Rico's Room

rico2006.exblog.jp
ブログトップ

<   2007年 02月 ( 16 )   > この月の画像一覧

『鶴岡デザインオープンカレッジ2007』赤池学氏の講演会

f0078014_12511012.jpg昨夜、『鶴岡デザインオープンカレッジ2007』が庄内産業振興センターマリカ市民ホール(鶴岡駅前マリカ西館3階)にて開催された。
私が、加入させていただいている(社)日本グラフィックデザイナー協会が主催ということで、今回、私も参加させていただいた。
f0078014_13171318.jpg
今回の講師の先生は、「世界一受けたい授業」にも出演された赤池学先生。2時間のご講義であったが、内容てんこ盛りで、大感激の内容であった。
赤池先生の実例をあげてのお話をお聞きし、「まだまだこれからいろんなことができる!まだ、やっていないことがたくさんあるぞ!」と、思いっきり視点を広げていただいたように感じた。

講演会が終了してから、赤池先生を囲んで、主催者との交流会がRIDEAにて行われた。
もちろん、私も、ドキドキワクワクした気持ちで参加。

f0078014_13272058.jpgf0078014_13273627.jpgf0078014_1328452.jpgf0078014_13281856.jpg10人での交流会であったが、なんとラッキーなことに、私は、赤池先生の隣の席!!!
「これは、チャンス!」と思い、失礼と思いながらも、いろいろなことを質問させていただいた。
どんな質問に対しても、私が想像する範囲を飛び越えたスケールの大きな視点でのご回答をいただき、目からウロコを何枚もはぎ取っていただいた。
日本中ひっぱりだこの大先生が、私のような小さな相談や質問に、実例をあげて、きちんと答えてくださる姿勢には、頭が下がる思いであった。
赤池先生から頂戴したアドバイスを参考にして、なんとかカタチにしたいと思う。

JAGDAに入会させていただいたおかげで、このように現在大活躍されている先生から、直接アドバイスいただけたことを本当に幸運に感じている。

赤池先生は、今週末にまた「世界一受けたい授業」の収録をされるそうだ。「4月頃にはオンエアになるんじゃないかな?」とおっしゃっていた。赤池先生が出演される「世界一受けたい授業」を多くの方々に見てもらいたいと思っている。

f0078014_13435921.jpg余談であるが、こちらは、試作品の「庄内柿のジュース」。
熟した庄内柿をまるごとしぼったジュースなのだそうだ。
飲んでみると・・・「あ、そのまんまの味だ!」
結構、濃厚な味わい。
ただ今、販売に向けて、調整中とのこと。
[PR]
by starlitsky_2006 | 2007-02-28 14:06 | DESIGN/ART

茨城県産『干し芋』もらったよ♪

f0078014_21195665.jpg
先週、みのさんの番組で、『干し芋』を生産している茨城から生中継していた。
『干し芋』用の芋を蒸して、スライスして天日で干す。重労働なんだなぁ〜。でも、見ているうちに無性に食べたくなってきた!
夕方、親戚の家に寄ったら、なんと、偶然にも茨城県産の『干し芋』を頂戴してしまった。「え〜!どうして、私が『干し芋』食べたかったのが分かったの!?もしかして、みのさんの番組見ていたの?」と聞いてみたが、その番組は見ていないそうで、本当の偶然だったのだ。

無性に食べたいと思っていた物が、天から転がって来たようなありがたい気分で、軽くあぶっていただいた。
画像上が、あぶる前の『干し芋』。画像下が、あぶった後。あぶると、香ばしくて甘い香りが漂い、ふっくらとして、飴色に変わる。
あつあつのうちにいただく。石焼き芋とはまた全然違う味わいである。はぁ〜、美味しい。身体にとてもよいおやつだと思う。熱い緑茶が最高に合う♪


f0078014_2141149.jpg
「美味しい!美味しい!!」とほおばっていたら、なぁ〜んか、つよ〜い視線を三方向から感じた!(^^;
もちろん、『干し芋』は、わんこ隊の大好物!!
でも、歯にひっかかって、わんこのおやつとしては、あまりよくないみたい。まあ、そんなにいただけるものではないので、今日は、特別にね!(^^;

