Rico's Room

rico2006.exblog.jp
ブログトップ

わんこ隊と行く旅『那須高原編』vol.1<ペンション オリーブ>

f0078014_8585433.jpg
9月24日の朝9時に車で那須高原へ出発した。
国道47号から見た鳥海山があまりにも綺麗で、車中からパチリ。やはり、故郷の山が一番!と思いつつも、気持ちは、久々の那須高原へ向かっていた。

今回は、父が退職した記念の旅行であった。本当は、8月に、庄内空港から北海道へというプランを考えたのであるが、ブルドッグやシーズーなどの短頭犬の飛行機搭乗が、夏場は受け付けてもらえないということが今年から決まり、シーズーの血統を引き継いでいる我が家のぴぃ〜のことを思うと、体調が心配なので、北海道は諦めた。8月は、猛暑続きだったので、こうしてみると、わんこ連れでの夏の旅は、お休みして正解だったと思う。
ただ、今季で、庄内空港からの北海道への便はなくなるということが決まったとのことで、残念である。
実は、退職した父は、「日本一周船の旅をしようか?」と母を誘った。ところが母は、「わんことずっと離れて旅なんか嫌だ!」と、却下!もはや母は、わんこ隊と旅をすること以外の旅は、考えられないようだ。
というわけで、いつもの如く、『Ricoツアーズ』へ、添乗員付きで申込みがあり、ネットを使って、サクサクと那須高原へのわんこと一緒の旅行プランを2泊3日で立てた私。(^^;
旅行と仕事の忙しさが重なり、宿泊先でも仕事をしながらであったが、無事に行ってくることができた。
今回の旅行記もてんこ盛りなので、数回に分けてUPしたいと思う。本当は、仕事が忙しいので、もう少しブログUPはお休みしようと思っていたのであるが、「早く、旅行記をUPして欲しい!」という催促があったので、頑張ってUPします!!


f0078014_9403411.jpg
チェックインちょうどの3時に宿に到着した。初日に宿泊したのは、那須高原のペンション オリーブさん。こちらは、2005年11月にオープンした新しいペット連れ優先の宿である。平日でも、1ケ月以上前から予約しないとなかなか泊まれないほど、人気のお宿である。
那須のペンション村から少し離れたところにあり、ここの魅力は、なんといっても、1000平方メートルの広大なドッグラン!他にも小型犬専用のドッグランもあるところ!このドッグランへは、各部屋からわんこを出せるようになっており、各ウッドテラスに、わんこの足洗いの水道が取付けられ、足拭きタオルまで用意されていた。
わんこ連れの旅行客が、「こんなペンションがあったらいいな」という願いを見事にカタチにしてくれたペンションであった。
私たちの部屋は、トリプルの角部屋で、その広さに驚いた。宿泊料金は、一人13,020円なので、他の部屋よりも割高であったが、このロケーションと部屋の広さに大満足であった。
気になるわんこ料金であるが、1匹840円。2匹目以上は、1,470円で固定ということで、多頭飼いに嬉しい設定となっていた。


f0078014_107490.jpg
私たちの部屋のウッドテラスから見下ろすと、小型犬専用のドッグランとわんこの水遊び場&プールが見えた。


f0078014_1012823.jpg
こちらは、1000平方メートルのドッグランから、オリーブさんの全景を撮影したもの。全部で、7室あるが、満室であった。連日満室の続くオリーブさん。これだけ完璧な設備のペンションだからこその人気なんだろうなぁ〜と思う。


f0078014_1016273.jpg
早速、自由に走り回るわんこ隊!綺麗に芝生が整えられ、衛生的に管理されていて、素晴らしかった。


f0078014_10185529.jpg
私たちの部屋は、一番左のウッドテラスのあるところである。
ぽぉ〜は、お風呂へ行った父のことが気になって、ウッドテラスから離れようとしない。運転手が、その日のリーダーであることが、ぽぉ〜はよく分かっている。ぽぉ〜の頭の良さは、やはりわんこ隊のリーダーだと思う。


f0078014_1024395.jpg父がお風呂から上がって、全員がドッグランにいると、ようやく安心して飛び回るぽぉ〜。
ここで、思いっきり遊ばせることができるので、部屋に入ってからはとってもおとなしくなる。

