Rico's Room

rico2006.exblog.jp
ブログトップ

酒田・池田屋特製『塩納豆』青豆&黒豆とフルーツゼリー『NOMUJE(ノムジェ)』

f0078014_20265228.jpg
ここは、酒田市北今町にある池田屋酒店
こちらのお店では、代々受け継がれた製法で、味噌や醤油などを自家製し、販売をしている。店舗は、近年リニューアルしたばかりであるが、知る人ぞ知る老舗の酒屋さん。


f0078014_2034213.jpg
私の特にお気に入りが、この池田屋特製『塩納豆』!青豆と黒豆の2種類ある。
『塩納豆』とは、酒田名物なので、庄内地域以外の人には、馴染みのない食べ物かもしれない。米どころ酒田の昔ながらの納豆で、納豆と米麹を使い、塩を加えて発酵・熟成したもので、切り昆布を加えて、普通の糸引納豆よりもツルッとしていてまろやかな味わいが特徴。肌の新陳代謝を促進するビタミンB郡が豊富。さらに発酵食品のため、乳酸菌も多く、便秘も予防・解消できるという優れた食品である。


f0078014_2044687.jpg
池田屋さんの『塩納豆』は、マイルドで、とても美味しい♪酒田市内のスーパーでは、袋入りの塩納豆をよくみかけるが、池田屋さんの『塩納豆』は、格別の旨さである。
青豆の『塩納豆』は、420円、黒豆の『塩納豆』は、525円。どっちが美味しいかと聞かれると・・・困ってしまう。青豆の方が、普通の納豆に近いので、食べやすいかもしれないが、黒豆は、ポリフェノールたっぷりで、これがまたいいと思うので、私は、いつも両方買ってしまう。瓶詰で、普通の納豆よりもずっと日持ちがするので、おみやげにしても喜ばれる。
「あっちぇご飯さかげでくど、ちょーんめぞぉ〜!」(^^;
それから、アボガドにトッピングして、サラダ感覚で食べるのも、私のお気に入り!
ちなみに、この『塩納豆』は、池田屋酒店さんの他に、山居倉庫の物産館(駐車場すぐ)で取扱いをしているそうだ。



f0078014_20555284.jpg
それから、池田屋酒店さんが加盟している庄内酒彩倶楽部にて、製造・販売している『NOMUJE(ノムジェ)』。画像左が、酒田市袖浦産おとめ心100%使用したいちごのドリンクゼリー。画像右は、酒田市刈屋産の香水・豊水100%使用した和梨のドリンクゼリー。


f0078014_2143969.jpgこのいちごのドリンクゼリーは、酒田商業高校の生徒たちが商品開発協力をして誕生したのだそうだ。
そもそも、ネーミング+商標登録について勉強したいという酒田商業高校の生徒の課題として、和梨のドリンクゼリーを取り上げたのだそうだ。地元の高校生と一緒に商品開発する庄内酒彩倶楽部さんの活動って、素敵だと思う。
『NOMUJE(ノムジェ)』は、各200円。山居倉庫の物産館と庄内酒彩倶楽部の加盟店で取扱いしている。



今日の心に響く禅のことば108


f0078014_2315479.jpg46.安心立命(あんじんりつみょう)

天命を知り、心が安じること。
天命とは何か、命とは何か。それさえわかれば、心穏やかに生きていけるのだそうだ。人々は、それがわからないから、連日、硫化水素自殺のニュースで大騒ぎになっているのだろう。私も、自分の天命などわからない。
[PR]
by starlitsky_2006 | 2008-04-29 22:16 | FOOD