茨城県産『干し芋』、美味しいね♪by わんこ隊
[PR]
by starlitsky_2006 | 2007-02-27 00:06 | FOOD

わんこフリース隊、施設へ慰問に行ってきたよ♪の巻

f0078014_17313743.jpg
この可愛いお洋服は、昨年のクリスマスにサンタさんが、わんこ隊のためにプレゼントしてくれたもの。プレゼントに添えられていたメッセージには、「これからも、わんこの代表になって、施設慰問を頑張って欲しい」と書かれてあった。サンタさんのお気持ちが嬉しくて、わんこ隊にこの服を着せて、施設慰問する日を楽しみにしていた。
1月は、お正月バージョンで、振り袖&袴姿で訪問したので、今日は、このフリースで訪問させてもらった。
f0078014_17373569.jpg
f0078014_17374720.jpg訪問するなり、「可愛い〜!可愛い〜!!」とおじいさん&おばあさん達は大喜び♪
「またまた、可愛いお洋服着て来たのね〜」と、毎回洋服にも興味を持ってもらえるのはとても嬉しい。みなさん、まるで、孫を迎えるようなとても柔和な表情をして、喜んで下さる。
わんこ隊は、おやつをおあずけ、お手&おかわりして、頂戴する。
f0078014_17452578.jpg
今日は、最後にわんこ隊の服を脱がせて、バリカンでつるつるになったところを触ってもらった。ぷぅ〜だけでなく、ぽぉ〜とぴぃ〜もバリカンで刈り上げたのである。服を着ると、毛玉が出来やすいので、かえって服を着る時期は、この方がよいように思う。
つるつるのわんこ隊を抱っこしたおじいさん&おばあさん達は、「あったこのぉ〜」と、わんこのぬくもりを肌で感じて、とても喜んでいた。体温を感じる喜びというのは、動物好きにはたまらないことである。

f0078014_19392634.jpg
これは、バリカンで刈ったわんこ隊の毛。先日刈った3匹分の毛は、レジ袋にいっぱいになるほどの量であった。
母はこれを見て、「ああ〜、つむぎ機があったらいいのになぁ〜」とつぶやいた。先代わんこを飼っていた時も、犬の毛を集めて、同じことをつぶやいていたことを思い出した。でも、「つむぎ機なんて売ってないよね〜」といつもそれで諦めていた。
「あ!ネットで探してみたらどうだろう?」と思い、検索。「おお〜!あった!あった!!つむぎ機が!!!」
でも、ちょっといい値段の39,690円。父は、「そんなもの買ってどーする!」と反対。母は、「自分の夢を買うんだからいいのよ!」と目を輝かせて、即決購入!!一週間以内に届く予定。
自分で組立てなければならないらしい。果たして、無事に組立てて、わんこ隊の毛をつむぐことができるのであろうか??もちろん、母は、糸をつむいだ経験は全くない!
「なせば成る なさねば成らぬ 何事も」を座右の銘にする母らしい行動だと思う。(^^;
[PR]
by starlitsky_2006 | 2007-02-26 20:35 | DOG

クロテッドクリーム入手したので、『ラムレーズンスコーン』作り♪

f0078014_21273737.jpgこれは、製菓・製パン技術者のための『国産バター・生クリーム ハンドブック』。
発行は、(社)日本乳業協会で、非売品。
これには、バター&生クリームの基礎知識や国内8社の乳製品の紹介と比較表などが載っている。大変貴重な資料であり、本当に役に立っている。
とても小さな本であるが、プロ用の洋菓子やパンのレシピまでも紹介されている。
私の宝物である。

サワークリームやクロテッドクリームなどを製造している会社は、国内では限られている。
今回、中沢乳業から、サワークリームとクロテッドクリームを購入。
クロテッドクリームといえば、スコーン。
ということで、『ラムレーズンのスコーン』を焼いた。
f0078014_21573385.jpg


f0078014_21575523.jpg

中沢乳業では、非発酵バターしか製造していないので、明治乳業の発酵バターを使用して、焼き上げた。このように、全ての乳製品の種類が揃っている乳業会社はないのだ。いくつかの乳業会社の製品を組み合わせなければならないのが現状である。
画像の中央に添えてあるのが、クロテッドクリームである。生クリームを濃厚にした感じの味で、クリームチーズと生クリームの中間のような固さ。スコーン以外に、お菓子や料理に使うクリームである。
サックサクに焼き上がったスコーンにとろ〜りとクロテッドクリームをのせて食べる。ん〜、美味しい。もちろん、この時とばかりに、レピシエのアフタヌーンティ−と一緒にいただいた。たまには、紅茶もいいものだ。

