「ほっ」と。キャンペーン

Rico's Room

rico2006.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:TRIP( 81 )

『仙台光のページェント2010』で、再会したわんこ号!の巻♪

f0078014_23293155.jpg
先日、『仙台光のページェント2010』を二日間楽しませてもらった。
昔、定禅寺通のオフィスに勤めていた頃は、12月になると、毎日見ていた光景だったので、私には、とてもとても懐かしくて、たまらなかった。
オフィスから見下ろした光のページェントは、黄金の天の川のような景色は、圧巻!


f0078014_23392312.jpg
西公園には、こんな感じのイルミネーションがたくさん展示してあった。西公園も、たくさんの人で賑わっていた。


f0078014_23404940.jpg
一番町を歩いていたら、この子たちに遭遇した!
去年の夏に、仙台七夕まつりでも出会った子たちだ!
クリスマスバージョンで、トナカイの角がついていた。トレードマークの眼鏡は、健在!
ちゃんとおすわりしたままで、自分達の仕事だとわかっているような感じだった。
飼い主のおじいさん・・・ここまでやるんだったら、サンタクロースの格好すれば完璧なのになぁ〜と思ったのは私だけだろうか?

我が家のわんこ隊をここに連れて行ったら、人に囲まれて、きっと大変なことになるだろうなぁ〜emoticon-0107-sweating.gif
[PR]
by starlitsky_2006 | 2010-12-07 23:51 | TRIP

山形県寒河江市『PEpEroncini。 Bau。Bau(ペペロンチーニ バウ。バウ)』で、旅のフィーナーレの巻♪

f0078014_141939.jpg
ようやく、2010年4月27〜29日の旅日記の最後の記事です!
長らくお付き合いいただいているみなさん、誠にありがとうございますemoticon-0139-bow.gif
まあ、これだけ内容の濃い旅だったということと、最近、お仕事がいっぱいで、なかなか更新ができないということで、旅日記がダラダラと続いてしまいまして、申し訳ありません。

しばらく仕事の忙しさは続きますので、ブログはお休みがちになると思います。その代わりと言ってはなんですが、ツイッターの方で、ツイートしていきます。当ブログの左側のバーの下の方にツイッターを貼っておりますので、覗いてみて下さい。よろしくお願い致しますemoticon-0139-bow.gif


というわけで、4月29日のお昼に寄ったのは、山形県寒河江市のこだわりスパゲティ・ピザ専門店「ペペロンチーニ カザレッチョ - バウ。バウ」さん。

一つの建物が真ん中で仕切られていて、こちら右半分の建物が、犬同伴OK席ありのイタリアンレストラン『PEpEroncini。 Bau。Bau(ペペロンチーニ バウ。バウ)』。


f0078014_1133772.jpg
こちらの左半分の建物が、犬がNGの一般向けイタリアンレストラン『PEpEroncini。 casareccio(ペペロンチーニ。カザレッチョ)』となっていた。


f0078014_1164983.jpg
中に入ったら、満席でビックリした。人もいっぱい!わんこもいっぱい!!
店内には、美味しそうなイタリアンの匂いがプンプン漂っていた。
ぷぅ〜は、ちょっぴり興奮気味だった。


f0078014_120385.jpg
隣の席には、イタグレとシーズー連れのご夫婦が座っていた。
テーブルが近いので、わんこ話で盛り上がった。
ドッグカフェとして、コミュニケーションを楽しめるテーブル距離がちょうどよい感じがする。席が離れ過ぎているドッグカフェは、なかなか他のお客さんに自然に声が掛けにくくて、盛り上がりに欠けてしまう。このテーブルのほどよい距離が上手なお店はありがたいと思う。


f0078014_1293369.jpg
f0078014_1294745.jpg
DOGメニューが充実していてビックリした!さすが、プロの料理人のいるレストランは、DOGメニューも手のこんだものばかりで、すごいと感心してしまった。
お隣のテーブルのワンちゃん達が、美味しそうに食べていたので、それを見たら、家のわんこ隊にも同じメニューを食べさせたくなった!
やっぱり、このテーブルの距離は、刺激を受けるよね!


f0078014_1321943.jpg
というわけで、わんこ隊のために注文したのがこちら。「国産鶏レバーのテリーヌ」
器もほんのり温められていて、まるで、人間のおもてなしと一緒!
あ!そういえば、最初にわんこ用のお水を運んでくれた!わんこにも、人間と同じサービスをしてもらえたら、飼い主は嬉しくって、わんこメニューを頼んじゃうよね!

