Rico's Room

rico2006.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:SWEETS( 46 )

仙台老舗蒸菓子司『賣茶翁(ばいさおう)』の「みち乃くせんべい」をいただきましたの巻♪

f0078014_9442123.jpg
先日の日曜日にお会いしたOGATA,Incの尾形夫人であり、私の先輩からお土産に頂戴した仙台老舗蒸菓子司『賣茶翁(ばいさおう)』の「みち乃くせんべい」。

先輩より仙台の老舗のお菓子屋さんというお話をお聞きしたので、帰宅してから、ネットで調べてみたら・・・


f0078014_948118.jpg
なんと、お店の電話がない!(非公開)というビックリな老舗和菓子屋さんであった。
甘味処も併設しているようだが、HPなどはもちろんない!
とにかく、そのお店へ直接行くしかないのである。
今の時代、こんなお菓子屋さんがあるということが、驚きである。
逆に、いつでも、どこでも手に入ってしまう仙台みやげより、ずっとずっと希少価値が高く、いただいた喜びが大きく膨らんだ。


f0078014_9531189.jpg
「みち乃くせんべい」の裏側に印字されている『賣茶翁(ばいさおう)』の文字が、とても品格があって、素敵016.gif
先輩のお母様は、昔から、よくこの「みち乃くせんべい」を買われているのだそうだ。
さすが、先輩のお母様も、粋な方だと思う。


f0078014_9565216.jpg
「みち乃くせんべい」は、蒸菓子なので、焼きせんべいとは違って、しゅわっと口の中で溶ける軽い口当たり。上質の和三盆の味わいが、とっても美味なせんべいだった。抹茶に合いそうなお味。
仙台でも、知る人ぞ知る銘菓「みち乃くせんべい」をはじめていただいて、感激した。
いつか、『賣茶翁(ばいさおう)』を訪れてみたいと思う。
[PR]
by starlitsky_2006 | 2010-06-10 10:08 | SWEETS

フランス風郷土料理『ル・ポットフー』のクリスマスタルト「キャラメルナッツタルト」の巻♪

f0078014_20491098.jpg
今日、フランス風郷土料理ル・ポットフーに予約していたクリスマスタルトを受取りに行った。
クリスマスイブにも別のケーキを予約しているので、重ならないようにした。

昨年は、フルーツタルトだったのだが、今年は、新作の『キャラメルナッツタルト』にした。
毎年、6〜7種類のタルトの中から選ぶのが、楽しみの一つになっている。

今夜、早速いただいてみると・・・アーモンド、カシューナッツ、かぼちゃの種、クルミなどのナッツが香ばしく、キャラメルのほろ苦い甘さがバツグンで、家族にも大好評であった016.gif
ナッツ好きの方に、おすすめのタルトだった。
まだ、予約を受付中とのこと。

ケーキを食べると、クリスマスが終わったような気分になる。でも、クリスマスは、これから!
クリスマスライブもあるし、頑張るぞ〜!024.gif

それにしても、大雪で大変なことになっている!
今日は、踏切のところで立ち往生しそうになっている軽自動車を2台見かけた。
事故のないようにと願うばかりである。
[PR]
by starlitsky_2006 | 2009-12-18 21:21 | SWEETS

山形の珈琲問屋じゃらんじゃらんオリジナル『焙煎珈琲クッキー』激うまの巻♪

f0078014_22174611.jpg
こちらは、私が珈琲豆を取り寄せさせていただいているお店じゃらんじゃらんさん。
山形市ナナビーンズ3階に実店舗がある。
先日、山形へ行ったついでに、ちょこっと、顔を出させて頂いた。
久々に笑顔の素敵な店長さんにお会いすることができて、とても嬉しかった。