一方、サワークリームは、酸味のあるクリームで、ヨーグルトと生クリームの中間のような感じ。お菓子に使うが、肉料理に添えると、絶品である。
[PR]
by starlitsky_2006 | 2007-02-25 23:57 | Rico's café

ブログをはじめて、丸1年が経ちました♪

あらま!ブログ1周年だった!!
友達にブログの使い方を教えるために始めてみたブログであった。
1年経ってて、本当にビックリ!!
まさか、こんなにやるつもりで始めた訳ではないので、続いているのが、不思議なほど。
あっと言う間の1年だったけれど、ブログで振り返ってみると、いろんなことがたくさんあった1年であったと思う。
日記は続かない私が、ブログは続いているというのは、やはり毎日見て下さる方々のおかげである。今日、改めてみなさまに感謝を申し上げたい。

というわけで、今日は、こんな折紙を折って、動画でみなさまへメッセージをお送り致します(^o^)


f0078014_2313936.jpgf0078014_23132043.jpg
f0078014_23133894.jpgf0078014_23135191.jpg

光沢あるエナメルカラーの真っ赤な折紙。
さあ、これで、何ができるか、想像できますか??

正解は・・・
ジャーン!
『くちびる』で〜す♪
f0078014_23151868.jpg



それでは、Rico's Room管理人のRicoより、みなさまへ動画メッセージをお送り致します。
(音量には、どうぞご注意下さいませ)


[PR]
by starlitsky_2006 | 2007-02-24 23:25

旬の「きもど」を美味しく食べる!の巻

f0078014_217079.jpg先日、収穫した「きもど」。
泥を洗うと、こんな風に白い根っこがもじゃもじゃと姿を現す。
さあ、これからが更に大仕事!!キッチンはさみで、カットすると、ツーンと鼻をつく強烈なニオイが襲ってくる。まるで、玉ねぎをみじん切りしているような感じ。目が痛くなり、涙や鼻水がでてくる。とっても辛いが、これが、新鮮で美味しい「きもど」の証拠である。

f0078014_21184414.jpg
綺麗に洗った「きもど」を湯掻く。
はい、『水タコと「きもど」の胡麻酢みそ和え』の出来上がり〜♪
(この水タコも叔父から頂戴したものである)
いや〜、やはり旬の「きもど」は、絶品!
冬の寒い時期に雪の中で育つ「きもど」を食べると、自然と元気がでてくるなぁ〜!

f0078014_21361139.jpg
こちらは、『「きもど」の韓国風たらこ和え』。
たらこ、コチュジャン、刻みネギ、ごま油、だし醤油、酢を混ぜたソース。
チャンジャもどきの美味しさである。辛さが、白い御飯によく合う。


f0078014_21432049.jpg
そして、本日最後は、『「きもど」と「うな玉」のビビンバ』。
市販のうなぎの蒲焼きに酒を振りかけて、もう一度、グリルで焼く。
蒲焼きのタレをたっぷかけた御飯の上に「うな玉」をのせて完成。Rico風創作料理であるが、これは、「有り」だと思った。まぜまぜする時に、好みで、コチュジャンをプラスした方がいいかも。最後に、お茶漬けにしても、美味しいと思う。

「きもど」は、ニラやネギのように調理すると美味しい。
収穫〜下処理するまで大変であるが、また叔父の畑へ行って、頂戴したいと思っている。
叔父さん、美味しい「きもど」をありがとうございます!!たっぷり、ごちそうになりました(^o^)
[PR]
by starlitsky_2006 | 2007-02-23 00:09 | Rico's kitchen

ぷぅ〜ちゃんの冬毛よ、さようなら〜!オレンジの手作りわんこ服

f0078014_0522699.jpgf0078014_0523985.jpg
今年は、暖冬の影響で、白鳥の北帰行が早い。
我が家のぷぅ〜の冬毛の抜け始めも1ケ月早い。ということで、ぷぅ〜の体毛をバリカンで刈ることにした。でもさすがに、全身つるつるでは、ポメラニアンでなく、柴犬になってしまうので、服を着ている部分だけ刈った。(画像左:バリカン前 画像右:バリカン後)

「おお〜!ぷぅ〜ちゃんの短毛、可愛いじゃん!」ぷぅ〜の性格には、短毛の方が似合うように思う。ぷぅ〜ちゃんというよりもこぐまのプーさんのようになった背中をなでてみると、ツルツルして気持ちがいい。あ〜あ、すっきりした!これで、抜け毛対策になるといいんだけれど・・・