私の母は、「すごく美味しそうな匂いがする!」と言って、1つのテリーヌを3つに分けた。お野菜等がたっぷり入っていて、人間が間違えて食べてしまいそうなほどの手の込んだわんこメニューに、飼い主達は、きっと感激することだろう。

そして、お味の方は・・・グルメぽぉ〜が、お皿から一度も顔を離さなかったので、間違いなく美味しかったのだろう。わんこ隊が嬉しそうにテリーヌを頬張る姿を嬉しそうに見つめる我が両親の目尻の下がった顔が忘れられない。溺愛という言葉がぴったりである。

このレストランには、そんな飼い主でいっぱいだった!emoticon-0136-giggle.gif


f0078014_1443327.jpg
ちょうど、団体テーブルの方々帰られたので、写真をパチり。もちろん、たくさんのワンちゃんが同伴されていた。

トイレは、一般レストラン側の方にあったので、そちらを覗いてみると・・・一般レストランもお客さんでいっぱいだった!

これは、きっと美味しいに違いない!と、期待した。


f0078014_14817100.jpg
前日の昼と夜に生パスタを食べたので、ミックスピザを注文した。
カリカリの生地にバジルの風味、トマトの酸味がさっぱりとしたピザでとても美味しかった。
コーヒーも美味しかった。
お客さんでいっぱいなのも納得できた。
ドッグカフェといっても、やっぱり美味しくなければ、お客さんは来ない。本物のレストランシェフの味を楽しめるドッグカフェは、極めて珍しい。
こういう本格レストランがドッグカフェを併設しているスタイルは理想的だと思う。流行るには、ちゃんと流行る理由があるよね!


f0078014_1553841.jpg
食事を終えて帰ろうと思ったら、たった1kgしかない可愛いチワワの女の子に声を掛けられた。
小さい子が大好きなぷぅ〜は、夢中になってこの子の耳の中に鼻を突っ込んで匂いを嗅いだので、「ギャン!」と怒られてしまった。ぷぅ〜は、いつもしつこくて嫌われてしまうのだ!

というわけで、ぽぉ〜がご挨拶。いつも、小さいと思っていたぽぉ〜が大きく見える!


f0078014_1585712.jpg
こうして見ると、やっぱりぽぉ〜は、キリリとした男の子の顔をしているのがよくわかる。
母は、可愛いチワワをみて、「あ〜、こういう小さい子を飼いたい!」と言い出した。私と父に、「もうダメ出ぞ!」と注意された。本当に、もう3匹で打ち止めにしてもらわないと困るemoticon-0107-sweating.gif

それにしても、今回の旅行は、天気は、いま一つだったかもしれないが、満開の桜に囲まれ、美味しい物をたっぷり堪能させていただいた。新しいわんこスポットはどれも満足できたしで、収穫の多い旅だった。

例年通りに桜が咲いていたら、山形ではなく、弘前へ行く予定だった。桜の開花が遅れたおかげで、山形県内を2泊3日してみたのだが、県内でも、楽しいわんこ連れの旅ができることを知り、とても嬉しかった。
そう思うと、庄内にわんこ連れで宿泊できる宿がないのは、本当に残念なことだと思う。
[PR]
by starlitsky_2006 | 2010-05-11 23:58 | TRIP