バンド仲間のみなさんへ
みなさまが、いつも飲んでいる通称『仲間コーヒー』は、じゃらんじゃらんさんから仕入れている珈琲豆です。いつも、「美味しい」と飲んでいただいてありがとうございます040.gif


f0078014_22511928.jpg
じゃらんじゃらんさんの自家焙煎珈琲豆売り場。
毎日、お店の焙煎工房で、毎日売りきる分だけを焙煎しているのだそうだ。
私は、いつもネットで注文しているのだけれど、焙煎したての珈琲豆を送っていただいている。


f0078014_22291942.jpg
こちらは、12月2日から発売を開始したばかりの『焙煎珈琲クッキー』と、紹介していただいた。
じゃらんじゃらんさんと、菓子'sキッチン 淑(しゅく)の安喰さんとのコラボレーションで誕生したオリジナルのクッキーとのこと。
詳しい情報は、こちら


f0078014_22371249.jpg
お店には、菓子'sキッチン 淑さんの焼き菓子コーナーが設けてあった。


f0078014_22382862.jpg
帰宅してから、『焙煎珈琲クッキー』をいただいてみた。
多くのコンテストで受賞した農園のパカマラ温泉豆を自家焙煎した豆を使った、添加物不使用のクッキー。
クッキーの生地にも、挽いた珈琲豆が練り込まれているので、一口食べた瞬間に珈琲の香りが口から鼻に抜ける感じで、ビックリした。クッキーの生地は、サックリかる〜い食感がよかった。
クッキーの真ん中に、こんがりとローストした珈琲豆がそのままトッピングされてあり、カリッとした食感と香ばしさは、珈琲好きには、たまらないクッキーだった!
こういうクッキーは、ありそうでなかったクッキー!!
珈琲好きの友達にプレゼントしてあげたくなるクッキーである。ネットからも注文できるそうなので、今度、まとめて注文したいと思う。

じゃらんじゃらんさんの珈琲豆には、これからも、毎日お世話になります!
どうぞ、これからも、お身体にお気をつけて、頑張っていただきたいと願う。
[PR]
by starlitsky_2006 | 2009-12-14 00:24 | SWEETS

山形県長井市『菓子司 福田屋』名物の福ゆべし&縄文もち&ブランデーケーキの巻♪

f0078014_1321431.jpg
昨日に引き続き、両親が長井市へ行ったネタ。
女子第20回東北高校駅伝競走大会の応援のために長井市へ行った両親は、駅伝が始まる前に、長井市内の菓子司 福田屋さんへお邪魔した。
こちらの画像は、福田屋のご主人と奥様。現在は、洋菓子を学んだ若夫婦と一緒に、洋・和菓子のお店として、頑張っていらっしゃるとのこと。


f0078014_135387.jpg
福田屋さんの店内には、酒販コーナーがある。
私の父は、昔、日本酒を扱う仕事をしていたため、長井市まで営業に回っていた。当時、若かった父は、全く知らない土地を営業で回らせていただいた中でも、特にお世話になったのが、こちらの福田屋さんのご夫婦だったのだそうだ。
20年ぶりに再会をさせていただいた父は、とても嬉しかった様子である。福田屋さんのご主人は、現在も菓子職人をされていらっしゃるとのことで、その若々しさにパワーをいただいたそうだ。


f0078014_217639.jpg
こちらは、「福田屋さんへ行ったら、絶対に買ってきてね!」と私がお願いしていた『山形名物 福ゆべし』。
父が、長井へ出張へいくたびに、このゆべしを買って?いただいて?きてくれた。私にとっては、とても懐かしいお菓子である。


f0078014_143147.jpg
パッケージは、昔とはちょっと変わったけれど、オブラートに包まれた醤油の風味とクルミの香ばしさが美味しいゆべしは、健在であった016.gif


f0078014_1463549.jpgそれから、こちらも懐かしの大人の味、『チョコレートブランデーケーキ』。
お酒が苦手な私だけれど、このケーキは、チョコレートとブランデーの相性が抜群で、美味しく頂くことができる!
チョコレートケーキにたっぷりとブランデーが染み込んでいて、しっとりとしていて美味しい。
高級感を感じる逸品である。

f0078014_1494694.jpg



f0078014_150630.jpg
そして、なんと福田屋さんから、こちらのおみやげを頂戴してしまった!
フタを開けてみたら、『縄文もち』という私の知らないお菓子がたくさん入っていた。
『縄文もち』というネーミングの由来は、福田屋さんの近くに『古代の丘』というところがあり、昔住んでいた人たちが食べていたかもしれないお菓子をイメージして創作したお菓子だからなのだそうだ。

f0078014_1541289.jpg
『縄文もち』は、オブラートに包まれていて、もち粉、クルミ、カボチャの種で作った田楽もちであった。
素朴な味わいの中に、クルミやカボチャの香ばしさが加わり、噛めば噛むほど、いろんな味の美味しさが口の中に広がり、我が家では、大絶賛のお菓子であった016.gif
見た目以上に、味わい深いので、驚かされる。ほんのりとした甘さなので、お菓子というより、ソウルフードという印象であった。

