Rico's Room

rico2006.exblog.jp
ブログトップ

母の初体験3本立て!『ホルモン居酒屋 轍wadachi』『ブルース・ヒロ』『朗読会』の巻♪

f0078014_23293714.jpg
今夜7時半から、中町の『ブルース・ヒロ』にて開催される『朗読会』のチケットを友人が行けなくなってしまったという理由で、2枚頂戴していた。
せっかくいただいたので、母を誘ってみたら、「朗読会ってどういうのか、一度行ってみたい!ブルース・ヒロさんってどんなお店なのか行ってみたい!」と興味を持ってくれたので、私と二人で行くことにした。

すると、母は、「せっかく中町へ行くなら、あんたの絵を飾ってくれているお店へ行ってみたい」と言うので、ホルモン居酒屋 轍wadachiさんに夕食を食べに行った。


f0078014_23391651.jpg
自称ジャニーズ系マスターに特別にお願いして、『HEARTSハンバーグ』を作ってもらった。
ノリのよいマスターに感謝016.gif


f0078014_23423314.jpg
和牛ハンバーグは、箸で簡単に割れるほどソフトで、中から肉汁がでてきた。
庄内小僧6月号に轍さんの和牛ハンバーグ定食が掲載されるとのこと。


f0078014_23462328.jpg
ハンバーグとご飯で、おなかがいっぱいだったのだが、母が、やきとりを食べてみたいというので、ねぎまの塩とタレを2本ずつ注文した。
この画像は、ねぎまの塩。梅肉とわさびがついてきたのには驚いた!
母が、梅肉とわさびを一緒に混ぜていたのを見て、「マスター!この梅肉とわさびは別々に塗って食べるんですよね!」と聞いてみたら、「はい、そうです」と言われた。
ところが、母は、「あれ?やっぱり、混ぜた方が、おいしいよ」と言うので、私も混ぜて塗ってみたら、混ぜた方が美味しかった!!
「マスター!混ぜるの有りだと思います!」というと、「新境地を開拓されましたね!」とスキン・ザ・今井さん037.gif
みなさんは、どんな食べ方がお好みでしょうか?
そのまま食べても、十分に美味しいねぎまでしたけどね。


f0078014_2354154.jpg
そして、こちらは、自家製のタレ!
お肉がふっくらとしていて、とても食べごたえがあって、美味しかった。
すると、母のテンションが急に上がり、「私、こういう場所で、やきとりを注文して食べたのは、生まれて初めてだー!」と嬉しそうにマスターに話し掛けた。

母は、まるっきり飲めないので、やきとり屋さんとかに行ったことが一度もなかったのだそうだ。私も、それを初めて聞いて、ちょっとビックリした。
カウンターでマスターに注文して、目の前で焼いてもらい、マスターと会話をしながら、美味しくいただくというのは、テレビドラマでしか見たことのない光景だったようだ。
轍のカウンターは、あっという間にほぼ女性客で満席になり、その光景も、母にとっては、新鮮だったようだ。
轍さんは、食事だけでも、気軽に入れるお店で、本当にありがたいと思う。飲めないお客を嫌がる某やきとり屋さんを知っているだけに、マスターのあたたかいおもてなしは、大変嬉しい♪
母は、次は、お父さんと一緒に行きたいと言っていた。
そして、「轍のみなさんは、とっても感じのよい人たちだの〜」と誉めていた。


f0078014_044970.jpg食事を終えてから、『ブルース・ヒロ』さんへ移動した。
いつも私や音楽仲間がライブをやっているお店に潜入した母!037.gif
予想以上に狭いお店だったらしく、「え?ここで、ライブどご、でぎんな?」とビックリしていた。

マスターのヒロさんは、まさか、私が朗読会に来るとは思わず、私の顔を見て、ビックリしていた!
私の方こそ、『ブルース・ヒロ』で、朗読会っていうのにビックリだよっ!!
お店は、お客さんで、いっぱいになった。
『ブルース・ヒロ』さんは、こぢんまりしているところが、魅力!これからは、音楽だけでなく、こういう企画でも、どんどん活用したらよい場所だと思う。


f0078014_011419.jpg
こちらが、『朗読会』のチラシ。
朗読会というより、動かない演劇といった印象だった。やはりいつも演劇をやっていらっしゃる方々の表現の仕方だなぁ〜と思った。

母は、酒田にも、こういう趣味の世界の人たちがいるんだということに驚きだったようだ。
「今日は、いろんな世界を初体験させてもらった」と言っていた。私としては、いつまでも、好奇心旺盛な母であって欲しいと願う。


f0078014_0225063.jpg『朗読会』が終わってから、轍で食べ過ぎたので、カロリー消費のために、中町から歩いて家へ帰ることにした。
夜9時前だったのだが、中町商店街が明るくて驚いた。
すでに、屋台などの準備がされていて、今年は、酒田祭り創始400年に向けて、気合いが入っていることが感じられた。
昨年は、ひどい天気だったので、今年こそは、天気に恵まれて欲しいと祈る。
[PR]
by starlitsky_2006 | 2009-05-16 23:59 | FOOD