他の部屋のお客さんもチェックインしてから、わんこをドッグランで遊ばせはじめた。
驚いたことに、どの部屋のお客さんも、多頭飼い客ばかりであった!人間の数よりも、わんこの数の方が多かった。やはりここは、多頭飼いに優しい宿であるからだと思う。
「わんちゃんをたくさん連れて、遊びに来てください」というのが感じられる宿は、本当にありがたい。


f0078014_10332337.jpg
わんこ隊をドッグランで遊ばせてから、露天風呂へ。最近、ペンションでも、露天風呂を併設するところが増えてきた。露天風呂好きの私としては、すごく嬉しい♪日頃の疲れを洗い流し、ホッとした。


f0078014_10352012.jpg
いよいよお楽しみのディナータイム。わんこ隊は、このバッグの中で、食事が終わるまでおとなしく待っていてくれる。


f0078014_10402325.jpg
この日のディナーは、たっぷりのオニオンスープとサーモンの前菜にパン。それから、この画像の焼き立てのベーコンのキッシュ。このキッシュの生地がサクサクッとして、激うま〜♪こんなキッシュが作れたらいいなと思いながら、美味しくいただいた。


f0078014_10433586.jpg
メインは、「栃木牛のステーキ」!!これが、柔らかくて、ジュージーで、ソースも美味しくて、最高に満足でした。オリーブさんのお料理って、華美ではないけど、どれを食べても、実に美味しい。これで、『オリーブさんは、絶対リピートしたいお宿』に輝いた♪(^o^)
別に私は、宿の格付けをするために旅をしているわけではない。ただ、いい宿は、また行きたくなるというのは、自然のことだと思う。


f0078014_10552311.jpg部屋に戻り、持参したiBookにて、ビリーズを開始。(^^;
といっても、Disc3の腹筋プログラム。30分程度の軽いタイプである。
気休めかもしれないが、やらないよりはましだろうということで、このCDばかりをやっている。
だから、効果がないのかも!
それでも、少しでも食べた分を消費したいと、持参したのである。
部屋が広かったので、母と充分に出来るスペースであった。
部屋に、シャワールームが付いていたので、汗を流すのにとっても便利であった。
食べた分減らすって、大変だよね〜!(>_<)
全然減りません!(T_T)

ちなみに各部屋には、トイレと洗面所がそれぞれ独立して完備されているところも、ありがたかった。


f0078014_1123571.jpg
気持ちのよい朝を迎えて、ドッグランへ。清々しい空気を吸って、わんこ隊もリラックス。


f0078014_1145888.jpg
8時からの朝食。黄金色に輝くのどかな田園風景を眺めながらの朝食である。
朝のBGMは、さわやかなボサノバ♪ディナーの時は、マレーネ・デートリッヒなどのBGMであった。BGMのセンスのよさも気に入った。
朝食は、スタンダードであるが、どれを食べても美味しかった。ごちそうさまでした!(^o^)


f0078014_1174519.jpg
朝食が終わって、部屋に戻ると、日差しが強くなっていた。天気がよい一日になった。チェックアウトの準備を済ませてから、再び、ドッグランで遊ばせた。


f0078014_11121078.jpg
こちらが、水遊び場。足だけ濡れる程度の深さである。こちらは、溺れる心配はない。


f0078014_1116177.jpg
水遊び場の横には、ちゃんとウッドテラスがあり、バスタオルやボールなどのおもちゃも完備されてあった。さすがに、ここにはドライヤーはなかったので、すぐに乾くぷぅ〜をプールで泳がせてみることにした。


f0078014_11181950.jpg
プールは、浅いところから段々深くなっていて、一番深いところで、1メートルあるという。プールには、流水が流れており、清潔な印象で、安心した。
わんこ隊を泳がせたことは一度もない。果たして泳げるのだろうか?とドキドキしながら、まずは、ぷぅ〜を水温にならした。
水を怖がる様子は全くないので、泳がせてみた。
ぷぅ〜の初泳ぎの勇姿の動画はこちらです。
他のお客さんがギャラリーで見ていてくれて、ぷぅ〜の泳ぎっぷりのよさを誉めてくれた。
初泳ぎで、これだけ泳げるなら、来年の夏は、本格的に泳がせてみたいと思った。オリーブさんのおかげで、ぷぅ〜が泳げることが確認できて嬉しかった。


f0078014_11271260.jpgこちらは、フロント。
オリーブさんの愛犬は、フリスビーをやっているようだ。
きっと、あっちこっちの大会へ参加しているのだろう。
オーナーが、本当に犬が好きで旅をしているからこそ、このような素晴らしい宿を作れるんだろうなと改めて感じた。
こんなに素晴らしい宿を作っていただき、また、宿泊させていただいたことに感謝した。
御礼を申し上げつつ、チェックアウトした。
f0078014_11311827.jpgこちらは、オリーブさんの正面入口。
平屋造りで、計算しつくされた素晴らしい設計の宿であった。
私の父も、「またここに泊まりたい」と一言。
誰もが、納得の宿だと思う。

オリーブさんを出発して、那須観光へ。
旅行記の続きをお楽しみに♪
[PR]
by starlitsky_2006 | 2007-09-28 11:56 | TRIP