Rico's Room

rico2006.exblog.jp
ブログトップ

『酒田市・飛島の古代文字を追え!』の巻Part2

f0078014_20524396.jpg『酒田市・飛島の古代文字を追え!』の巻Part1の続き。

中町の書芸プラザ「心花堂」さんへお邪魔すると、以前、私がブログに飛島の古代文字のことを書いたことをオーナーさんが、気とめて、私のためにわざわざ飛島の観光マップを取り寄せて、待っていて下さっていた005.gif
ブログって、いろんな人が見て下さり、どこにどんな風に興味を持つかわからない面白さがあるなぁ〜と思った。

オーナーさんに、酒田市観光物産課へ行ってきた話をしていると、年配の男性客がいらっしゃった。
その方にも、お話をしてみると「酒田の歴史」の16頁に紹介されている三崎山出土の『青銅刀子』の実物を国立博物館で見たことがあり、レプリカは、遊佐町で見たことがあるということを教えていただいた。
岡本先生も、青銅刀子が、鳥海山麓から出土したことをご存知であったけれど、まさか、偶然にも、青銅刀子の実物を見たことがあるという方にバッタリお会い出来るとは005.gifこの偶然に鳥肌が立った!008.gif

なんという偶然!これは、すぐに遊佐町へ行かなくっちゃ!ということで、私は、すぐに遊佐町役場へ向った。
すると、青銅刀子のレプリカは、遊佐町「歴史民俗学習館」(旧菅里中学校)にあるということで、遺跡資料室の担当者を紹介していただいた。


f0078014_21191262.jpg
そして、昨日、担当者にアポをとって、遊佐町「歴史民俗学習館」へ伺った。
ここが入口。


f0078014_2124956.jpg
遊佐町の人は、ここにこのような施設があることをご存知なのだろうか?


f0078014_21245393.jpgシーンとした古い学校の廊下を一人で歩くのは、ちょっぴり勇気が必要だった008.gif

菅里中学校のOBには、懐かしい画像なのかしら??


f0078014_21302030.jpg
こちらが、『青銅刀子』のレプリカ。(実物は、東京国立博物館所蔵)
これは古代中国の殷(商)の廃墟から発掘されたものと同じ形のもので、青銅器としては、日本最古のもの!
日本最古の青銅器が、吹浦三崎の地獄谷にて発見されていたとは、知らなかった私は、ビックリ仰天であった005.gif


f0078014_21371455.jpg
三崎山出土の『青銅刀子』(縄文時代後期〜晩期、平成3年4月複製)
 昭和29(1954)年の晩秋、日本海岸に近い、遊佐町三崎山での採石中に出土した環を欠き、現在長26cmの青銅製小刀である。この事実を知った鶴岡市致道博物館は、柏倉亮吉氏(当時山形大学教授)と共同して、現地の緊急調査を実施した。その結果、この青銅刀子は、(1)中国の殷時代(B.C.2000年紀)の型式をもつ。(2)中国の黄河流域からシベリア・沿海州の農耕・牧畜社会での出土例は多いが、日本列島では唯一の例である。(3)当時、東北日本では、縄文時代の後半期で、ようやくソバ栽培とイノシシの飼育が試みられ始めていた時期であった。したがって、(4)西日本でコメ栽培中心の弥生文化が展開する(B.C.500年)以前に、東北日本の縄文社会の農耕・牧畜社会化を促した先駆的役割を果たした記念物と推論される。
 昭和31年5月、柏倉教授がこの調査を学界に報告した。国はこの資料を重視し、文部省(現文化庁)が買い上げ、現在は東京国立博物館に所蔵されている。
 昭和62年の秋以来、ソ連の学者グループが現地を踏査するなど国際的な関連の研究もなされている。この青銅刀子は、国はもちろん、わが町にとっても非常に貴重な文化遺産である。
 平成3年7月15日 遊佐町教育委員会


f0078014_2153353.jpg
この『青銅刀子』が出土した遊佐町・三崎山遺跡の場所を教えていただいた。
画像の矢印のところだそうだ。
「三崎山遺跡」のことを初めて知った私は、あまりにも無知すぎて、申し訳ない気持ちになってしまった008.gif

遊佐町には、このように遺跡を発掘・管理をしていらっしゃる方がいるというのも驚きだった。
部屋には、発掘された土器や垂飾品などがわんさか!

飛島の古代文字を追跡調査したおかげで、このような世界を知ることができて、大変勉強になった。

岡本先生は、『青銅刀子』には、どのように興味を持つかわからないけれど、同じ殷の時代のモノということで、情報をお伝えしたいと思う。


そして、酒田市観光物産課からは、飛島の古代文字を調査した資料を提供していただいた。私の知り合いが、観光物産課に配属になっていたこともわかり、そのおかげで、携帯で、知り合いと気軽に連絡がとりあえて、とても助かっている。驚くほどラッキーな展開になっている。

いろんな人に支えられ、導いていただいたおかげで、呆気にとられるほど簡単に情報や資料が揃ってしまった!不思議〜!

これらの資料を岡本先生にお渡しして、この先の調査は、先生の判断に委ねたいと思う。

Part3があるかどうか・・・こうご期待下さい!
[PR]
by starlitsky_2006 | 2010-11-27 22:26 | SHO