Rico's Room

rico2006.exblog.jp
ブログトップ

仙台遊墨の会/岡本光平先生ワークショップ「篆刻」の巻vol.1♪

f0078014_2320088.jpg
2010年12月4〜5日の二日間、仙台遊墨の会/岡本光平先生ワークショップ「篆刻」に参加させて頂いた。
初めての篆刻だったので、最低限の篆刻セットを会場で購入した。
実は、ここに大きな落とし穴が!それは、後日に007.gif


f0078014_23222799.jpgまず、岡本先生から、印材の青田石など、石のお話を教えていただいた。
白文印と朱文印の違いや作り方などを教わった。
今回は、自分の印を作るという課題だったけれど、好きな言葉などを彫るのも面白いのだそうだ。
印を作るには、まず、デザインが重要ということで、まずは、「書体字典」で、きちんと調べることが基本!「異体字」は、たとえ字典に書いてあっても、選んではいけないというルールを学んだ。
この字典が、とても素晴らしくて、感動した!この字典のお話は、後日!027.gif


f0078014_23395124.jpgf0078014_2340321.jpg私の「理」の文字を字典で調べてみると・・・タテヨコの線で構成された文字なので、バリエーションが乏しくて、個性を出すのがとっても難しかった。そこで、岡本先生から、デザインのヒントをたくさんいただいた。
やっぱり、岡本先生は、すごい!「方寸の宇宙」といわれている篆刻の面白さを教えて下さった。

私の隣に座ったあけさんの「明」の文字は、びっくりするほどバリエーションが豊富で、とっても羨ましかった!可愛いデザインがいっぱいで、あけさんのイメージにピッタリだった。
あけさん曰く、「きっと明の時代があったから、豊富なんだと思うよ」と言われ、「なるほど〜」と納得した。太陽と月の組み合わせだから、「明」という字は、いいよね〜!

というわけで、ようやくデザインが決まり、石に文字を刻むのだけれど・・・続きは、また明日!029.gif

最近、またまた仕事が重なって、忙しくなってしまった008.gif
篆刻のことや飛島古代文字ツアーのことなど、ブログに書きたい事が山ほどあるのだけれど、じっくりとブログを書く時間がとれないので、少しずつ分けてアップしたいと思う。
[PR]
by starlitsky_2006 | 2010-12-08 23:58 | SHO