ちなみにぽぉ〜とぴぃ〜は、どちらにもマルチーズの血統が入っているので、下毛がなく、春になって、毛が抜けるという事がない。あまり知られていないようであるが、マルチーズは、抜け毛が少なく、体臭がないという素晴らしい血統である。
わんこの毛や体臭を気にする人にはおすすめの犬種である。


f0078014_1102494.jpgこちらは、昨日、ぷぅ〜とぴぃ〜が着ていたオレンジのわんこ服。
実はこれ、この2着がこんな感じにくっついて1着になっていた子供服。
母が、リサイクル用品の店で200円で買ってきて、二つに分けて、わんこ服にリフォーム。
最近、1着の子供服を2着に分けて作るという技を考えだした我が母。おそるべし!
「これだと、1匹あたり、100円で服が作れるよ〜」と自慢する母。
外で遊ぶと、服が汚れるので、確かに100円の服は、安心して着せられる。
f0078014_117417.jpg
こうして2つに分けた服にぷぅ〜は、男の子らしいアップリケ。ぴぃ〜には、可愛いリボンをつける。
でも、このアップリケ、どっかで見覚えがあるよなぁ〜と思っていたら、以前、ぷぅ〜が遊んでいたおもちゃだ!ボロボロになったので、ロゴの部分だけ切り取って、アップリケのようにしたのだそうだ。(笑)
母のリサイクル術には、脱帽である。
[PR]
by starlitsky_2006 | 2007-02-22 01:27 | DOG

わんこ隊、叔父の別荘へ「白菜」と「きもど」を穫りに行くの巻き♪

昨日、叔父から電話があった。「今、セカンドハウスの畑にいるから、きもど取りに来い!」と。
快晴だったので、気分転換に、わんこ隊と母を車に乗せて、叔父の別荘へと向かった。
叔父は、別荘と呼ぶのは照れがあるみたいで、セカンドハウスと呼んでいるようだ。
その別荘には、広い畑がある。農業機械やスプリンクラーを備えた本格的な畑作りなのであるが、これが、叔父の趣味なのだ!

わんこ隊が、畑に到着すると、ちょうど3時だったので、まずは、叔父にホットコーヒーと、先日焼いた『ショコラ・シュルプリーズ』を差し入れした。
畑にある大理石のテーブルに座り、叔父は美味しそうに頬張ってくれて、とても嬉しかった。私の焼いたベーグルをいつも喜んで食べてくれるので、少しばかりだが持参した。

コーヒーを飲みながら、「誰も、白菜を食べてくれないんだ」と叔父は、寂しそうにつぶやいた。
「ええっー!どうして!?家のは、沢山頂いたけど、すっかり食べてしまったよ!」と言うと、「じゃあ、好きなだけ、持って行ってくれ!」と言われ、包丁を借りて、母と白菜を収穫した。本来であれば、雪の中にあるはずの白菜が、今年は、表面が乾燥してしまっているので、中のみずみずしい部分だけ収穫した。
もちろん、白菜の収穫は、私にとって、生まれて初めての体験なので、面白くて仕方がなかった。へぇ〜、こんな風に育つんだ!と、感心するばかりであった。

f0078014_0414367.jpg
わ〜い♪
特大のゴミ袋に山盛り2袋収穫したぞ〜(^o^)
やっぱり、自分で収穫した白菜は、とっても愛おしい♪ありがたくいただきます!
ピザの食べ過ぎで、またまた体重が増えてしまったので、「今日から、白菜ダイエットだ〜!」(^^;


f0078014_044733.jpg
さて、これは、何でしょう??
正解は、これが、「きもど」です!
スーパーで売っている「きもど」しか見た事がない私は、「これがきもどだよ」って言われるまで、「きもど」には見えなかった(^^;
例年であれば、雪の下で育つ「きもど」。今年は、こんなにオープンで、味は違うのであろうか?
叔父が鍬で掘り起こしてくれて、それを井戸水で洗う。井戸水は、ぬるくて驚いた。この時期は、井戸水はぬるく感じるということも新発見であった。
「きもど」は、レジ袋に入れて車に入れたのであるが、車内が、「きもど」臭さでいっぱいになった。ニラやネギに近い強烈な臭いであった。きっと、ニラやネギと同じような調理が美味しいんだと思う。
そんなこんなで、自分で収穫するという喜びを体験させてもらえた叔父に感謝である。叔父は、「もっと欲しければ、いつでも、勝手に穫りに来ていいぞ!」と言ってくれるが、やはり野菜泥棒と間違われそうで、それはできない。
叔父への最大の感謝は、この頂戴した野菜をおいしく調理して食べることだと思う。

