Rico's Room

rico2006.exblog.jp
ブログトップ

書家・岡本光平先生の『第1回 中国書道史講義』と『男の隠れ家』の巻♪

f0078014_2341174.jpg
去る2010年10月31日のこと。
仙台市戦災復興記念館にて開催された書家・岡本光平先生の『第1回 中国書道史講義』を受講させていただいた。
これまで、中国の歴史にはさっぱり興味のなかった私。
そんな私にも、わかりやすく中国書道史を教えて下さった岡本先生。
5時間、ノンストップで、しゃべりっぱなし!岡本先生の情熱とパワーには、圧倒されてしまった。
岡本先生は、「難しい話だったので、疲れたでしょう」と私に声を掛けて下さったけれど、「これまで、先生が、たくさんの年月をかけて、いろんな書物を読んで勉強されたことを私たちにわかりやすくまとめて教えていただいて、こんなにありがたいことはないです!」と御礼を申し上げた。

中国の書道史のすごさは、なんといっても、日本がまだ縄文時代だったころからはじまっているところ!
今回は、三国志以前までの書道史の講義で終了。ぜひ、続きの講義を開講してもらいたいと願っている。

ところで、この書道史年表の最初に登場している「殷(いん)=商」の時代の古代文字が、酒田市飛島の館岩で発見されているのだそうだ005.gif
岡本先生から、「その古代文字の調査をしてみたいので、現在も、その岩が、飛島にあるかどうか事前調査をしてもらえないか?」というミッションをいただいてしまった027.gif
このことは、また別のブログ記事で詳しく取り上げたいと思うが、この飛島の古代文字に関する情報があったら、お寄せいただきたくお願い申し上げます040.gif
こういうことは、誰に尋ねるのが一番よいのだろうか???ヒントをくださ〜い!!!


f0078014_014378.jpg
そして、現在、全国の書店にて発売中の『男の隠れ家12月号』に、岡本光平先生が掲載されたので、購入してみた。


f0078014_034172.jpg雑誌の中身はボカシで紹介します!
「第87回 男の書斎」という連載ページで取り上げられていた。
『行動する書家』というタイトルに、思わず頷いた!
私のような一般人のために、仙台にわざわざ出向いて、ワークショップや講義を開催して下さる書家って、他にいるのだろうか???おそらく岡本光平先生しかいないと思う。
「自分の弟子」を育てるとかそういう先生はいらっしゃっても、岡本先生のように、誰でもウエルカムという先生は、とても奇特だと思う。「私から、盗めるものがあれば、どんどん盗みにいらっしゃい!」とサラリとおっしゃる岡本先生は、とてもカッコいい!
今風に言えば、「ちょいワルおやじ」という印象かな。とにかくカリスマ性のある素敵な書家である。


f0078014_0162370.jpg
制作現場を大公開!内容も、読んでいただきたいので、興味のある方は、ぜひ『男の隠れ家』を購入してみてください。

ちなみに、FM山形『ライド オン フライデー』毎週金曜 18:30~19:00に、岡本光平先生が、11月のマンスリーゲストとして4回出演します!!!
明日11月5日(金)18:30〜19:00が第一回目の放送です!
岡本光平先生の肉声が聞けるので、どんな内容なのか、とても楽しみ016.gif 
[PR]
by starlitsky_2006 | 2010-11-04 23:55 | SHO