Rico's Room

rico2006.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:SHO( 36 )

『第9回岡本光平ワークショップ』主催/仙台遊墨の会へ初参加の巻♪

f0078014_23463645.gif
2010年3月13日(土)に、仙台で開催された『第9回岡本光平ワークショップ』に参加させていただいた。

このワークショップに私を誘ってくれたのは、仙台でイラストレーターとして活躍している友人あけさん
私の先日のブログめくり書きの記事を見て、「目からウロコ」なワークショップですヨ。と誘っていただいたのである。

あけさんは、学生の頃から優秀で、しっかり者!そんなあけさんから、誘ってもらえたことが嬉しくて、私は、すぐに受講を申し込んだ。

それから、岡本光平先生のことを検索して調べてみたら・・・なんと、国内外で活躍されている現代書家で、いわゆる日本の巨匠!ということを知り、身体が震えてしまった。

仙台遊墨の会の存在も初めて知った。


f0078014_082389.jpg
初めてお会いした岡本先生の印象は、目力があり、カリスマ性を強く感じた。でも、お話しをする印象は、しっかりとその人を見て、優しく目線を合わせてお話をされる素晴らしい方だった。


書体の歴史の解説からはじまり、今回のテーマである「自分のことば」を書くという本題へ入っていった。
目隠しをして、右手で書いたり、左手で書いたり・・・岡本先生は、「私は、教えるのではなく、その人が欠点だと思っていることが、実は欠点ではないということに気付かせてあげて、自信を与えるだけです」という持論であった。

すごい衝撃が、私の中を走った。岡本先生のおかげで、かすれや可読性を全く無視した作品を書くことができた。自分が書いたとは思えないような破壊的な書に感動した。


今回参加された方々は、15名。最後にみなさんの作品を見せていただいたのだけれど、どれも個性豊かで、面白かった。
参加者は、プロの書家の方、グラフィックデザイナー、イラストレーター、書が好きな方、男女、様々であった。
特に80代の参加者が2名いらっしゃり、とってもチャーミングな方で、ワークショップの緊張をほぐしてくださるパワーがあった。


終わってからの打ち上げが、とてもとても楽しかった!みなさん、キャラが濃い!!あっという間に打ち解けて、次回の話はもちろん、9月の合宿ワークショップの話などで盛り上がった。(二次会の途中に、震度4の地震があって、ちょっと焦った)

岡本先生とも、たくさんお話をさせていただくことができて、幸せだった。先生は、「私は、弟子をとっていません。これは、ワークショップです。現在、6つのワークショップをやっています。東京が4つ、1つが、仙台です」と、お話をして下さった。
仙台の地で、岡本先生のワークショップに参加させていただけけることをありがたさを改めて感じた。

このワークショップに、お誘い下さったあけさんに、心より感謝を申し上げます。ありがとうございました040.gif


そして、『YOSHIKO LIVE』で、私に「めくり」書きを命じて下さった美香先生に、改めて感謝を申し上げた。「めくり」を書かせて頂いていなかったら、こんなに凄いご縁には発展していなかったのである。機会を頂けることや何かをさせて頂けることの有難さ&大切さをしみじみと感じている。
みなさまのおかげで、学ばせていただいた書で、また、みなさまのお役に立てるよう還元していきたいと思う。
[PR]
by starlitsky_2006 | 2010-03-16 23:44 | SHO

夜なべの『めくり』書き&カーリングをする『まんとくん』の巻♪

f0078014_20595257.jpg
これは、先日のYOSHIKO LIVEで使用した『めくり』。
「今回は、プログラムを制作しなかったので、曲目を『めくり』にしたい。急で、本当に申し訳ないのだけれど、Ricoさんから毛筆で書いてもらいたい」と、総合プロデューサーの美香先生からお願いされてしまったのだ005.gif

依頼されたのは、なんとライブの前日の午後3時のこと!005.gif
美容室で、スパイラルパーマをかけてもらっていた時だったので、「思わず、うそでしょー!」と叫んでしまった。