山形県長井市の雑貨・犬服・犬雑貨のショップ『Nilgiri(ニルギリ)』へお邪魔しましたの巻♪

f0078014_20104026.jpg
2010年4月29日のこと。
すみません。まだ、旅行記が続いております。

菓子司 福田屋さんの店内に、雑貨・犬服・犬雑貨のショップNilgiri(ニルギリ)の宣伝DMが置かれていたので、ちょっとお邪魔してみた。

「ペット美容室ぶるーむ」さんの白いお洒落な建物の中に「Nilgiri(ニルギリ)」さんが同居していた。

とっても可愛らしい看板を思わずパチリ。


f0078014_2018392.jpg
「Nilgiri(ニルギリ)」は、2009年11月にオープンしたばかりとのこと。
素敵な女性オーナーがこだわって仕入れた雑貨や手づくりした犬服などを取り扱っていた。
私は、馬油のハンドクリームを買ってみたのだが、これが、匂いがせず、サラッとしていて、とても気に入った。


f0078014_20251149.jpg
こじんまりとした可愛らしいお店。一人の女性が、夢を叶えたお店という感じたした。

犬服のリメイクなども行っているそうだ。
[PR]
by starlitsky_2006 | 2010-05-09 20:50 | TRIP

山形県長井市『菓子司 福田屋』さんに会いに行きましたの巻♪

f0078014_272069.jpg
2泊3日の旅もいよいよ帰路となった。蔵王温泉から移動し、長井市にある菓子司 福田屋さんへお邪魔した。
当ブログでも、昨年、私の両親がこちらへお邪魔した時の
記事をアップしたことがある。

私が幼い頃、父が福田屋さんのお菓子をお土産に買って来てくれたので、私にとっては、懐かしいお菓子がたくさん並んでいるお店で、とても初めてお伺いしたように感じなかった。
福田屋さんのお父さん&お母さんも、なんだか、初対面という気がしなかった。


f0078014_2143082.jpg
和菓子から洋菓子まで、種類がたくさんあって目移りしてしまった。
よくばりな私は、1種類ずつちょこちょこバラで買って、家でゆっくりと楽しませていただいた。
こちらは、焼きたてのもちパイ!撮影が終わってから食べようと思ったら、不覚にも、ぴぃ〜に食べられてしまった!くやし〜い!!emoticon-0120-doh.gif
母が何故かテーブルの下に置いたのが原因なので、ぴぃ〜を責められない。


f0078014_2185499.jpgf0078014_2197100.jpg「こくまろプリン」と黒ごま餡の「黒獅子最中」の画像。他にも、そばあげまんやビスコッティなど、とにかくいろいろと買ってきていただいてみた。
どれを食べても美味しくて、感激だった!
どれが一番と決められなかった。


f0078014_2221941.jpg
でも、一番オリジナリティを感じた商品が、やっぱり『縄文もち』だった。
くるみとかぼちゃの種が香ばしく、ほんのり醤油の風味がして、素朴な味わいがあと引くうまさの餅菓子。甘さがほんのりなのがいい。
日持ちするお菓子なので、おみやげとしても、最適である。


福田屋さんの裏には、国指定天然記念物の『草岡の大明神桜』があるので、その開花を楽しみにしていたのだけれど、咲き始めたばかりということと、雨が降っていたので、今回は、撮影を断念した。

古代の丘へも行きたかったのだけれど、雨なので諦めた。きっとこれは、「また日を改めて、福田屋さんに遊びに来なさい」と天に言われたのだと思い、長井市の観光はせずに、今後のお楽しみにとっておくことにした。

年内リベンジは、できるかどうか???次は、必ず「もちパイ」を食べるぞー!!!emoticon-0136-giggle.gif
[PR]
by starlitsky_2006 | 2010-05-06 23:54 | TRIP

蔵王温泉ペンション『リゾート・ヒューゲル・ジョーニダ』に宿泊の巻♪

f0078014_0301430.jpg
4月28〜29日にお世話になった蔵王温泉ペンションリゾート・ヒューゲル・ジョーニダさん。
今年の3月より、ペットと泊まれる宿になったばかりとのことで、今回の旅行の2泊目にお世話になった。


f0078014_035503.jpg
こちらが入口。
ヒューゲルとは、ドイツ語で、「丘」という意味だそうで、確かに丘の斜面に建っていた。
ジョーニダとは、ここの住所が「丈二田」だからemoticon-0136-giggle.gif
意味を教えていただいて、ようやく名前を覚えることができた。


f0078014_0401776.jpg
シックで、落ち着きのある部屋だった。
お風呂の写真は撮影しなかったけれど、大きな円形のジャグジー風呂を独占すると、とてもリッチな気分になれた。


f0078014_042046.jpg
夕食は、レストランにて。
わんこ隊を見たスタッフの方が、「こんなにお行儀のいいわんちゃんたちを見たのは初めて!」と誉めて下さった。
誉められて、嬉しそうなわんこ隊。特に、リーダーのぽぉ〜のリラックスぶりには、余裕を感じるほどだ。

