Rico's Room

rico2006.exblog.jp
ブログトップ

仙台の書道用品店『かな用墨』購入&高校時代の恩師へ手紙を書くの巻♪

f0078014_139649.jpg仙台七夕祭りを見に行った時に、仙台の友人から教えてもらった書道用品のお店2軒をはしごして買い物をしてきた。
この画像は、購入してきた墨2点。
以前、ネットで購入したきず墨5種類は、使ってみてからわかったのであるが、漢字用の墨であった。
普段、小筆で手紙などを書く私は、きっとかな用の墨の方がよいのではないかと思っていたので、仙台へ行ったついでに、かな用墨を購入したのである。


f0078014_1455656.jpgこちらのかな用墨『あら玉(玄勝堂製)』1丁は、東方交易 仙台店で購入した。
なんと、40%offだったので、びっくりするほど安く購入できて、嬉しかった。
お店に、それぞれの墨で書いたサンプル集があり、一つ一つの墨への説明がきちんとできる店員さんの応対が素晴らしいと思った。
安心して購入できるお店であり、お気に入りのお店となった。


f0078014_1532363.jpgこちらのかな用墨『和琴(呉竹精昇堂製)』0.5丁は、仙台キョー和で購入した。
こちらのお店も、1周年記念セール&七夕祭りセールで、どれも大安売りで、40%offだった。
売り場面積がとても広く、品揃えが豊富なところが魅力であった。
気になる墨の数もたくさんあり、迷ってしまった。ネーミングの魅力に惹かれて購入してみた『和琴』であったが、さらさらとした感じと、墨の香りの良さで、今、一番のお気に入りの墨になった。
墨をかな用に変えただけで、小文字がとても書きやすくなった。墨で、こんなにちがうものかと驚かされてしまう。
書とは、奥が深い世界だという入口を知ったという感じである。


f0078014_203172.jpg
ところで、今日、書のお稽古で、とても驚くことがあった。
師匠の千加子先生と、私の高校時代の恩師の奥様が、お知り合いということで、恩師が、現在入院中で、まもなく退院するという情報をお聞きすることができた。
大変お世話になった先生であったのに、ご無沙汰してしまっていたので、すぐに、お見舞いの手紙を書いた。
「退院され、ご健康が回復なさったら、ぜひお会いしたいと願っております」と。
千加子先生との出会いは、もしかして、恩師へこのように手紙を書くためだったのではないのか?と思わずにはいられないほど、私にとっては、運命を感じる出来事であった。単に、世間は狭いというだけで済まされない話のように感じている。
私の恩師への思いは、メールやパソコンでプリントした手紙では、伝わらないだろうという気がするのである。
千加子先生から、書のご指導をしていただき、本当によかったと心から感謝申し上げたい。

またまた嬉しいご縁をいただき、本当にありがたいと思う040.gif
[PR]
by starlitsky_2006 | 2009-08-28 23:58 | SHO