それから、大判の習字紙を探しに数軒のお店を回り、ようやく紙を購入することができた。その後、希望ホールに機材を搬入し、帰宅して、深夜になってから、『めくり』を書き始めた。

全部で、25枚。
確かに、昨年から、書のお稽古に通い始めたとはいえ、小筆しか習っていないのだから、一体どうしたらいいの?という状況だった。でも、ライブは、数時間後なので、迷っている時間はなく、とにかく手を動かすしかなかった。

午前3時半頃に完成!満足のいく書ではなかったけれど、これ以上、こだわってしまったら、ライブに影響するのでタイムオーバーとした。


YOSHIKO LIVEが終わってから、美香先生やYOSHIKOさんのところに、「あの『めくり』が、とてもよかった」との声が数件寄せられたそうである。
そのお言葉を頂戴し、大変だった思いが吹っ飛ぶほど嬉しかった016.gif
人に喜んでいただけることをさせていただけたことに感謝したいと思った。


f0078014_2142272.jpg
この『めくり』を書くために、何十年ぶりに、大筆や書き初め用の敷物や文鎮を引っ張りだした。
画像の文鎮は、小学校の卒業記念品としていただいたものであった。まさか、何十年ぶりに、この文鎮を使って、『めくり』を書く事になるとは想像していなかった008.gif


f0078014_214512.jpg
今は、小筆で書く事ばかりで、固形墨しか使用していない。
ところが、こんな急仕事に、墨を擦っている時間はないので、何十年ぶりに墨汁も購入した。
墨汁も、いろんな種類があったのだが、カーリングしている『まんとくん』ラベルが、バンクーバーオリンピックにマッチしていたのが気に入って、この墨汁を購入した。


このように突然大筆で書く機会をいただいたことで、これからは、大筆の練習もしてみたいという気持ちになった。

人は、いろんな機会を与えられると能力がアップするというが、今回のYOSHIKO LIVEでは、美香先生から、たくさんのお題をいただいた。今まで、私が、やってこなかったことを美香先生に掘り起こしていただいたような気がする。
美香先生のプロデュース力&指導力は、本当に見事なものであった。
その素晴らしさが、YOSHIKO LIVEに集約されて、みなさんに楽しんでいただけるライブになったと思う。
そのお手伝いをさせていただけたことは、幸せなことであったと、時間が経ってから、じわじわと感じている。


美香先生へ
私に、『めくり』を書かせて頂く機会を与えて頂きまして、誠にありがとうございました040.gif これを機会に大筆での筆文字も、練習していきたいと思います。
[PR]
by starlitsky_2006 | 2010-03-03 22:31 | SHO

クリスマスの季節になりました。師匠の自家製雑穀パン&光月堂のエンゼルケーキの巻♪

f0078014_21355025.jpg
先週の書のお稽古の時のこと。
師匠の玄関先は、このようなクリスマスの素敵な飾り付けになっていた。
絵本をこのようにディスプレイするセンスが素晴らしいと思う。

そういえば、クリスマスの飾り付けといえば、去年も、今年も、出していない008.gif
師走の慌ただしさで、クリスマスを楽しむ余裕がないのである。
なので、こうして、お邪魔した先で、クリスマス気分を楽しませていただけるのは、とても嬉しい。


f0078014_21502792.jpg
そして、こちらは、師匠から頂戴した自家製雑穀パン。ホームベーカリーで焼きたてだった。天然酵母で焼き上げた自家製パンは、しっかりとした噛みごたえがあり、噛めば噛むほど、小麦や雑穀の味わいを楽しませていただいた。
美味しいパンをありがとうございました040.gif


f0078014_2214446.jpg
それから、一緒にお稽古を習っている方より、遊佐町の有名なお菓子屋さん『光月堂』の「エンゼルケーキ」を頂戴した。
卵白で焼き上げたシンプルで飽きのこない焼き菓子だった。