蔵王の夜は、やはり冷え込み、捲ストーブの赤々とした炎が、ディナーの雰囲気を演出してくれた。


f0078014_0492030.jpg
前菜。ローストした鴨肉の上には、自家製の山葡萄液を使ったソースを使っていた。
本当に美味しかった。


f0078014_051598.jpg
こちらは、オーナーシェフ手づくりの「山葡萄の生パスタ」。
山葡萄の風味がしっかりとして、生クリームのまろやかさとベーコンの塩気の効いた絶品パスタだった。

お昼も、ドッグラン&カフェにて、生パスタをいただいたのだけれど、それとはまた違う食感で、別物といった感じだったので、美味しくいただけた。

生パスタの奥深さを感じた日だったemoticon-0110-tongueout.gif


f0078014_05667.jpgf0078014_0562435.jpg

f0078014_0565196.jpgf0078014_057556.jpg

一生懸命手を込めて作って下さったフルコースだったというのに、母は、ほとんど食べられなかった。
「私も、年をとって、食べらんねぐなたもんだの〜」という母。
それを聞いて、カチンときた私。
「何言ってんの!昨日の夜、私が残した芋煮汁をすっかり食べた上に、今日の昼も、食欲がないと言いながら、私たちのパスタを横取りして、ケーキまでたべたじゃん!若い人だって、あんなに食べたら、消化不良を起こすよ!」と叱った。

本当にジョーニダさんには、申し訳ないことをしてしまった。料理を出さなくてよいと思っても、あちらも、お金をいただく以上は、テーブルにださないといけないのだろうし・・・まずは、手をつけずに下げてもらうしかなかった。

旅先の体調管理、特に食べ過ぎには、気を付けなければならない。食べ切れない時は仕方がないのである。

まあ、母も美味しくて、ついつい食べてしまったと反省しているので、次からは、気を付けてもらいたいと思う。


f0078014_1122627.jpg
デザートまで、私は、しっかりといただいた。私も、連日に渡って、食べ過ぎているんだけどねemoticon-0141-whew.gif


続きはこちら
[PR]
by starlitsky_2006 | 2010-05-05 23:58 | TRIP

祝満開!南陽市『烏帽子山千本桜』と上山市『権現堂しだれ桜(ふりそで桜)』の巻♪

f0078014_22103150.jpgf0078014_22104816.jpg

2010年4月28日のこと。
米沢市のドッグラン&カフェVICTORY(ビクトリー)でたっぷり遊んで、食事してから、旅の2日目に泊まる蔵王温泉の宿へ向けて出発した。

途中、南陽市の烏帽子山公園に寄り道した。ここの烏帽子山千本桜は、日本さくら名所100選にも選ばれている。


f0078014_22184682.jpg
思いがけず、烏帽子山公園の満開の桜を楽しむことができて嬉しかった。


f0078014_22291526.jpg
そして、こちらは、蔵王温泉へ向かう途中で発見した上山市指定天然記念物『権現堂しだれ桜(ふりそで桜)』。

枝振りが見事で、遠くからでも存在感があった。
夜桜お七っていう感じがするなぁ〜。

今回の旅は、桜の開花情報に合わせて場所を選んだので、どこを見ても満開の桜が歓迎してくれて、思い出に残る春の旅になった。
桜は、いくら見ても飽きない。毎年、桜を見ると、日本人でよかったとしみじみ思う。
[PR]
by starlitsky_2006 | 2010-05-04 23:01 | TRIP

米沢市『ドッグラン&カフェVICTORY(ビクトリー)』へわんこ隊と行くの巻♪

f0078014_22411791.jpg
2010年4月28日のこと。
蔵王温泉『大平ホテル』さんをチェックアウトしてから、昨年、米沢にオープンしたというドッグラン&カフェVICTORY(ビクトリー)へ初めてお邪魔させていただいた。

