Rico's Room

rico2006.exblog.jp
ブログトップ

毛筆でお手紙!有田幸正著書の「上品な字の書き方&書き出しと結び」の巻♪

f0078014_21501840.jpg書家の岡本先生に、飛島踏査のための本や資料を送る際のお手紙を毛筆で書く事にした。
書家の岡本先生に出す手紙となると、さすがに緊張する〜〜〜!008.gif
私の書の師匠・齊藤千加子先生から、以前頂戴した鳩居堂の便箋を使わせていただくことにした。
鳩居堂の便箋は、鳩居堂を知っている方のみに使いたいと思って大切にしていてよかったぁ〜と思う。016.gif


f0078014_21573588.jpg
なんとか書き終えた!
2月中は、「寒中お見舞い」でよいのかどうかわからず、「書き出しと結び」という本を参考にさせていただいた。
すると、「寒中見舞」は、1月8日〜2月3日ごろまでなのだそうだ!知らなかった〜!!015.gif
今は、もう立春を過ぎているので、暦の上では、もう「春」なんだって〜!005.gif
春といっても、まだまだ寒いので、「余寒のお見舞い申し上げます」という書き出しにした。


f0078014_2241174.jpg
図書館で見つけて、なかなかよい本だったので、2冊取り寄せした。
「書き出しと結び」を見ると、語彙の豊かさに感動させられると共に、自分が普段から同じ単語や言い回ししかしていないことに反省をさせられた。
手紙は、内容と美しい字が伴ってこそ、受け取った方の心を和ませることができる。
私は、内容的にも、技術的にも、まだまだ未熟である。

師匠の千加子先生との出会いがなければ、私は、筆をとることはなかっただろう。いざ、手紙を書かなければならないというときに、急に筆をとって書けるものではないので、日々、毛筆に親しむということが本当に大切だと思う。
千加子先生に弟子入りさせていただいてから、3年目がスタートした。早く一人前の手紙が書けるようになりたいと思っている。


f0078014_22213262.jpg
ちなみに「上品な字の書き方」の解説が、ビックリするほど面白い!037.gif

<妻の邪魔をしない>
妻を書く時の邪魔にならないように気を配って書くと、調和のとれた上品な字になります。
×妻を無視した字は、社会人としてまともなお付き合いも遠慮したくなります。

偏や旁を夫婦にみたてて、解説しているのだけれど、いやぁ〜、これにはまいった!042.gif
おそらく、どうやったら、わかりやすく伝えることができるだろうかと、一生懸命考えた結果なのだろう037.gif
[PR]
by starlitsky_2006 | 2011-02-09 22:35 | SHO