このように、書のお稽古では、師匠や他のお弟子さんたちと、いろんな会話をしたり、美味しい物をいただいたりしながら、楽しく通わせて頂いている。
今年から、お稽古に通わせていただいて、もうすぐ1年になる。あっという間の1年だったけれど、学びの多い充実した1年だった。
楽しく書のお稽古をさせていただける環境に、心から感謝したいと思う。
[PR]
by starlitsky_2006 | 2009-12-08 22:37 | SHO

酒田市亀ケ崎『書の庵』にて開催中の『齊藤千加子書作展』へ行くの巻♪

f0078014_045485.jpg我が師匠の『齊藤千加子書作展』が、書の庵のギャラリースペースにて、11月5日(木)〜12月12日(土)まで開催されているとのことで、足を運ばせて頂いた。
今回は、『書の庵』さんに依頼され、急遽開催となったため、以前の作品などを混ぜての展示となったそうである。
そういえば、千加子先生との出会いも、この一枚の案内状からであった。
これがパッと目に止まり、書作展に足を運ばせていただいたことで、先生とのありがたい出逢いをさせていただいた。
ご縁というのは、本当に不思議なものである。


f0078014_0542429.jpg
『書の庵』さんのギャラリースペースは、こんな感じである。
ぜひ、会場に足を運んで楽しんでいただきたいので、作品の写真には、ボカシを入れさせて頂いた。
書き下ろしのとっても素敵な書があり、楽しませていただいた。


f0078014_057276.jpg
書作展を楽しませていただいた後、店内で、買い物をさせていただいた。
お稽古の用具入れバッグが、売り出しになっていて、1,500円を1,000円でgetすることができた。ちょうどよいバッグがないものかと探していたところだったので、とても嬉しかった。


f0078014_10023.jpg
会計を済ませると、スタッフの方から、「お芋や消しゴムで作る年賀状教室をやるんですけれど、参加してみませんか?」と声を掛けていただいた。
こんな感じの年賀状の作り方を指導して下さるのだそうだ。大きい部分は、お芋で、細かい部分は、消しゴムの版とのこと。なるほどね〜!

残念ながら、私の年賀状は、既に印刷してしまったことをお伝えすると、「では、お知り合いの方に教えていただけませんか?」と言われた。
「では、ブログで告知させていただいてもいいでしょうか?」と聞いてみると、「まあ、本当にいいんですか!ありがとうございます!」と喜んでいただいた。
ブログは、誰が見ているかわからないし、どんな興味を持って見てくれているかもわからない。もしも、誰かが、この情報を喜んで下さるのであれば、お役に立てることをありがたいと思う。
親子で、参加してみると、楽しいかもね。

--------------------------------------------------------------------------------------
お芋、消しゴムで、オリジナルの年賀状をつくってみませんか?

太田とし子先生によるオリジナル版画教室を開催いたします。
お芋や、消しゴムを使いオリジナルの版を作ってみませんか?
初心者でも、親切丁寧にご指導いたします。
 一生懸命作った版を使用して、年賀状を作り、受け取った相手の喜ぶ顔を思い浮かべながら、楽しいひとときを過ごしてみませんか?ご希望の方は『書の庵』までお電話下さい。

開催日:12月5日(土)10:00〜12:00、12月12日(土)10:00〜12:00
場所:書の庵店内
参加料:無料
※材料費のみ実費でお願いします。
お芋、スプーン、鉛筆、彫刻刀(角型)等の道具はご持参下さい。
ハガキなどの材料は、店内で販売しております。ご利用下さい。
[PR]
by starlitsky_2006 | 2009-11-17 23:58 | SHO

突風吹き荒れる日に『2010年年賀状』宛名書きの巻♪

f0078014_164571.jpg
今日は、一日中、強風が吹き荒れた。大型台風よりも、すごい突風だったのでは?と感じるほどであった。
こういう日は、できるだけ外出しない方がよいと思い、家でじっとしていた。
先週は、2日間徹夜してしまったので、寝不足を調整した。おかげで、スッキリ!