こちらには、屋外&屋内のドッグランが完備されているので、天気が悪くても、安心して、わんこを遊ばせることができる。しかも、屋外&屋内の両方に小型犬用のスペースがあるのが嬉しい♪


f0078014_22482974.jpg
前夜に降った雨のため、今回は、屋内のドッグランで遊ばせていただいた。
我が家のわんこ隊3匹で、たったの1,300円!時間の制限もなく、とてもありがたかった。

この画像の右奥が、小型犬用の屋内ドッグラン。でも、この日は、他のお客様がいなかったので、貸切状態だった。
持参したボールで、あばれまくるぷぅ〜!やっぱり広い場所で遊ぶと楽しいよね!


f0078014_22531375.jpg
ぽぉ〜も、ぴぃ〜も走り回っていた。こんなに素敵なドッグランがあって、よかったぁ〜!


f0078014_22544450.jpg
このドッグランの中で、お食事をすることもできる。
でも、今回は、カフェの方で、ランチをいただくことにした。


f0078014_22573985.jpg
ランチタイムには、一般のお客さんたちがいた。一般の方も、ランチを楽しむカフェということは、きっと美味しいお店に違いない!という予感がした。

奥のソファー席に案内され、着席させて頂いた。バスケットから出ないマナーのよいわんこ隊を誉めてくださった店長さんが、わんこ隊の写真をiPhoneで撮影して、ドッグカフェ日記にブログアップして下さった。嬉しいなぁ〜emoticon-0100-smile.gif


f0078014_2382228.jpg
ランチの料金もリーズナブルだった!生パスタだというのに、サラダ+ドリンク付きで、880円!!
こちらは、父がオーダーしたナポリタン!
生パスタのもちもちした食感に父が「うまい!」と喜んでいた。


f0078014_23105935.jpg
私がオーダーしたのは、クラムチャウダーの生パスタ。
本当に生パスタの独特な食感に感激した。普通の平べったい生パスタの食感とは別物!讃岐うどんときしめんと冷麺とパスタをブレンドしたような食感だった。
「うわぁ〜、これは、リピーターがいるはずだ!」と思った。


f0078014_23142232.jpg
そして、母は、「私はお腹が空かないから、ケーキセットにする」といってオーダーしたのが、モンブランとアイスコーヒー。
お腹が空かないと言いながら、母は、「生パスタってどういうの?」と私たちのパスタを横取りして完食!おまけにモンブラン!!結果的に一番食べたのは、私の母だった!emoticon-0136-giggle.gif

ちなみに、このモンブランを一口いただいたけれど、とっても美味しかった〜♪私も、お腹に余裕があったら、1個食べたかったなぁ〜。


f0078014_23194338.jpg食後のコーヒーもたっぷりで、しかも美味しかった。
これまでの経験で、ドッグカフェというと、料理には、あまり期待してはいけないという印象が強かったけれどVICTORYさんは違っていた!

というのも、カフェは、飲食店として経験のある方が経営しており、一方、ドッグラン&トリミングルームとは、また別の経営で、分業ならではの手厚いサービスをありがたく感じた。
VICTORYさんが、私の家のご近所だったら、きっと通うだろうなぁ〜と思った。米沢であることが残念!でも、また遊びに寄る楽しみが米沢にできたということは、嬉しいことである。


続きはこちら
[PR]
by starlitsky_2006 | 2010-05-03 22:32 | TRIP

山形県蔵王温泉掛け流し自家源泉とペット同室の宿『大平ホテル』後編の巻♪

f0078014_1203319.jpg2010年4月27〜28日にお世話になった山形県蔵王温泉掛け流し自家源泉とペット同室の宿『大平ホテル』さん。

夕食の十代辻屋鍋が素晴らしかったが、今日は、それ以外のネタを記事にしたいと思う。

旧館がペット館になっており、一般客とはきちんと隔離されていたので、わんこ連れにとっては、とても過ごしやすい環境だった。
古い建物とはいえ、特殊な加工をされた新しい畳を使用されていた。

