Rico's Room

rico2006.exblog.jp
ブログトップ

野獣料理だ!ガオォォ〜ッ!『おやじ鍋』『ダチョウのステーキ&にぎり寿司』(朝日町レストラン『牡丹』)

f0078014_8415895.jpg昨日は、仕事のため、女性4人で、山形県朝日町へ行った。
昼は、地元の方から教えてもらった野獣料理のレストラン牡丹へ。

実は、車中では、二人が、野獣料理に興味津々で、あとの二人は、もしかしたら、食べられないかもという感じであった。
その中でも、私が「食べられない!」という気持ちが一番強かった。味にクセがあるんじゃないか?というイメージ。だから、天ぷら定食とか、無難なメニューをオーダーするつもりで、一緒に店内に入った。
f0078014_8452551.jpg
店内に入ると、でっかい鹿、熊、猪などのはく製が、ど〜んとお出迎え!!(^^;
小熊のはく製は、なんだかぷぅ〜ちゃんに似ている感じで、思わずパシャリ!と、ここまで、まさか、自分が熊の肉を食べるとは思っていなかったのである。
f0078014_846365.jpg
席について、メニューの表紙を見る。「野獣料理」が強調されていて、思わず笑ってしまった。
猪・熊・鹿の名物鍋料理などが並んだメニューの中に「ダチョウ」の文字を発見!その中でも、「ダチョウのにぎり寿司」というのに目が行き、急に食欲が沸いた。
「ダチョウのにぎり寿司が食べたい!」と言うと、他の人にビックリされてしまった。
そして、「おやじ鍋を食べましょう!」と言ったのは、私と一緒に「食べられないかも」と言っていた人。彼女は、おまけに「殺生はいけない」という家庭環境で育ったという話をしていたので、一同、ビックリ!!(笑)
「おやじ鍋」とは、クマ肉鍋のこと。お店の美人女将の話では、東北でも、クマの生肉を食べられるお店は、ここだけ!大変貴重なものなのだそうだ。それを聞いたら、食べずにはいられなくなった。
でも、可笑しかったのは、車の中で、野獣料理にノリノリだったはずの二人が、はく製を見たとたんに、表情がこわばっしまったことである。(笑)
f0078014_932725.jpg
はい。この真っ赤なのが、北海道産、クマの生肉です!脂身の厚さが凄い!!この脂の層があることで、クマは、越冬することができるのであろう。
こうみえても、野生の動物は、養殖の動物に比べて、コレステロールが低いのだそうだ。そして、このクマの肉は、この脂身が、噛めば噛むほど美味しいとのこと。
そういう詳しいお話をしながら、美人女将が鍋を作って下さった。
f0078014_99419.jpg
ジャ〜ン!「おやじ鍋」の完成!!これは、二人前。
ドキドキのクマ肉初体験!あれれっ?クセがあると思っていたら、食べやすい!肉は、薄いので、固いという印象はないが、すぐに飲み込まずしっかりと噛んで味わった。ニンニクとしょうゆベースのスープが、深い味わいで、美味しかった。脂はあるけど、脂っこいという印象がなく、4人みんなで分け合っていただいた。


f0078014_9163514.jpg
次に出て来たのが、「ダチョウのステーキ」。朝日町では、ダチョウの養殖に力を入れており、「アップル地鶏」と呼んでいるのだそう。その名のごとく、朝日町の特産であるりんごを飼料にして育てている。
そんな「アップル地鶏」のステーキも、ドキドキの初体験!
f0078014_9204734.jpg
ミディアムレアで焼かれたステーキは、柔らかくてふっくらして美味しい。やはり鶏肉なので、さっぱり感があるが、鶏肉と言われないとわからないほどのジューシーさに驚いた。甘辛ソースが、ステーキの味を引き立てて、とっても美味しかった♪


f0078014_9251152.jpg
そして、最後は、「ダチョウのにぎり寿司」!もちろん、「アップル地鶏」の生肉である!私は、生肉が大好き!!美味しい肉ほど、生で食べた方がよいという理由でオーダーしたのであるが・・・このにぎり1個300円。味わって頂いた。
でも、パッと見た目は、マグロの赤味にしか見えないよね。醤油をつけて頂いてみるが・・・マグロ赤味のようであるが、食感が、やはり生肉らしい弾力。クセはまったくない。シャリやワサビとのバランスもよく、これは、いい!ダチョウは、にぎり寿司に合う!!

野獣料理ということで、いろんなイメージを抱いていたが、実際に食してみると、ワイルドというより繊細な味わいであった。何事も、体験してみないとわからないものだと思った。

f0078014_9463222.jpg最後にメニューのおさらい。
「牡丹鍋」=イノシシ肉
「紅葉鍋」=シカ肉
「おやじ鍋」=クマ肉
「シシ鍋」=イノブタ肉
この「イノブタ」は、この店の店主のおじいさんが、イノシシとブタを掛け合わせて誕生させた元祖なのだそうだ。「イノブタ」は、一代限りで、掛け合わせないと生まれないという話。つまり、自然に「イノブタ」が誕生したという説は、ありえないことを教えてもらった。

他にも貴重なお話をお聞きし、東北唯一のお店に足を運ばせていただけたご縁に心より感謝を申し上げたい。
クマさん、ダチョウさん、お命ありがとうございました。
こうして、はく製を見ながら食事をすることで、命のありがたさをリアルに感じることも貴重な経験のように思う。
[PR]
by starlitsky_2006 | 2007-05-16 10:18 | FOOD