来年の年賀状用の切手シートを200枚購入したので、宛名を書くことにしたのだが・・・
郵便局で、「この切手を貼れば、『年賀』と書かなくてもいいんですよね?」と確認してみたら、「いえ、『年賀』と書かないと、普通のハガキと同様に扱われて、配達されてしまいます」と言われて驚いた。この切手、1枚の縦の長さが、なんと51ミリもあるので、さらに、その下に『年賀』と書くと、差出人の住所氏名を書くスペースが小さくなってしまう。
それでも『年賀』と書かなければならないといわれ・・・お年玉付き切手で、プラス3円も支払っているんだから、融通きかせてくれないのかなぁ〜という気持ちになった。


f0078014_1162880.jpg1枚ずつ、赤い文字で『年賀』と書くのは面倒だったので、このように、切手の位置をはかって、プリントアウトした。
やっぱりプリンターは楽である。
でも、今年の宛名書きは、プリンターに頼らず、手書きで頑張るぞ!
書き損じてもいいように、年賀状は、500枚印刷した。
そんなに印刷してどうするの?と言われるかもしれないが、我がわんこ隊の年賀状は、時期を過ぎても、欲しいという方がいるので、多めに印刷してちょうどよいのである。
「毎年、わんこ隊の年賀状を楽しみにしています」というメッセージをいただくことが多いので、今年も、期待を裏切らないような年賀状を制作させていただいたつもりである。
元旦に届くように、これから、ちょこちょこと宛名書きを進めたいと思う。
[PR]
by starlitsky_2006 | 2009-11-15 23:58 | SHO

酒田もっけだの中通り商店街・書芸プラザ『心花堂』さんと雨のどんしゃんまつりの巻♪

f0078014_1926436.jpg
今日の午前中、もっけだの中通り商店街にある書芸プラザ『心花堂』へ初めて足を運んだ。


f0078014_19322757.jpg
実は、チラシにのっていたこちらの商品『桐の折りたたみ式正座いす(携帯バッグ付)』1,000円を母から買ってきてほしいと頼まれて行ったのであるが・・・なんと、私の前のお客さんで、用意していた30個が完売してしまったのだそうだ!005.gif
でも、すぐに取り寄せて下さるとのことで、対応していただき、有り難かった。
桐で出来ているので、とても軽くて、携帯に便利そうであったし、なによりも、1,000円というお値段が嬉しい016.gif


f0078014_1938366.jpg
店内は、書・絵手紙・篆刻用品などがずらり。
さすが、専門店といった感じであった。


f0078014_1940032.jpg
毛筆に適した便箋と封筒の種類がいろいろあり、お手紙を書くのが楽しくなりそうな気分になった。
明るく感じのよい奥さんとその娘さんの二人が応対して下さり、模様入りの半紙を便箋として使う方法などのアドバイスをいただき、大変嬉しかった。

専門的なアドバイスをいただきながら、楽しくお買い物ができるお店を中町に発見し、今日は、とても嬉しい日であった。
『心花堂』さんの店舗裏側には、駐車場があるし、近くの地下駐車場を利用しても、2時間無料券を発行して下さるとのこと。
車でも、気軽に中町で買い物ができるという情報は、私にとって、とてもありがたい。



f0078014_19543793.jpg『心花堂』さんで買い物を終えてから、私は、希望ホールで行われた『さかた踊りを楽しむ会』へ足を運んだ。

正午から、夕方4時頃まで、次々と踊りが繰り広げられるすごいイベントだった。
踊りの愛好家が、酒田にこんなにたくさんいらっしゃるとは!という驚きの世界である。
私は、知人の出演する第一部だけを鑑賞させていただいた。

第一部が終わってからは、音楽仲間がたくさん出演する予定になっている『どんしゃんまつり&SAKATA MUSIC FESTIVAL』の会場へ移動した。


f0078014_19593027.jpg
今日は、雷を伴うどしゃぶりが何度もあり、お客さんの数が、昨年に比べて少なくて、ビックリした。
野外イベントは、天候次第なので、こればかりは、どうしようもないことだよね〜007.gif