お部屋に入ると、わんこ用のおやつが用意されていた。人間にもお茶やお菓子、ウエルカムドリンクなどサービスが付いていた。


f0078014_1321695.jpgf0078014_1323082.jpgお部屋の中では、わんこを自由にしてよいのだけれど・・・気がつくと、一番小さいぽぉ〜用のバスケットに、ぴぃ〜やぷぅ〜が入っているのでビックリした!
どうやら、狭くて小さなところが好きならしい。・・・窮屈じゃないのかなぁ〜???


f0078014_1352199.jpgこちらのお宿には、ペット貸切風呂&トリミングルームが新設された。
わんこ専用風呂には、ちゃんとジェットバスが付いていて、凄かった!


f0078014_137552.jpgこちらは、ペットと一緒に入れる貸切風呂。
有料であるけれど、こういう設備は、ありがたいと思う人がいると思う。

「旅先で、わんこが汚れてしまったらどうしよう?宿のお部屋を汚してしまったらどうしよう?」と心配する必要がなくなる。ここで、ペットを綺麗に洗えばよいのだから。


f0078014_1425798.jpg
こちらは、宿の朝食。
先日の夜が、とんでもないボリュームだったので、これくらいがちょうど良かった。お宿の食事は、どれを食べても美味しかった!調理長さんに感謝♪

食事は、お部屋出しやペット専用レストランなどが選べ、ペットと一緒に食事ができるありがたいお宿だった。

お風呂の泉質がよく、肌がつるつるになった!「蔵王温泉って、いいところだったんだ!」ということを知ることができたのは、この宿が、ペット受け入れをして下さったおかげである。ペットと泊まれる宿がなければ、ペット連れでの旅行はあきらめなければならない。

庄内には、ペット受け入れの宿がないので、「わんこ連れで、観光へ行きたいけれど行けない!」と言われている。とても残念なことだと思う。

ちなみに大平ホテルさんのすぐ近くに、蔵王温泉 大露天風呂があった。
有名な大露天風呂を橋の上から見下ろしたら・・・野趣あふれる大露天風呂にすっぽんぽんのおじさんがたくさんいて、ビックリした!
女風呂は見えないようになっているらしいけれど・・・ここまでオープンだと、むしろ開放的でいい!
私の父も、天気が良かったら、旅の思い出に入ってみたかったと言っていた。私も、男だったら、絶対に入っただろう!
きっとGW中は、混み混みなんだろうなと思う。
蔵王温泉は、また行ってみたいスポットである。
[PR]
by starlitsky_2006 | 2010-05-02 23:58 | TRIP

オカマじゃないの!オナベなのっ!!『大平ホテル@十代辻屋鍋』の巻♪

f0078014_2233992.jpg
2010年4月27日に宿泊したのが、山形県蔵王温泉掛け流し自家源泉とペット同室の宿『大平ホテル』

送迎バスが、このわんちゃん号にリニューアルをしたという宿のブログを見て、宿泊を決めた。
ここまで、わんこ宿として「やる気」をアピールしている宿は、まだまだ東北では少ないからだ。

平日のリーズナブルなプランもあったけれど、私は、『十代辻屋鍋』に興味津々で、これ以外のプランは考えられなかった。
『十代辻屋鍋』というのが、先日のクイズの答えemoticon-0136-giggle.gif


f0078014_2324823.jpg
昔、辻屋ホテルという名前だったそうで、現在は、大平(オオヒラ)ホテルの十三代目が社長を務めている。
十代目の社長が、アルミ合金を使用し、蔵王のお釜を5万分の1の大きさに特注した驚愕の鍋を造ったのだそうだ。
メジャーで測ったら、60cm×50cmほどで、高さは10cm位だった。目の前でみると、かなりでかい!
お釜の部分にダシを注いでもらった。ここで、鍋料理を楽しむのである。


f0078014_2421149.jpg
そして、こちらが、『十代辻屋鍋』三人前の具材!
ものすごいボリュームに圧倒されるほど。
お肉は、牛、豚、鶏、鴨の4種類だった。
このお肉をどうするかというと・・・なんと、「この山肌で焼く!」のである!!

