Rico's Room

rico2006.exblog.jp
ブログトップ

仙台のインテリア&空間デザイナー/尾形欣一氏のアトリエ&オフィス訪問の巻♪

f0078014_21501894.jpg
2010年6月6日(日)のこと。
昨日のブログ記事で紹介した『Notre Chambre(ノートルシャンブル)』を出てから、先輩のご主人/尾形欣一氏の会社OGATA,Incのアトリエ&オフィスへ案内していただいた。

仙台泉ビレジから泉ケ岳へ移動し、舗装されていない山道を登ったところにひっそりと佇むアトリエとオフィス。せせらぎが聞こえる野趣あふれる癒しの環境だった。

この素敵な扉の向こうがアトリエで、ここから、世界へ発信するOGATAの作品が生まれるのだ。
現在、こちらのアトリエは、一般公開できるように準備中とのことで、残念ながら、中を拝見することはできなかった。
私も、一応ものづくりの人間なので、興味があるなぁ〜。


f0078014_2375235.jpg
こちらは、事務所の方で見せて頂いた尾形氏の作品。2008年に発表した段ボールを革で模倣した『BOX STOOL』という名の椅子!「え?椅子なの?」と座ったらつぶれそうなところが面白い。革を使ってこんなにリアルに段ボールを表現した発想と技術が素晴らしい!
「何故、段ボールなの?」というのには理由があって、尾形氏からのエコに対する深いメッセージが込められていた。なるほど〜。

昨年1月、フランス パリの国際見本市「MAISON&OBJET」(メゾンエオブジェ)の「トレンド」(数万個から数点選出)に選出されたそうで、フランス人の反響は、凄かったそうである。「日本人らしい作品だ」と賞賛されたそうだ。
この繊細な仕事は、確かに手先の器用な日本人らしい仕事なのだろう。それだけでなく、尾形氏の作品には、日本人の「侘び・寂び」の感性が、息づいているように感じるのは、私だけだろうか?
先輩から、フランスへ行った時のお話などをお聞きすると、なんだか、私までワクワクしてしまった。フランスでの作品発表には、きっと先輩の内助の功が、発揮されたことだろうと思う。

この『BOX STOOL』を拝見していたら、そこに尾形氏ご本人がオフィスに登場!ご挨拶をさせていただいた。同世代ということで、親近感があった。

f0078014_2305092.jpg
そして、こちらは、初期の頃の代表作『ビーンズチェア』。
見た瞬間に、「あ!いい椅子だ!」と思った。(←椅子の知識はないんだけどね)
シンプルイズベスト!木目のオンリーワンの美しさが素晴らしい!!
感激して眺めていると、尾形氏が、木目の出し方の説明をわかりやすくして下さった。理屈を言われればなるほどというのが、素人の私にもわかるけれど、そこに着眼して、シンプルに切り出すのは、センスとしかいいようがない。


f0078014_23371144.jpg
こちらは、『とけるイス』。
もともととけているような木を見つけて作ったのではなく、とけているように加工するという気の遠くなるような作業。
できるだけ、無駄なく量産する工場大量生産とは、真逆の発想!まさに、工場ではなく、アトリエから生まれる芸術作品だと思う。

f0078014_23402930.jpg
背面から見ても面白い!
後ろの足の部分にも木がとけたような加工がされてある。これも、わざわざこのように加工したのだそうだ。
「木がとけるって面白いよね」と、さらりと言う尾形氏。目の前に、ダリかピカソが立っているように見えてしまった。

そういえば、先輩が、「OGATAは、常に、人の2〜3年先の発想をしている人だ」と言っていたことに納得してしまった。


f0078014_23461190.jpg
こちらのロゴは、完成した製品に貼るロゴとのこと。
ここにも、尾形氏からの素敵なメッセージが書かれてある。


f0078014_23472583.jpg
OGATAのロゴ。


f0078014_23493557.jpg
これは、製品ではないけれど、『BOX STOOL』のイメージを伝えるために持ち歩いている書類ケースとのこと。これで、鞄なども作ってみるらしい。いいなぁ〜!面白い!!


f0078014_23543162.jpg
前日の打合せで、二日酔いだったというのに、快く写真撮影にご協力下さった尾形欣一氏。
もちろん、アトリエ&オフィスも、尾形氏の作品である。尾形氏の後ろのドアにも、尾形氏らしくアールが取り入れられている。右上の小窓も、さりげないアクセント。青空が映っていて、とっても素敵♪

この度は、突然、お邪魔させていただきまして、ありがとうございました。
作品展があったら、ぜひとも足を運ばせて頂きたいと思いますので、情報よろしくお願い致します。


f0078014_0145347.jpgそして、最後に。
こちらのトイレットペーバーホルダーは、問合せが多いので、これから、本格的に販売を検討中とのこと。

空間デザインから、インテリアの小物まで・・・トータルコーディネートするOGATAワールドのこれからが、ますます楽しみである。

仙台から世界へ発信しているアーティストにお会いさせていただいて、本当に嬉しかった。
先輩!素敵なご主人をご紹介していただきまして、誠にありがとうございました!040.gif
これからも、どうぞお幸せに♪

[PR]
by starlitsky_2006 | 2010-06-08 23:58 | DESIGN/ART