こちらの画像は、大通りブースに出演中のゲスト『トレモロイド』さん。切れのあるサウンドで、さすが、プロ!といった印象だった。


f0078014_20313417.jpg
いつもは、フリーマーケットで大賑わいの大通りも、閑散としていた。
そこに、いつもお世話になっている酒田天然ガス(株)さんのテントを発見し、10/31〜11/1に行われるガス展のチラシを頂戴した。
庄内米との引換券もついているので、ガス展には、母と一緒に足を運びたいと思っている。


f0078014_2037284.jpg場所を移動し、こちらは、清水屋前のブース。
山形の『カトウトモタカ』さんが演奏中であった。

このブースの音響は、いつもぽけっとでお世話になっている音響師・ハーベストムーン氏が担当していた。
時折降ってくる雨で、今日は、音響も大変であっただろう。
降ったり止んだりというイベントが、一番辛いよね!


f0078014_2041327.jpg
ちょっと小腹が空いたので、人形の大泉さんの前で、「天ぷらそば350円」をいただいた。
雨で、寒かったので、あったかい天ぷらそばは、ありがたかった。

まつり会場を歩いていると、何人かの方々から、「今日は、何時から、出演ですか?」と声を掛けられた。
「今日は、でねあんよ〜」と答えたけれど、実は、『ぽけっと』は、中町のイベントで、演奏したことが未だかつてないのである!なぜか、ご縁がないのだ025.gif


f0078014_20474086.jpg
中央公園会場で、いよいよ我らが「ぺぇ〜兄ちゃん」が率いるZOO STATIONのライブが始まった。

雨が降り出して、公園の土は、ネロネロになり、ギャラリーは、テントの中など、雨を避けるようにして、ライブを観ていた。

2曲目は、私の大好きな曲『Vertigo』U2だった。
今日は、これが聴けて、大満足だ〜と思っていたら、そこで、「SAKATA MUSIC FESTIVALのイベント自体が、雨の為に中止!」との連絡が入ってしまい、ぺぇ〜兄ちゃんは、豆鉄砲をくらったような顔になってしまった。お気の毒だった。

しかし、安全面、機材への影響などを考慮し、主催者が判断したのだから、仕方がないことだと思う。

ZOO STATIONさんの次回のライブは、10月31日(土)HIBIKI BRILLIANT MUSIC FESTIVAL 2009 in AUTUMNで、私たちHEARTSと一緒に対バンさせていただく予定。
ぺぇ〜兄ちゃん曰く、「生きているうち、一度は、響ホールでやりたいんだ!」とのことであった。
今日のライブは、不完全燃焼だった分、響ホールではガッツリとやって欲しいと思う。
[PR]
by starlitsky_2006 | 2009-10-18 23:12 | SHO

秋の夜長に・・・『ほっとする禅語70』を読む&『秋桜の会 朗読会へどうぞ』の巻♪

f0078014_21411082.jpg
台風が接近とのことであるが、太平洋側へ進んだおかげで、庄内地方には被害がなさそうでホッとした。
稲の穂もだんだん黄金色になりつつある時に、台風の被害は避けたいものである。
今日で、8月は終わりなのだが、台風の影響もあってか、今日はすっかり秋という寒さを感じた。
日の入りが早くなり、秋の夜長という言葉がぴったりになってきた。

先日、仙台の書道用具の東方交易さんで偶然出会って購入した本『ほっとする禅語70』をパラパラとめくって読んでいる。
禅のことばが、とてもやさしくわかりやすく解説してあり、そこに書家の石飛博光先生の感性豊かな書が添えられている。
禅のことばの素晴らしさと書の素晴らしさをダブルで楽しめる本なのだ。
それが、70もあるので、ちょこちょこ読んで、鑑賞できるのが嬉しい。
何かと、やらなければならないことややりたいことで目一杯なので、長編の小説は読む気にならない。でも、これくらい短いものだと、気分転換にもなって、手元に置く本としてはちょうどよい。
禅のことばだからと、難しく構える必要がないのが、この本の魅力だと思う。