f0078014_0554895.jpg叔父の別荘から見える鳥海山。
もう春なんじゃないかと思うほど、すがすがしい景色であった。
この別荘に、鳥海山を眺めながら、入浴できる広〜い展望風呂を造った叔父。
叔父は、本当に凄い人だと思う。
私は、叔父から学ぶことが多く、尊敬する人物である。

f0078014_110982.jpg
畑仕事が終わってから、わんこ隊と遊ぶ。
ちゃんと、母の方を見て、「勝手に遠くへ行ってはいけませんよ!」と注意事項を真剣に聞くわんこ隊。
「おや?ぴぃ〜ちゃんってば、こっち見ないで、ちゃんとお母さんの話を聞きなさいってば!」まだまだやんちゃなぴぃ〜子だけ、ロングリードを使用。(←単なる長いヒモ!)(^^;

f0078014_114540.jpg
「さあ、3匹で、追いかけっ子大会だよ!よ〜い、ドン!!」

f0078014_1151629.jpg
と、一目散にぷぅ〜は、持参したトイレに駆け込み踏ん張る。(^^;
その光景をじーっと見つめるぴぃ〜。
「あんまりジロジロ見ないでよ」って、表情のぷぅ〜が笑えるが、これは、ぴぃ〜にとって、とっても大切な学習なのである。
「野外に行っても、トイレにする!」という学習。
これは、リーダーのぽぉ〜が実践して、ぷぅ〜に教えた。そして、ぷぅ〜の姿を見て、ぴぃ〜が覚えてくれるのである。
これをわんこがマスターすれば、芝生が枯れることがない上、ウンPを取り損ねることがなく、環境にやさしいのである。
トイレの脇に水もセットで用意してあげると、これを目印にして、遠くへ行かないようにするという役割にもなっている。

f0078014_1282825.jpg
ぴぃ〜ちゃん、生まれて初めて、松ぼっくりを発見!
このオレンジのぷぅ〜とぴぃ〜の服は、またまた母の手作り!最近、やたらと母の手作りの服が増えたのであるが、私がなかなか撮影できない状況なのである。
ブログネタは、たまりっぱなし!(>_<)

f0078014_1292928.jpg
リーダーのぽぉ〜。
どこへ行っても、必ずぽぉ〜が一番最初にトイレの場所を確認し、他の2匹にトイレを教えてくれる。
ぽぉ〜のお手本おかげで、多頭飼いが、本当に楽である。
ありがとうね!ぽぉ〜ちゃん♪(^o^)
[PR]
by starlitsky_2006 | 2007-02-21 01:54 | DOG

ベーグル!ベーグル!ベーグルぐるぐる!! Part.2

f0078014_14202639.jpg1ケ月近く、ベーグルを焼いていなかったら、家族から「また食べたい」とのオーダーがあり、久々に大量に焼いた。月末にむけて、忙しくなるからである。

全粒粉を使い切ってしまったので、慌ててスーパーへ。
売り場には、全粒粉とライ麦粉が並んであったので、思わず、『荒挽きライ麦粉』を手にした。
「全粒粉に比べてどう違うんだろう??」という興味から、今回は、ライ麦粉入りベーグルにしてみた。
ライ麦粉の方が、水分を多く必用であった。同量であれば、全粒粉の方が、存在感が残るかも。

f0078014_14345259.jpg
まずは、『ラムレーズンベーグル』。
ラム酒に漬け込んでおいた「ふさ干しレーズン」「グリーンレーズン」「サルタナレーズン」を混ぜ込んで焼いてみた。

f0078014_1437151.jpg
画像上の3個は、『ライ麦入りプレーンベーグル』。画像下の2個は、『ライ麦入りコーヒーベーグル』である。
コーヒーベーグルは、甘くない黒糖パンといった印象で、コーヒー味というより、香ばしさを感じた。

f0078014_1440093.jpg
そして、本日のランチは、『韓国風アボガドたらこ和えのコーヒーベーグルサンド』。
昨夜、何気にテレビの電源を入れたら、「アボガド明太あえ」を紹介していた。私は、いつものごとく、家の冷蔵庫の中にあるもので、見よう見まねでアレンジして作ってみた。なので、分量は、適当!味をみながら、好みで調整すればいいと思っている。
メキシコ産アボガドと韓国風の辛みとたらこの相性はバツグン!驚くほど、パンにとってもよく合う。これは、美味しい〜♪

