Rico's Room

rico2006.exblog.jp
ブログトップ

川辺の館1F『食道 ささき』にて、『連綿の会』の新年会の巻♪

f0078014_042515.jpg

f0078014_044012.jpg今夜は、川辺の館1F『食道 ささき』にて、『連綿の会』の新年会を行った。
『連綿の会』とは、私の通わせていただいている書のお稽古の金曜日クラスの名前である。
「連綿」とは、長く続いて絶えないさまという意味もあるが、ひとつの字を書き終えたところから次の字の書き出しまで、見えない線で続いている。この見えない線を実線で書いて、字と字を続けることを連綿と言うのだそうだ。

まさに、書のクラス名にぴったりの美しい言葉だと思う。連綿のごとく、このよきご縁が長く続いて欲しいという願いもあって、『連綿の会』という名前は、とても気に入っている。


今年の1月から、『連綿の会』に新メンバーがお一人加わったので、「新年会をしよう!」という話になっていたのだが・・・私が、YOSHIKO LIVEで忙しかったため、「LIVEが終わってから新年会をやりましょう」と、みなさまからお気遣いをいただいて、今夜の開催とさせていただいたのである。もっけでした〜!040.gif

『連綿の会』のみなさんは、それぞれとっても個性的!そこが、とっても面白い!今夜の飲み物も、それぞれ個々に違っていた。私には、私の飲み方があるのよ〜的なマイペース集団だった。037.gif


f0078014_025231.jpg
まずは、お椀物から。
今夜は、春らしく、孟宗とわかめのお吸い物だった。
春の到来を味覚で楽しませてもらった。


f0078014_0314178.jpg
赤海老のすり身天。
揚げたてあつあつだったので、口がやけどしそうなほどだったけど、あつあつ大好きな私には、たまらなく気に入った一品だった。
中から、とろ〜りとした甘海老のすり身が顔を出し、絶品だった。011.gif


f0078014_0335728.jpg
セイゴ桜じめと真鯛の昆布〆。うるいの青酢味噌和え。
お刺身にも、春の香りをプラス!素晴らしい!


f0078014_0365066.jpg
赤むつ子焼き。
あつあつ焼きたては、美味しい。


f0078014_037521.jpg
安心卵の茶碗蒸し。
ここにも、桜が!
この茶碗蒸しは、あまりの美味しさに感激した。一口食べるごとに「美味しい」「美味しい」と言っていたら、カウンターに座っていた知らないお客さんもいっしょに「美味しい」と合唱していたので、笑ってしまった。
本当に「美味しい」ものは、「美味しい」としか、言葉がでてこないものだ!


f0078014_0413678.jpg
ほうれん草のおひたし。
しっかりとダシを含んだおひたしは、やはり家庭の味とはひと味も違う。


f0078014_0423387.jpg
自家製庄内豚のベーコン。
山椒がちょっとかかっていて、インパクトのあるベーコンだった。


f0078014_0434021.jpg
ほっき貝の飯蒸し。
もち米で作った高級お茶漬けっぽい感じ。
あっさりなんだけれど、ダシの美味しさをたっぷり含んだもち米の美味しさを楽しめる一品だった。


f0078014_0472279.jpg
〆は、いとこ煮。
春彼岸で、おはぎを食べ飽きたところだったのだが・・・このいとこ煮は、やっぱり、おはぎとは違う食感で、ペロリだった。材料は同じはずなのに、作り方が違うと、こんなにも違うものかと驚かされる。

今夜のささきは、予約客が多く、フリーで入って来たお客さんは、入店できなかったようである。
ささきは、絶対に予約をおすすめしたい。
[PR]
by starlitsky_2006 | 2010-03-24 23:58 | FOOD