今日、読んだのは、『空(くう)』ということば。

世の中のことは一切が『空(くう)』。あなたの周りの一切のものが、ほんのわずかな細い糸をたどり、偶然を重ねてあなたの下にやってきた。
すべてのものは実体を持たず『空』だけれど、それは縁を紡ぐ『空』でもある。あなたを喜ばすものも悩ませるものも、あなたを取り巻く一切は『空』なのです。


この文章の隣に、石飛博光先生が、扇子に『空』と書いた写真が載っている。その書が見事で・・・しばらくの間、見入ってしまった。


私の周りでは、毎日、本当にいろんなことがある。目が回りそうになったりすることもある。でも、一切が『空』と思った瞬間に、すぅ〜っと、楽になる自分を感じる。
言葉の力ってすごいなとつくづく思う。
いい本に出会えたことに感謝したい。




f0078014_22171942.jpg
そして、こちらは、『秋桜の会 朗読会』のお知らせ。
私の書の師匠が、こちらの朗読サークル『秋桜(こすもす)の会』に参加されているとのことで、お誘いをいただいた。
普段、ゆっくりと本を読む時間をとれない私にとっては、きっと貴重な時間になることだろうと楽しみにしている。
それから、自分が選択する本というのは、どうしても内容が偏ってしまうので、他の人が勧めてくれる本を朗読してもらえるというのは、ありがたいことであると思う。
これも、ご縁がなければ、なかなか足を運ぶことができないのではないだろうか?

『空』の中で、ほんのわずかな細い糸をたどり、偶然を重ねて私の下にやってきたと思うと、どんなご縁でもありがたく思える。
[PR]
by starlitsky_2006 | 2009-08-31 22:41 | SHO

仙台の書道用品店『かな用墨』購入&高校時代の恩師へ手紙を書くの巻♪

f0078014_139649.jpg仙台七夕祭りを見に行った時に、仙台の友人から教えてもらった書道用品のお店2軒をはしごして買い物をしてきた。
この画像は、購入してきた墨2点。
以前、ネットで購入したきず墨5種類は、使ってみてからわかったのであるが、漢字用の墨であった。
普段、小筆で手紙などを書く私は、きっとかな用の墨の方がよいのではないかと思っていたので、仙台へ行ったついでに、かな用墨を購入したのである。


f0078014_1455656.jpgこちらのかな用墨『あら玉(玄勝堂製)』1丁は、東方交易 仙台店で購入した。
なんと、40%offだったので、びっくりするほど安く購入できて、嬉しかった。
お店に、それぞれの墨で書いたサンプル集があり、一つ一つの墨への説明がきちんとできる店員さんの応対が素晴らしいと思った。
安心して購入できるお店であり、お気に入りのお店となった。


f0078014_1532363.jpgこちらのかな用墨『和琴(呉竹精昇堂製)』0.5丁は、仙台キョー和で購入した。
こちらのお店も、1周年記念セール&七夕祭りセールで、どれも大安売りで、40%offだった。
売り場面積がとても広く、品揃えが豊富なところが魅力であった。
気になる墨の数もたくさんあり、迷ってしまった。ネーミングの魅力に惹かれて購入してみた『和琴』であったが、さらさらとした感じと、墨の香りの良さで、今、一番のお気に入りの墨になった。
墨をかな用に変えただけで、小文字がとても書きやすくなった。墨で、こんなにちがうものかと驚かされてしまう。
書とは、奥が深い世界だという入口を知ったという感じである。