<作り方>たらこ、アボガド、刻みネギ、コチュジャン、ごま油、だし醤油をまぜまぜ。(笑)

我が家の冷蔵庫には、たらこが山のようにあったので、それを使用。辛みがないところをコチュジャンでおぎなった。ごま油でのばせば、モロ韓国風!
なんと、母が、梅味屋さんのたらこ(切り子)を12,000円分、通販で購入したのであった!!
塩分4%で、京都の老舗料亭で使われているたらことのことで、期待をして注文したんだって!
その味とは・・・んめぇ〜!!さすがだね!
母曰く、「低塩たらこといっても、塩分4%しかないのは、はじめて見つけたんだ!」と鼻高々。
たしかにこんなにマイルドで上品な味のたらこは、生まれてはじめてである。たらこ好きの私にとっては、たっぷり食べられるのがうれしい(^o^)
たらこに付いていた表示を見たら、[原料原産国 アメリカ合衆国]と書いてあった。
「欧米かっ!?」
[PR]
by starlitsky_2006 | 2007-02-20 15:04 | Rico's café

父の誕生日♪『チージーロール』&『ショコラ・シュルプリーズ』

f0078014_1917564.jpg
父の誕生日ということで、久々にピザハットの韓国風プルコギMをオーダーした。新聞の折り込みチラシで見たこの新商品「チージーロール生地」が食べてみたかったのだ。やはり、普通のピザと違うので、興味がそそられる。新商品開発の努力を感じる。チージーロールとは、生地のみみの部分が、一口ずつつまめるようなロール状になっていて、中には、モッツアレラ、チェダー、パルメザンなど3種のチーズが入っている。とっても、もっちもちした食感の生地に驚いた。

f0078014_19362248.jpg
チージーロールも食べてみたかったけど、やっぱりスタンダードなパン生地の韓国風プルコギも食べたかったので、こちらもMサイズをオーダー。これに、エクストラチーズをプラスでトッピングしてもらった。
ん〜、やっぱり定番の味は、落ち着くなぁ〜。我が家では、韓国風プルコギのパン生地が、人気No.1!!
この韓国風プルコギの味とパン生地のふっくら感は、真似できそうにもないなぁ〜。久々にピザの老舗の味を堪能した。


f0078014_19485490.jpg
父のバースデーケーキは、『ショコラ・シュルプリーズ』を作った。
「シュルプリーズ」とは、フランス語で、「外見と中身の違いで人に驚きを与える」という意味。食べる直前に粉砂糖をふるだけの仕上げとは思えない驚きの美味しさ。
表面が天使の輪のように綺麗に盛り上がって、亀裂が入って嬉しい。この膨らみは、発酵バターが膨れて、さっくりと美味しくできあがった印。失敗ではない!
2〜3日おくと、中がしっとりとして、さらに美味しくなる。


f0078014_19585083.jpgスィートチョコレート、カカオマス、そして、画像のカカオリキュールなどを加えて、深い味わいのチョコレートケーキ。
もう少しでカカオリキュールがなくなりそうだ!このリキュールを加えると加えないとでは、風味が全く違う。

毎年、バレンタインデーの時にチョコレート菓子を作っているが、今年は、仕事が忙しくて作れなかった。すると、「あれ?チョコレートケーキが食べられると思ったのに〜」と家族からがっかりされてしまった。
「だって、今、忙しいんだもん」と言いつつ、期待されていたことに嬉しさを感じた。
というわけで、父の誕生日は、『ショコラ・シュルプリーズ』にしたのだ。誕生日なので、「ごりやく金箔」を中央にトッピングした。(^^;


f0078014_2010309.jpg

『ショコラ・シュルプリーズ』は、「チョコレートを食べるよりも美味しい」と、家族に喜んでもらえてホッとした。
画像のケーキは、焼き立てなので、まだしっとりしていない。2〜3日後が楽しみである。でも、それまで残っているのかな??(^^;

忙しいと言い訳せず、自分の寝る時間をちょこっと削れば、時間が作れるはずだと反省。家族あってこその仕事なんだよね。最近、家族に甘えすぎてました。m(_ _)m
[PR]
by starlitsky_2006 | 2007-02-19 00:01 | Rico's café