福田屋さんのHPからも注文することができるので、次回は、取り寄せてみたいと思う。HPを覗いてみたら、他にも、気になるお菓子がいっぱいのお店だった。いつか直接お店へ伺って、洋菓子なども購入してみたいと思う。
私が、幼い頃に食べた事のあるお菓子が、他にもたくさんあり、あれも、これもと、目移りしそうだ。



f0078014_222494.jpg
ところで、こちらは、おまけの画像。
父は、昔から、長井へ行くと、おみやげに『鯉の甘露煮』をよく買って来てくれた。
今回は、地元の方から「美味しいよ」と勧めてもらった「高橋鯉屋」へ立ち寄り、たくさん買ってきた。

なんと、2年連続、全国養鯉品評会で水産庁長官賞を受賞した『鯉の甘露煮』とのこと。


f0078014_2102587.jpg
鯉の大きさにまず、ビックリ!
この見た目通りに、大変美味しい『鯉の甘露煮』だった。煮込みすぎず、鯉の身もやわらかく、泥臭さは全くない絶品の味わいであった。
滋養強壮によいと、私は、幼い頃から、おみやげの『鯉の甘露煮』を食べさせられていた記憶がある。今となっては、珍味だと思う。昔をしみじみ思い出しながら、ありがたく頂いた。
[PR]
by starlitsky_2006 | 2009-11-06 23:58 | SWEETS

遊佐町・菓子舗『光月堂』で、焼きたて「かぼちゃパイ」&「まるでカスタード」の巻♪

f0078014_0251428.jpg日曜日の朝、遊佐町の親戚の家へ行く前に、菓子舗『光月堂』さんへ寄った。
以前、夕方に行った時は、ほとんどのケーキが売り切れていて、ショーケースがからっぽだった印象が強かったけれど、午前中に行ってみると、次々と焼き上がるパイやケーキでいっぱいだった。
人気のお菓子屋さんは、午前中が勝負だということがわかった。


f0078014_0311064.jpg



f0078014_031386.jpg
以前、遊佐町の方から、このチーズケーキを頂戴したことがあったのだが、スタンダードで、大好きなケーキ!016.gif
酒田市内のお菓子屋さんでは、このお値段で買えないと思う。
安くて美味しいのが、『光月堂』さんの魅力!


f0078014_050339.jpg
『光月堂』さんの一番人気の「かぼちゃパイ」が焼き上がったばかりで、店内には、いいにおいが漂っていた!
もちろん、この焼きたてを購入した。


f0078014_052674.jpg
それから、「まるでカスタード」というお菓子も焼き上がったばかりだったので、一緒に購入してみた。
中は、甘さを押さえたカスタードがびっしりで、本当にまるでカスタードっていう感じで、美味しかった。


f0078014_0534775.jpg
それから、「白いチーズロール」というケーキは、チーズケーキで、生クリームをロールしたという不思議なケーキを試食させていただいた。これがまた、ひんやり冷たくて、美味しかったので、こちらも購入した。


f0078014_0554642.jpg
店内では、店舗脇の湧き水でいれたコーヒーを無料でサービスしていた!お店の奥様が、どうぞどうぞと試食のケーキも出して下さったので、コーヒーと一緒に美味しくいただいた。
試食したケーキも美味しかったけれど、この湧き水コーヒーも美味しかった!
コーヒーをいただいている間に、次々とお客さんが来店して、お店の方々は、とても忙しそうであった。


f0078014_104966.jpg
ディスプレイを覗いてみたら、他にもいろんなお菓子があって、あれも、これも食べたくなってしまった008.gif
でも、一度に買っても、大変なことになるので、次回のお楽しみにとっておくことにした。


f0078014_125899.jpg
『光月堂』さんで買い物を済ませてから、親戚の家へ訪問した。
親戚の家の前から見える鳥海山が、見事だったので、思わずパチリ!
前日に見た夕焼けの鳥海山も美しかったけれど、午前中は、午前中で、青空の下でスッキリした鳥海山の姿が雄大で、美しい。
遊佐町に来ると、鳥海山のパワーを強く感じる。
う〜ん、実にいい町だと思う。
[PR]
by starlitsky_2006 | 2009-10-26 23:58 | SWEETS

