Rico's Room

rico2006.exblog.jp
ブログトップ

酒田市錦町『味龍』にて、絶品「ざる中華」をいただくの巻♪

f0078014_19563177.jpg
先週、『味龍』の「中華そば」をいただいたばかりであるが、あの麺の食感+のどごしが忘れられず、今日は、麺の美味しさを楽しめる「ざる中華600円」をオーダーした。

最近よくある「つけ麺」は、冷たい麺を熱いスープにつけていただくスタイルがスタンダードになりつつあるが、『味龍』は、ざるそば風に冷たいつゆで食べるスタイル。
板の上に麺がのっていると、まるで板蕎麦セットのようだ。

たくさんのネギとわさび、漬け物とやわらかいメンマがうれしいサービス!



f0078014_2065594.jpg
見よ!麺の表面の透明感を!
何も付けずに麺だけ食べても、つるつるっとしていて美味しい。
つるっとしているけど、しっかりとしたコシのある麺で、本当にこの麺の素晴らしさには、ハマる!

つゆをつけると、手もみの縮れ麺につゆが絡む。このつゆも、真似のできない味。いろんなダシがブレンドされている味だった。ざる中華用のつゆを作るのに4時間かかるとのこと。手間隙かかっているざる中華なのだ。
食後には、そば湯のようにラーメン湯(?)が湯桶で運ばれてくる。美味しいつゆをお湯で割っていただくと、とても落ち着く。


私の後に入ってきた女性客が、「辛みそラーメンを下さい」とオーダーした。すると「すみません、辛みそラーメンは、3月で終わってしまいました」と言われていた。
『味龍』さんでは、季節ごとにメニューがいろいろと変わるのだそうだ。(「ざる中華」は、通年メニュー)
夏は、「冷麺」や「冷やし中華」などが人気とのこと。これは、楽しみ〜!
まだ、ワンタンメンも食べていないし・・・しばらく、『味龍』さんへ通うことになりそうだ011.gif
[PR]
by starlitsky_2006 | 2010-04-15 20:38 | FOOD