要するに、この『十代辻屋鍋』では、鍋料理とバーベキューが、両方とも楽しめるという食いしん坊には、たまらない調理器具(?)なのだ!!


f0078014_2461148.jpg
食事の前に、記念写真を撮っていただいた。
鍋の下に大きなガスコンロがあるので、まるで、お釜が空中都市のごとく浮かんでいるのが、なんだか神々しく見える!emoticon-0136-giggle.gif



f0078014_2484734.jpg
お食事中は、わんこ隊は、バスケットの中で、おとなしく待っている。
この写真を見たら、なんだか、わんこ隊をお釜へ連れて行った記念写真のように見えてしまったemoticon-0136-giggle.gif
「蔵王に来たぞ!」という実感がした。



f0078014_2502635.jpg
いよいよ鍋に点火!
私も、両親も、どんな風になるんだろう??とテンションが上がっていたemoticon-0104-surprised.gif


f0078014_2522776.jpg
じゃ〜ん!!
「お肉は上の方で焼いて、下の方で、野菜を焼いてください」とアドバイス通りに具材を置いてみた。
もう、可笑しくって、ゲラゲラ笑ってしまった!

一度に具をのせてしまうと、ゆっくり座って食べてなんかいられない!
立ち膝になって、格闘した!

母は、こうなることを予測して、家から洗濯バサミを持参していた。その洗濯バサミで、浴衣のたもとを肩の上でまくし止めて参戦!仲居さんもきっと、肩に洗濯バサミで止めているお客さんを見たのは、はじめてだっただろうemoticon-0136-giggle.gif



f0078014_2553074.jpg
別のアングルからのショット!
画像手前の山形県側の山肌は、ガスコンロから遠くあまり火が強くなかった。お肉を焼くには、宮城県側の山頂付近がベストというのが途中からわかり、コツをつかんだ。山形県側の山肌は、焼き上がった具材を避難させる場所に最適だった。


続きはこちら
[PR]
by starlitsky_2006 | 2010-05-01 05:51 | TRIP

「満開の桜と上山城」へわんこ隊と行く2010の巻♪

f0078014_025468.jpg
2010年4月27日のこと。
GWは仕事が入っていたので、フェイントして、2泊3日で、わんこ隊と両親とで、旅行へ行ってきた。
「今年は、弘前の桜を見てみたい!」と思っていたのだが・・・寒い天気が続いて、大幅に桜の開花が遅れてしまった。
そこで、桜の開花情報を見てみると、山形市あたりが、満開の見頃と出ていたので、今回は、蔵王温泉に2泊することにした。

初日、予定よりも、かなり早く山形市へ着いてしまったので、上山城へ寄り道してみた。

桜が満開だというのに、人は、パラパラだった。冷たい風が強く吹いていたからだろう。
でも、人がいないおかげで、こんな写真をとることができた。
弘前へ行かなくても、ちゃんと満開の桜とお城とわんこ隊のショットを撮る事ができて、ラッキーemoticon-0148-yes.gif



f0078014_038974.jpg
天守閣を撮れる位置からパチリ。
桜とお城をバックに、崖の上のぽぉ〜、ぷぅ〜、ぴぃ〜って感じemoticon-0136-giggle.gif



f0078014_040185.jpg
桜が満開の時期は、人でいっぱいになるはずの公園も、がら〜ん。
売店は、「暖房中」の貼紙で、入口のドアは閉まっていた。いつもは、解放して、お団子&お茶をいただく人であふれているのになぁ〜。
今年は、異常だと思う。


f0078014_047293.jpg
「ふれあい足湯」を発見!
もちろん、わんこ隊は入れられない。濡らしたら、上がってからブルブルに震えだしそうだよね!
実は、この時、私の後ろにも、カメラを向けて撮影していた人が何人かいた。
いつものことだけれど、わんこ隊から離れられなくて、ずーっと一緒について回る人がいる。可愛くて、仕方がないらしい。

そんな旅先での出会いも、わんこ連れならでは♪


そういえば、昨年の12月から、仕事やライブと、緊張の毎日が続いていた。やっと「心の洗濯がゆっくりできた!」という感じだった。
家族と過ごす時間を大切にしよう!と改めて思った。


今日から、2泊3日の旅のレポを何日かに分けて、ブログUPしますので、お楽しみに♪
[PR]
by starlitsky_2006 | 2010-04-30 23:58 | TRIP