「ほっ」と。キャンペーン

Rico's Room

rico2006.exblog.jp
ブログトップ

酒田市『ハワイアンリラクゼーション/マカナズハウス』にて全身ロミロミ初体験の巻♪

f0078014_2312294.jpg
去る7月25日にマカナズハウス夏祭り2010に、演奏で出演させていただいたことがきっかけで、マカナさんから足の痛みをとっていただいた。
その一瞬の効果に驚き、母に話しをしたところ、母も、全身ロミロミを受けてみたいという話しになった。マカナさんに、全身ロミロミを母と私の二人で予約させていただき、昨日、『ハワイアンリラクゼーション/マカナズハウス』にお邪魔した。

中に入ったとたんに、中央の吹抜けのある空間にあっと驚かされた。南国の植物が、生き生きとしている様が、とても素敵な空間だった。

この建物は、以前、建築のお仕事をしていたマカナさんご自身で、設計されたのだそうだ。機能的にも、使いやすい設計で、素晴らしいと思った。


f0078014_243589.jpg
こちらが、ロミロミをするお部屋。
このお部屋も、居心地の良い空間で、リラクゼーションするには、最高のお部屋だった。
母曰く、「ずっとこのベッドで寝ていたい感じだった」とのこと。





f0078014_2483945.jpg全身ロミロミは90分で、10,000円。
まずは、遠赤外線「足湯」10分で、足をあたためた。
それが終わってから、用意されていた紙パンツ一丁になって、全身ロミロミがスタート。裸になるのは抵抗がある方がいらっしゃるだろうけれど、ちゃんとタオルをかけてもらえるので、安心して、マッサージを受けることができる。

先に受けた母は、全身がカチカチに凝り固まっていたことが判明した。私が見ていて一番驚いたのは、凝り固まっていた背中が、みるみる平らにほぐれていく様子!母は、自分の背中の形が見ることができないので、Befor & Afterの写真を撮ってあげればよかった!と後悔した。
母は、ロミを受けている間、「きもちいい〜」の連呼だった。終わってから、「なんだか、ゆっくりした〜」と、目の周りのくぼみ&くすみのないさっぱりした顔になっていた。

ということで、私は、服を着たまま、横向きの立ち姿のBefor & Afterの写真を撮ってもらった。
私のロミロミマッサージに対するイメージは、「エステっぽくて、マッサージで気持ちがよい」だったのだけれど、実際に受けてみたら、「頭の凝り、目の凝り、肩の凝り、内蔵のずれ、骨格矯正、筋肉矯正」などなど、驚くことばかりだった。
終わってから、立ち姿のBefor & Afterの写真は、自分が一番驚くほど変化があった。
ブログに、その写真をアップしようかと思ったけれど、母が、「ブログにアップしても、この写真を見た人は、やらせとしか思わないんじゃない?1枚目は、わざと姿勢を悪くして撮ったとしか思わないと思うよ」というので、写真の公開は、控えたいと思う。
ロミロミは、体験した人でないと、この素晴らしさはわからないだろう。

痛めていた足も、真っ直ぐに伸ばしていただいて、どっちの足が痛い方だっけ?とわからなくなるほどになった。もう、シップを貼る必要がなくなった!背中も、肩も、真っ直ぐに伸びて、全身スッキリした。マカナさんに感謝である。部分ロミコースもあるけれど、本当によくなりたいのであれば、全身ロミロミをおすすめしたい。


f0078014_3234021.jpg
マカナさんは、スピリチュアルな能力がある方としても有名。
どちらかといえば、スピリチュアルといわれると、眉唾物的なイメージを持ってしまう私。そして、私の周りの友人も、同様に考える人間が多く、全身ロミロミを受ける話しをしたときに、「魂どご抜がいんなよ!」と心配してくれた友人もいた。知らない世界って、怖いよね!
だからこそ、マカナズハウスへ行ってみてどうだったかをちゃんと体験レポしてみたいと思ったのだ。

全身ロミロミに関しては、癒しの空間で、マカナさんが全身を使って、90分間マッサージをして、その効果を思うと、商売としてみたら、10,000円は、当然の金額だと思った。
そして、簡単なスピリチュアルメッセージを言ってもらえるサービスは、プラスアルファな楽しみだと感じた。決して、怖いものではない。

ちなみに、私の母の前世は、「江戸時代の貧しい修行僧」と言われた。
あっちこっちを放浪しながら、修行を続けたそうで、その時に、美味しそうな物を目にしても、修行の身だからとがまんして、一切口にしなかった・・・その食べ物への執着が、今でも残っている。今は、美味しい物を何でも食べられるようになったことの喜びに感謝して、みんなに分け与えたいという感謝の気持ちがとても強いとマカナさんに言われて、母と私の二人は、大爆笑してしまった。

先日、このブログにアップしたばかりの白身魚のなんでら揚げの記事にも書いているように、母は、大量にいろんな料理を作っては、親戚や知人に配りまくっている。
「なんで、そこまで、できるの?」と、私は、ずーっと不思議に思っていた。
なので、マカナさんに教えてもらった「江戸時代の貧しい修行僧」の話しには、思わず納得してしまった。
私の母にとっての一番の幸せは、美味しい物に囲まれて暮らす事!そして、その美味しい物をみんなに分け与える事!なのだ。
そして、母は、決して、料理人になりたいとは、思っていない。
マカナさんのスピリチュアルメッセージって、あなどれないと思った。

「本物は、限られる」ということを頭によぎった全身ロミロミ初体験レポでした。


マカナズハウス
TEL0234-22-5767<予約制>
酒田市あきほ町663-4
営業時間9:30〜
木曜定休
[PR]
by starlitsky_2006 | 2010-08-08 04:18