Rico's Room

rico2006.exblog.jp
ブログトップ

MADE IN JAPAN!日本国内唯一の老舗魔法瓶メーカーの水筒を買ったよの巻♪

f0078014_21592846.jpg
この大きな水筒は、新潟県燕市にある(株)セブンセブンという会社のビッグセブンII広口タイプ4000黒という商品。4リットルも入る真空二重魔法瓶。大きさを比較するためにタイガーのサハラを置いてみた。こちらから取り寄せたものである。
約1万円という金額は、果たして高いか安いか・・・それは、これから使ってみないとわからない。
ところで、何故、この商品を買ったか?である。

私は、いつも『ぽけっと』ライブにメンバー全員分のコーヒーを水筒に入れて持参している。ライブが始まる前と後に飲むと、小さな水筒では間に合わない。ということで、昨年の夏にホームセンターで安売りしていたMADE IN CHINAの大きな水筒をGETし、使っていた。ところが、先日、ホットコーヒーを入れて、中栓をしたとたんに、その中栓が勢いよく真上に弾け飛んだ!部品の一部であったゴムパッキンは、台所のどこかへ飛んでいって消えてしまい、使い物にならなくなった。それよりも、中栓が顔に当たったり、こぼしてヤケドをしては大変なことになっていたので、ケガがなかったのでよかったと思うことにした。
仕方がなく、別の水筒を出してきて、コーヒーを移し替えた。すると、こちらのパッキンも効き目がなく、車の中で、コーヒーが溢れ出してしまった。
どちらも、熱い物を入れてもよいはずの水筒なのに・・・安い水筒(MADE IN CHINA)だから、こうなったのではだろうか?という疑いを感じた。「もったいないなぁ〜」と思いつつ、水筒を2本ゴミに出した。「これじゃ、資源のムダじゃん!」と思い、次こそは、ちゃんとしたメーカーの耐久性&安全性の高い水筒を買って、長く使いたいという気持ちになったのであった。

地元の小売店から買ってあげたいと思い、お店に足を運んだ。すると、「明日調べますので、ご連絡申し上げます」と言われた。翌日、電話があり、「◯◯◯というメーカーは、今は、小さい水筒しか生産していないということで、一番大きいので、1.6リットルになります」と言われた。「1.6リットルでは小さいので、▲▲▲というメーカーのは、どうでしたか?」と聞いてみたら、「あ、そっちは、まだ調べていません。後でまた電話します」と、また30分待たされた。昨日、◯◯◯か▲▲▲というメーカーを調べて欲しいとお願いしたはずなのに・・・気がきかない店員にイライラを感じた。やっと電話がきた。「▲▲▲というメーカーには、3リットルというのがありますが、それは、エアポンプ式になって、15000円位します。値引きはいたしますが。どうしましょうか?注文してからのキャンセルはできませんので、お買い上げいただくかたちになります」とのこと。「カタログとかで、商品写真は見せていただけないのでしょうか?エアポンプというのが、どういう形なのか写真を見ないとわかりません」と伝えると、「わかりました、カタログに載っているかどうか、調べてみます」と、また電話を切って待たされた。ようやく電話があり、「カタログには載っていませんでした。どうしましょうか?」と言われた。「今の時代、メールとかで、メーカーから写真を送ってもらったりできると思うんですけどね。一万円以上するものを商品の色や形が分からずに注文して、あとで、キャンセルができないという買い物は、ちょっとできませんので、今回はお断りさせていただきます。お手数お掛けして、誠に申し訳ありませんでした」と、私は電話を切った。
店員さんは、店員さんの出来る限りの対応をしたと思っているのだろうけど・・・今の時代、そんなやり方じゃ、地元小売店はやっていけないよ!と私は教えてあげたいくらいだった。せっかく、地元の売上げに貢献してあげたいと思い、わざわざ足を運んだのに・・・残念であった。

電話を切ってから、ネットで探した。すると、すぐにたくさんのメーカーと、豊富な商品が写真付きで、しかも、ネット価格で一斉に検索できた。「こんなに簡単なことなのに・・・私も時間を無駄にした上に、ストレスを感じてしまった」と思った。こんな風にネットで地元小売店よりも手軽に安く買えてしまったら・・・あの店員さんの働く場所はなくなってしまうだろうにと、気の毒に思った。

その中で、目に止まったのが、MADE IN JAPANのビッグセブンIIであった。中栓やパッキン等の消耗品も取り寄せられるところが、一番の魅力であった。良い物を長く使いたいと思っても、消耗部分は、どうにもならないのだから。

この前の『ぽけっとライブ』から、この水筒を使い出している。液ダレもせず、使用感は、今まで使った水筒の中では、一番いいと思う。耐久性がどれだけあるか・・・それは、これから使ってみないとわからないが、部品交換ができるというだけで、心強い。

『ぽけっと』は、ゴミを減らすために、カップも、紙コップではなく、専用ステンレスカップを使っている。おかげで、紙コップを買う必要はなくなったし、何よりも、ステンレスカップで飲んだ方が、コーヒーが旨い!
ペットボトルや缶コーヒーよりも、やはりドリップしたコーヒーを水筒に持参した方が当然美味しい!
そして、同じ釜の飯じゃないけど、同じ水筒から分け合うと、仲間意識が強くなる。
地球のためというよりも、やっぱり自分のためにやっているように感じる今日この頃である。

『ぽけっと』の活動の一番の楽しみは、ライブ前と後に、仲間とこのコーヒーを飲みながら<ながまって>おしゃべりすることである。
なので、この水筒というアイテムは、私にとって、重要なアイテムなのである。
これから、仲間との親睦をはかるために、この水筒が末永く活躍してくれることを願っている。

大手魔法瓶メーカーは、マイ水筒というサイズしか作らなくなっているそうだ。大きいのを作っても、今はあまり売れないんだろうね。でも、でっかい水筒はいいよ〜!万が一、災害があった時にでも、お湯をたっぷり分けてもらうことができる。もちろん、上の画像のような小さい水筒も私は活用しているが、やはり、みんなで一緒に飲んだ方が嬉しい♪
たかが水筒、されど水筒だと思う。
お隣の新潟県、燕市の中小企業で、職人さんが長年技術を磨き上げて作ったこの水筒。
水筒に刻まれたMADE IN JAPANという文字を神々しく感じた。
[PR]
by starlitsky_2006 | 2007-12-19 23:35 | Rico's café