三川町『海華堂』のトトロン&遊佐町『光月堂』のチーズケーキの巻♪

f0078014_22372051.jpg
久々にスイーツネタ!
先日、三川町の『ほのか』さんにお邪魔した時に、お茶菓子として頂いたケーキが、あまりにも可愛くて、思わずパチリ!
施設長夫人にお聞きしたら、このケーキは「トトロン」という名前で、三川町の『海華堂』さんでは、注文がないと作らないという幻のスイーツとのこと。
わざわざお気遣いをいただいて、恐縮であったが、愛らしいケーキでおもてなしをいただき、とても嬉しかった。


f0078014_2242179.jpg
食べるのが可哀想だったが・・・目が付いていないところから食べ始めた。
すると、中から、ピンクの苺ムースが顔を出し、「トトロン」が、まるで私に向かって微笑んでくれているようで、ますます可愛らしくなってしまい、困ってしまった008.gif
可愛すぎるケーキというのは、ちょっと辛いかも037.gif
なんだか、ぽぉ〜に似ているような気がした・・・
と言いつつ、すっかり完食しました011.gif


f0078014_22463531.jpgはい、こちらが、先日、トリミングする前のボーボーぽぉ〜ちゃん!
ね!「トトロン」に似ているでしょ!037.gif

そういえば、今年に入ってから、ほとんどケーキを作っていない!以前は、あんなに一生懸命作って、ブログにアップしていたのが、まるで嘘のよう。
まあ、またいつか時間ができた時にケーキは作れるのだから。
『時の流れに身をまかせ〜♪』的に、流れに逆らわず、今は、流れに乗ってみるのもまたよしだと思っている。


f0078014_225217100.jpg
それから、こちらも頂戴したケーキ。
遊佐町『光月堂』さんのチーズケーキ!016.gif
大好き!とっても美味しかったです。

それぞれの地域で頑張る小さなケーキ屋さん。なかなか買いに行けないので、こうして頂戴できることは、大変ありがたい。ごちそうさまでした〜!016.gif
[PR]
by starlitsky_2006 | 2009-09-21 23:01 | SWEETS

『草付け馬』とI▽△▽△さん!&菓子の菊池『抹茶クリーム大福』をいただきましたの巻♪

f0078014_2323623.jpg
今日、いつもお世話になっているI▽△▽△さんから、菓子の菊池『抹茶クリーム大福』をたくさん頂戴してしまった。
「一緒に食べましょう!」と、I▽△▽△さんにも勧めると、「自分が持って来たものを一緒に食べるのは、『何とか馬』だって言われるんですよね!」と、一緒にいただくことを遠慮されるので、驚いてしまった。
私は、「そんなこと気にしないので、一緒に食べましょう!」と勧め、柔らかくて、抹茶クリームとあんがたっぷりの大福をI▽△▽△さんと一緒にいただいた。
残りの大福は、「ご家族のみなさまにどうぞ」と言われ、遠慮なく頂戴した。



そして、夜、頂戴した大福を家族に渡した。
大福を美味しそうにほおばる母に、「お母さん、『何とか馬』って知っている?」と聞いてみたら、「それって、『草付け馬』?」と教えてもらった。
私は、「今日、この大福を買って来てくれたI▽△▽△さんから、馬は自分の食べる草を背負って馬小屋へ運んで、その草を食べるという意味だということを教えてもらったよ」と母に教えてあげた。
すると母は、「去年の夏、83歳のI▽△▽△のお爺さんが、『俺は、草付け馬だ!』と言って、手みやげにお酒を持ってきて、みんなと楽しそうに飲んでいたけど、その時は、『草付け馬』の意味がわからなかった。けど、そういう意味だったのね!」と言って頷いていた。