f0078014_203172.jpg
ところで、今日、書のお稽古で、とても驚くことがあった。
師匠の千加子先生と、私の高校時代の恩師の奥様が、お知り合いということで、恩師が、現在入院中で、まもなく退院するという情報をお聞きすることができた。
大変お世話になった先生であったのに、ご無沙汰してしまっていたので、すぐに、お見舞いの手紙を書いた。
「退院され、ご健康が回復なさったら、ぜひお会いしたいと願っております」と。
千加子先生との出会いは、もしかして、恩師へこのように手紙を書くためだったのではないのか?と思わずにはいられないほど、私にとっては、運命を感じる出来事であった。単に、世間は狭いというだけで済まされない話のように感じている。
私の恩師への思いは、メールやパソコンでプリントした手紙では、伝わらないだろうという気がするのである。
千加子先生から、書のご指導をしていただき、本当によかったと心から感謝申し上げたい。

またまた嬉しいご縁をいただき、本当にありがたいと思う040.gif
[PR]
by starlitsky_2006 | 2009-08-28 23:58 | SHO

アボガド君の驚異の成長記録の巻♪

f0078014_22435972.jpg
今日は、書の手習いの日だった。
テーブルの上で、前回とは見違えるほどの立派な若葉が開いたアボガド君が迎えてくれた。
葉が大きくなったので、なんだか、種が小さくなったように見えてしまう。
茎も、しっかりとしてきて、風が吹いても倒れなさそうな感じ。なんだか、この勢いでグングン成長してくれそうだ。
どこまでどうなるのかがわからないところが、面白い!
千加子先生は、「これから、どうしたらいいの?」ととっても不安そうであったが、私は、捨てられるはずのアボガドの種をここまで成長させることができただけでも、十分に素晴らしいと思う。
生徒さんが、真似をして、アボガドの種を水に浸してみたのだそうだが、ダメだったそうで・・・やはり、いろんな条件やコツがあるのだろう。
千加子先生は、それを全て勘で行い、見事、栽培に成功しているのだ!スゴイ!
005.gif
「このアボガド君の成長記録・・・いつまで続けられるのか、なんだか責任を感じる」と、千加子先生はプレッシャーに感じていたようであるが、ここまできたのだから、最後まで、見届けさせてほしい016.gif
[PR]
by starlitsky_2006 | 2009-07-17 23:45 | SHO

アボガドの種の恐るべし生命力の巻♪

f0078014_026573.jpg
今日は、書のお稽古の日であった。
お稽古が終わると、いつも千加子先生が、美味しいお茶とお菓子を出してくださる。
毎回、もっけだの〜と思いながらも、生徒のみなさんと一緒にお茶のみするひとときが、楽しみの一つになっている。

今日の話題は、この画像のアボカドの種!
千加子先生が、食べた終わったアボガドの種を2週間水に浸していたら、なんと、芽と根が出てきたので、鉢に植えたのだそうだ005.gif
普通は、すぐに捨ててしまうアボガドの種から、こんな芽が出てくるだなんて、一同ビックリしてしまった。
しかも、桃太郎の桃が割れるように、パカッと真ん中から割れて、そこから芽が出てくるとは、なんて芸術的なんだろう!

そして、私がさらに驚いたのは、この植え方である。
私だったら、アボガドの種をしっかりと土の中へ埋めるだろう。先生に、「どうして、種を土の中へ完全に入れなかったんですか?」と質問してみたら、「え?ただ、なんとなく、こうしたらいいんじゃないかと思って」という答えだった。
やっぱり、先生のセンスって、素晴らしいなぁ〜と思った。
土の中へ埋めてしまったら、この割れ目の面白さは楽しめなかっただろう。
「ところで、種の表面は、どうしたんですか?」と気になって聞いてみると、「カサブタみたいになっていたから、剥いちゃった!」とのこと。それもまた、すごい感覚だと思う。

このアボガドの種の生命力が素晴らしいだけでなく、それを芸術的に高めた千加子先生のセンスは、さすがだと思った。
さあ、これから、このアボガドの種は、どのように成長していくのだろうか?また、お稽古に通う楽しみが増えて、嬉しいなぁ〜016.gif
[PR]
by starlitsky_2006 | 2009-07-03 23:58 | SHO