Rico's Room

rico2006.exblog.jp
ブログトップ

フランス風郷土料理『ル・ポットフー』で、秋の特別西洋懐石プランで、豪華ランチの巻♪

f0078014_0502485.jpg
今日の昼、特別に大切な方と二人で、フランス風郷土料理『ル・ポットフー』の『秋の特別西洋懐石プラン』5,250円を予約した。
本当は、9/15〜10/15の期間限定だったのだが、チケットを購入していれば、期間が多少外れてもOKとのことだったので、今日のランチタイムに足を運んだ。

私の大切な方は、有名人なので、ル・ポットフーのスタッフの方々に、大変驚かれてしまった!
今日の昼は、県外から観光バスで50名のお客様がいらっしゃるとのことで、私たちは、なんと個室(ル・シャトー)に通された。
老舗の高級感あふれる個室は、とても落ち着いた雰囲気で、大変ありがたかった。


f0078014_1274635.jpg
お品書きも添えられていた上に、一品ずつ、料理の説明をして頂きながら、懐石料理を楽しませていただいた。


f0078014_1242576.jpg
<先付三点>
蛸のマリネ&刈屋梨、食用ホウズキとほうぼうのエスカベッシュ、カリフラワーとカニのムース。

今回、食用ホウズキを初めていただいた。酸味があり、とてもフルーティで美味しかった。


f0078014_143573.jpg
<小鉢>
あんこうの煮凝り。

もって菊がトッピングされてあり、和テイストな味わいだった。


f0078014_1445491.jpg
<お造り>
真鯛の刺身 ライムソース。

お刺身といえば、我が家では、わさび醤油でいただくしか頭にないので、このように洋風お刺身として調理されているところに感動した。


f0078014_1474927.jpg
<前菜>
古代米のリゾット 秋刀魚のスモーク。

古代米のリゾットは、素材の味わいを活かした味わいだった。その上に、秋刀魚をスモークして、揚げたものがトッピングされていたのだが、これが、絶品であった。
秋刀魚のスモークが、あまりにも美味しくて、忘れられない味だった。


f0078014_1515251.jpg
<揚げ物>
ガサエビのフリット、余目マッシュルーム、平田赤ネギのピンチョス。

庄内の食材をカラッと揚げた一皿。
あつあつで、どれも美味しかったぁ〜!
庄内は、食の宝庫だと実感しながら、ありがたくいただいた。


f0078014_1543911.jpg
<蒸し物>
浅利のロワイヤル。

浅利のダシが効いた洋風茶碗蒸しといった感じの一品だった。マイルドで、幸せな味がした。


f0078014_1562787.jpg
<煮物>
真鯛の湯葉包み帆立添え。

真鯛、海老、帆立のエキスたっぷりの繊細なソースが美味しかった。
湯葉を使っているあたりが、和を意識している感じがした。
今回は、洋食にありがちな脂っこい料理がなく、すべて箸を使って食べられるようになっていた。
これならば、年配のお客さんにもおすすめしたいプランだと思った。といっても、この特別企画は、期間がもう終わってしまったので、残念である。


f0078014_231225.jpg
<焼き物>
松茸・フォアグラ・牛ロースのパピヨット。

パピヨットとは、「包み焼き」という意味とのこと。
この包みを自分で破って頂くのであるが、包みを開けた瞬間に、松茸の香りを楽しむことができるというサプライズにドキドキしながら、開封した。
この包み方も、芸術的で素敵♪


f0078014_27235.jpg
ジャーン!中から、松茸、フォアグラ、牛ロースが顔を出した。
松茸の香りが、秋らしくて、よかった。
フォアグラも臭みがなく、特に牛ロースは、これまで食べたがことがない肉の食感に驚かされた!
焼いてから、パピヨットすることにより、独特の弾力になるということを初めて知った。


f0078014_2103687.jpg
<水菓子>
豆腐のティラミス、紫芋のアイスクリーム。

豆腐や紫芋など、素材のあじわいをしっかりと楽しめるデザートであった。


f0078014_2122032.jpg
<お茶請け>
生チョコレート、セロリのレアチーズケーキ、手作りマシュマロ、コーヒー。

最後のお茶請けのこの三点は、ちょこちょこちょこっとなんだけど、どれも存在感があり、美味しかった。
真ん中のセロリのレアチーズケーキには、驚いたが、私は、大好きな味だった。手作りマシュマロも、私が知っている普通のマシュマロとはまるで別物で、大変新鮮だった。

全てをいただいてみて、シェフのこだわりを感じる特別西洋懐石プランだったと思う。
パンもついたので、お腹はいっぱいになった。
フランス料理というと、普通は、バターで、胃に重いイメージがあるけれど、そういうイメージを払拭してくれた料理の内容に感激した。

さすが、ル・ポットフーさん!庄内の食材のよさを活かしつつ、洋風に仕上げているといった印象であった。


今日は、美味しいお料理に舌鼓しながら、おしゃべりにも華が咲いて・・・気がついたら、3時になっていた!
優雅な空間と時間を堪能させていただけたことに感謝したい!きっと、今日のこの特別な日は、忘れることのない日になるだろう。

やはりル・ポットフーさんは、大切な方と一緒に足を運びたいと思う、私にとって特別なお店である。
そういう老舗のフランス料理店が、酒田にあるということを誇りに思いたい。
今日、一緒に足を運んでくださった私の大切な方にも、心から感謝を申し上げたい040.gif
[PR]
by starlitsky_2006 | 2009-10-17 23:48 | FOOD