要するに、私は、知人のI▽△▽△さんから、『何とか馬』の意味だけを教えてもらい、
母は、I▽△▽△さんというお爺さんから、『草付け馬』という言葉だけを聞いていたのだ。
『草付け馬』の話に、偶然、I▽△▽△さんという同じ名字の二人が登場するところがまた面白い!
『草付け馬』とI▽△▽△さん!037.gif
きっとこの先、『草付け馬』の言葉も意味も、私は忘れる事はないだろう。



実は、先月、そのI▽△▽△のお爺さんがお亡くなりになられた。
葬儀の時に、I▽△▽△のお爺さんは、大変人望の厚い方であったという話になったそうである。
『俺は、草付け馬だ!』と言って、みんなの集まる場所に手みやげを持って行って、みんなと楽しく時を過ごしたI▽△▽△のお爺さんの姿を思い浮かべると、『草付け馬』は、決して、悪い意味ではないと私は思う。
自分を謙遜して、みんなにふるまうという日本人の奥ゆかしさを感じる素晴らしい言葉だと思う。

今夜は、I▽△▽△さんのおかげで、『草付け馬』の話で盛り上がりながら、美味しく食後の甘味として大福をいただいた。
どうもごちそうさまでした040.gif
[PR]
by starlitsky_2006 | 2009-09-01 23:55 | SWEETS

サーティワンアイスクリーム『チャレンジ・ザ・トリプル』に挑戦したよの巻♪

f0078014_23574769.jpg
7月11日(土)のこと。
MOMOちゃんが、アイスクリームを食べたい!というので、三川ジャスコのサーティワンアイスクリームへ行ってみたら、長蛇の列にビックリした!
何事かと思ったら、『チャレンジ・ザ・トリプル7月12日まで実施中!』とのことで、「いま、ダブルをたのむとトリプルに!」というキャンペーンをやっていたのだ。
もちろん、列んで、『チャレンジ・ザ・トリプル!』016.gif
レギュラーのトリプルと、スモールのトリプルの2種類があったので、スモールのトリプルを400円で注文した。

f0078014_03114.jpg
ジャーン!
上から順に、
『プリン ア・ラ・モード』(プリン ア・ラ・モードの美味しさそのまま!カスタードとカラメルのアイスクリームにオレンジとメロンのリボンがとろ〜り)、
『ナッツトゥユー』(5種類のナッツが入ったナッツファンのためのアイスクリーム)、
『ポッピングシャワー』(お口の中で、ポップロックキャンディが次々に弾ける楽しいフレーバー)。


ところで、お味の方は・・・『プリン ア・ラ・モード』は、お約束通りに激甘!その中に、酸味のあるオレンジやメロンの味がして面白かった。
『ナッツトゥユー』は、ナッツ好きには、たまらない!甘さも少し控えめで、これは、リピ決定!
『ポッピングシャワー』は、昔からずーっと気になっていたけれど、頼む勇気がなかった。今回、トリプルおまけって感覚なので、初チャレンジ!お口の中で、爆竹みたいになったらどうしようとドキドキしていたのに、「あれれっ?」っていうほど、おとなしかった。味もつかみところがなく、見た目がかわいいということで、人気があるアイスクリームなんだろうなと思った。

ただ、好みは、ひとそれぞれ。31種類の中から選ぶ楽しさがあるよね!006.gif

これからの季節だば、もさもさってっど、でろでろなっさげ、ちゃっちゃどかんね人は、シュガーコーンでねぐ、ワッフルコーンさすっが、カップさしたほが、いんでろの〜!(←なぜか、ここだけ庄内弁!)
[PR]
by starlitsky_2006 | 2009-07-16 23:58 | SWEETS

