Rico's Room

rico2006.exblog.jp
ブログトップ

仙台遊墨の会/岡本光平ワークショップ「淡墨のドラマ〜ニジミと墨いろ〜」の巻♪

f0078014_23301191.jpg
2010年6月5日(土)に開催された仙台遊墨の会/岡本光平ワークショップに参加させていただいた。
仙台は、雨だったので、高速バスを降りてから、まっすぐ会場の方へ向かった。途中、移転セールを行っている『キョー和仙台店』へ足を運んだ。
すると、仙台遊墨の会のみなさんはじめ、なんと岡本光平先生も、いらっしゃり、突如として、書道具お買い物ツアーに参加させていただくことになった。

こちらは、岡本先生に見立てて頂いた硯。「新澄泥硯おたふく型60寸」定価9,450円を50%offの4,725円にて購入。硯も、いろんな種類があって、どれがいいのかわからなかったので、安価で、いいものを勧めていただけたので、嬉しかった。

大筆も、50%OFFということで、購入した。

書道具は、準備すると、結構な金額になってしまう。でも、大切に使えば、一生ものなので、先生に見立てていただいた道具を大切に使っていきたいと思う。
それにしても、キョー和さんの移転セールの時で、本当に助かったぁ〜!


f0078014_00198.jpg
こちらは、ワークショップ会場で購入した中国の松煙墨。曹素功という今はなき会社の貴重な墨なのだそうだ。


f0078014_044218.jpg
今回のワークショップのテーマは、「淡墨のドラマ〜ニジミと墨いろ〜」とのことで、まずは、墨のお話から。
墨って、こんなに大切なものだとは知らなかった!勉強させていただきました。


f0078014_07099.jpg
岡本先生から、淡墨の作り方を教わった。滲みの不思議さ面白さを教えていただいた。


f0078014_0121394.jpg
みなさんの作品を通して、同じ墨を使っても、硯や紙との相性などで、違ったものに見えるということを知ることができた。やはり、みんなで学ぶということは、本当に勉強になる。

今回は、淡墨の基本を学ぶだけで、タイムオーバー!本格的な作品作りは、9月の創作合宿で行う予定である。私が、いきなり大作に挑戦するだなんて・・・と腰が引ける思いもあるけれど、この機会を逃したら、私は、大作を書くことはないような気がする。

夜には、岡本先生を囲んで、仙台遊墨の会みなさんとの懇親会が行われた。みなさんとは、2度目だけれど、なんだか、居心地のよいメンバー!私の今まで知っている世界とはまた違った世界感をもっていらっしゃる方々ばかり。そんなみなさんと、一緒に合宿をさせていただけるのが、楽しみである。

この度も、お世話になりまして、誠にありがとうございました。
[PR]
by starlitsky_2006 | 2010-06-06 23:58 | SHO