだった。


f0078014_2341434.jpg
「ゴーダチーズ」
こちらは、ご主人が特別に仕入れているチーズ。このチーズ職人の面白いお話を聞かせていただいたのであるが、ぜひ、ご主人から直接聞いてもらいたいと思う。
このチーズは、本当に美味しかったぁ〜!


f0078014_23425913.jpg
そして、最後の〆の甘味は、『食道 ささき』名物の「いとこ煮」。
ご主人の実家は、庄内・狩川で、そちらの郷土料理なのだそうだ。
あずきともち米だけで作ったヒンヤリ和スイーツ。おはぎの苦手な私が、これは、大好き!!
見た目は、え?って感じかもしれないけれど、食べてみると食感や甘さが絶妙。これは、はまります!

お店の営業は、夜のみだけれど、日中、こちらの「いとこ煮」は、200円(お茶付き)で、川辺の館前のベンチで、茶店のように気軽に食べられるそうだ。
山居倉庫へ訪れた観光客が、一休みできるようにしたいとのこと。


「おまかせコース」の中に肉料理を入れてもらうこともできる。最初に、苦手なものなどがあれば、伝えておくといいかも。「おまかせコース」おすすめします!
今度は、友達や家族と一緒に行きたいと思う!


*****************************************************************
食道 ささき

〒998-0043 山形県酒田市本町1-6-6 川辺の館 1F
TEL 0234-26-8106
営業時間/18:00〜21:00(L.O)
[PR]
by starlitsky_2006 | 2009-05-14 23:31 | FOOD