仙台パピナ名掛丁のROMAND ROLL[フランスロール]メルヘンチック&ハッピーデイの巻♪

f0078014_124345.jpg
土曜日のこと。諸用があり、仙台へでかけた。
午前中に用事を済ませ、昼からは、仙台中心部へと繰り出した。
久々の仙台駅前!
駅を囲む商業テナントが、大きく様変わりしていて驚いた005.gif


f0078014_12514398.jpg
駅からすぐの<パピナ名掛丁>アーケード街にROMAND ROLL[フランスロール]の店を発見した。
「あ、マネーの虎の店だ!」と、すぐに気がついた。
一台の車両販売からスタートし、「マネーの虎」たちの舌を唸らせ、見事、全国フランチャイズに展開させたROMAND ROLL[フランスロール]をぜひ、食べてみたいと思い、立ち寄ってみた。

お店には、若い人の行列がずらり。
並んでいて気がついたのであるが、4月4日は、ぞろ目の日とのことで、毎月1回の「メルヘンチック&ハッピーデイ」だったのである。
おかげで、平常価格から100円引きの感謝価格で購入することができた。ラッキー024.gif
私は、「ずんだ&抹茶白玉ロール(きな粉入り)」を食べたかったのであるが、数量限定とのことで、オーダーすることができなかった。というわけで、スタンダードな「生イチゴチョコ生クリーム」をオーダーすることにした。
会計をしてから、目の前で、フランスロールを焼いてくれる。
手際よく生クリーム、チョコ、イチゴをクルクルクルッとロールして、「はい」と手渡してくれた。
そのライブ感が、すごく嬉しくて、楽しい016.gif

画像は、「生イチゴチョコ生クリーム」と「チョコ生クリーム」。
気になる味は・・・普通のクレープよりも、軽い食感だった。中身は、普通のクレープと同じなので、劇的に味が違うという感じではないけど、軽い生地は、美味しいと思う。

次の機会があったら、仙台らしく「ずんだ&抹茶白玉ロール(きな粉入り)」を食べてみたいなぁ〜。
[PR]
by starlitsky_2006 | 2009-04-07 13:35 | SWEETS

ホカホカ、あったか手作りスイーツ「バナナケーキ」と「スイートポテト」の巻♪

f0078014_1630078.jpg
昨夜、知人宅へお邪魔したら、奥様が作った「バナナケーキ」と「スイートポテト」を頂戴してしまった。
焼きたてホヤホヤの焼き菓子で、両手の上に載せると、手のひらにあたたかさがジーンを伝わってきて、心まであたたかさでジーンとなった。思わず、目がうるうるしてしまった。


f0078014_16445942.jpg
「バナナケーキ」の半分を頂いて、思わず、幼少時代のことを思い出してしまった。
私が幼稚園の頃、近所の友達の家に遊びに行ったら、その家のお姉さんが、ちょうどこんな感じの「くるみのケーキ」を作っていた。家の中に、ケーキが焼ける美味しそうなにおいが漂っていた。
帰りに、焼きたての「くるみのケーキ」の半分をアルミホイルに包んで、お土産に頂戴した。
その時のケーキのあたたかさと、嬉しさが忘れられず、それが、私のお菓子作りの原点になっている。

この「バナナケーキ」は、まさにその時の感激を思い出させてくれた。
本当に嬉しくて、嬉しくて、たまらなかった。
やはり、手作りのぬくもりあふれるお菓子って、いいなぁ〜と思う。



f0078014_16571519.jpg
それから、スイートポテト。
さて、さて、このホイルの中からどんな「スイートポテト」が顔を出すのかな〜?開けるのにドキドキ016.gif


f0078014_1658395.jpg
うわぁ〜!美味しそう016.gif


f0078014_16591799.jpg
さつまいもの皮を残して作るって、手間がかかるんだよね〜。
出来立てホヤホヤの「スイートポテト」を頂いて、幸せだなぁ〜と思う。

今年になってから、音楽活動の方に重点をおいて、あまりお菓子を作っていない。でも、再び、お菓子作りの原点に触れて、「やっぱり、作らなければ!」という気持ちにさせられた。
これもまた、何かのご縁なのだろう。
「お菓子の焼ける匂いが漂う家は、幸せな家である。いや、幸せになるために、お菓子が焼ける匂いのする家にしましょう」といったことをお菓子研究家の先生がテレビで話していたことをふと思い出した。
[PR]
by starlitsky_2006 | 2009-03-26 17:21 | SWEETS