Rico's Room

rico2006.exblog.jp
ブログトップ

<   2007年 05月 ( 30 )   > この月の画像一覧

わんこ隊と行く旅『秋田&岩手編』vol.3<ホテル フッシュ>

f0078014_21554889.jpg
男鹿半島から、阿仁スキー場近くペンション団地にある『ホテル フッシュ』さんへ移動。途中、通り雨に降られて、2時間半かかった。
ペンションではなく、ホテルというので、どんなところだろう?と思って行ってみたら、本当にペンションではなく、ホテルであった。建物自体が、普通のペンションの2倍位の大きさで、驚いた。この日は、私たちに、トリプルベッドの角部屋を用意してくれていた。シックな調度品で、とても感じのよい部屋に感激した。ベッドの上には、バスローブ。他にも浴衣も用意されており、アメニティグッズが整ったサービスであった。バスルームも、広く、本当にホテルであった。
部屋の広さをわかるようにするために、わんこ隊を窓辺に置いてみた。

f0078014_2285889.jpg


f0078014_2222112.jpg18時半になり、ディナーのためにダイニングへ。とっても広いダイニングで、これまたビックリ!
大きな暖炉に薪がくべられていた。夜になるとまだ冷えるからと火を入れて下さっていたのであるが、暑がりの母がいたので、消してもらった。山の中なので、この時期は、温度管理が微妙な時期である。寒がりの私は、暖炉に火を入れてもいいんじゃないかと思ったのだが・・・?
それにしても、立派な暖炉。ちゃんと使っているところも、また素敵だと思った。
彫刻が美しいピアノや木の曲線が美しいロッキングチェア、シルバースプーンのコレクションなどがあり、優雅な感じがした。
ここで、結婚式をしたカップルもいるのだそうだ。小さな町の結婚式場や宴会場として、使われているとのこと。

f0078014_2234664.jpg
ディナーは、とても優しい味の洋食であった。生春巻きが、とっても美味しかった(^o^)
この日の宿泊客は、私たちだけだったので、オーナーの奥さんといろいろな会話をしながら、楽しく夕食をいただいた。

f0078014_23472618.jpg
こちらは、奥様手作りのパン。実は、こちらのオーナーの4代前の先祖が、「江川太郎左右衛門」という方で、日本で初めてパンを焼いた人なのだそうだ。(伊豆に銅像があるほど!ネットで調べたら、1842年砲術研究家・江川太郎左右衛門が日本で初めてパンを作ったことを記念してパン食普及協議会が1983年3月に毎年4月12日を「パンの記念日」と制定、毎月12日を「パンの日」と設定したとのこと)
フッシュさんでは、予約をすればパンを焼いてくれるという話を聞き、「先に知っていれば、予約できたのに、残念!」と言ったら、「朝に焼いて差し上げますよ」と奥様から、快く言っていただいた。おまけに、おすすめのワッフルも焼いて下さるというので、お言葉に甘えて、お土産にしたいので、パン35個とワッフル50個を恐縮しながらも、お願いした。
それにしても、私たちのディナーが終わってから、それだけたくさんの数を作れるというのだから、すごいものだ。さすが、15年間、ホテルを経営されてきた人は違うなぁ〜と感心するばかりであった。ダイニングに飾れていたパンのリースは、なんと、開業した時の15年前のものであった。パンは、焼き方次第で、15年も形が保存ができるとは、驚いた。今度、私も、飾り用のパンを焼いてみようかなと思った。

f0078014_11473929.jpg
ダイニングのイルミネーションを点灯してもらい、わんこ隊と一緒にディズニーランドで食事をしているような気分になった。まさか、こんな山の中で、こんなに華やかなもてなしをしていただけるとは予想外で、とても嬉しかった。
わんこ隊は、バッグの中で、ディナーが済むまで、おとなしく待っていてくれた。ぽぉ〜は、自分のおやつが椅子の下に落ちてしまったことを奥さんに手で合図して知らせ、拾ってもらい、ご満悦の様子であった。またまた、ぽぉ〜の意外な一面を発見して驚いてしまった。隣にいた私に教えないで、奥さんに伝えるなんて・・・もしかして、この子は、テーブルマナーを知っているのかしら??(笑)
f0078014_11563977.jpg
イルミネーションが綺麗だったので、外へ行って、ホテルの外観を撮影してみた。ちょうど、クロススクリーンを持っていたので、使用してみた。このクロススクリーンを教えてくれたのも、そういえば、ヒナタマンマさんだったなぁ〜。(感謝)

そして、この夜は、11時近くまで、奥さんとおしゃべりしてしまった。
わんこ隊が、施設へ訪問している話から、私が、ぽけっとで、演奏している話になり、奥さんが、バンドに興味を持って下さった。ぽけっとの話を詳しくすると、「ぜひ、ここで、演奏してもらいたいわ」と言われて、逆に、「見ず知らずの私たちを呼んで下さるの!?」と驚いてしまった。後悔されたら困ると思い、偶然iPodに録音していた「2004年ギター教室でのぽけっとライブ」を聴いてもらった。すると、「こういうバンドがいないかなぁ〜って、観光課の人とも話をしていたところなのよ!ぜひ、来てもらいたい!」ととても嬉しそうであった。「では、企画が決まったら、ぽけっとを呼んでくださいね」ということで、お願いしてきた。実現できたら、とっても面白いと思う。

<ぽけっとメンバーの金内さん&禎彦さんへ  秋田県阿仁町の『ホテル フッシュ』さんから、オファーを頂いた際には、よろしくね♪>

f0078014_120580.jpg

翌朝6時半にわんこの散歩をしながら、ホテルの外観を撮影。とても印象のよいホテルの外観である。さわやかな青空と新緑が広がるすがすがしい朝であった。朝の弱いぴぃ〜は、ここまで歩いて来たら、もう歩けないと、ピタッと動きが止まってしまった。仕方なく、バッグの中へ入れて、帰りは、持ち歩くことになった。(笑)

f0078014_12224586.jpg
今回、わんこ連れOKとの情報をヒナタマンマさんからいただいて宿泊してみたのだが、「造りは、ホテルなんだけど、もてなしはペンションのあたたかさのある宿」であった。
「フッシュ」の名前の由来は、オーナーご夫妻が、オーストリアのフッシュという町が好きで、何度も訪れたということから。クウェートに住んでいた話から、いろんな国へ旅行したお話など、奥様とお話をしていると、話題が尽きない。 控えめな印象の奥様なだけに、人って、話をしてみないとわからないものだなぁ〜ということを感じた。知らない土地で出逢った人と話をすることで、いろんな収穫があるものだと、旅の楽しさを噛みしめた今回の旅であった。
秋田県内にわんこ連れで泊まれるホテルを開拓できて、とても嬉しい。秋田の友達にゆっくり会いたいときには、ここにまた泊まりたいと思っている。

f0078014_1335993.jpg
散歩が終わってから、朝食。和食と洋食が選べたので、朝は、和食をお願いした。昨日、ランチ&ディナーとボリュームいっぱいで、朝は、お腹がすかなかった。ところが、この土鍋での炊きたて御飯をいただいたら、急に食欲が沸いてきた。朝おかわりすることのない私が、しっかり二膳いただいた。美味しいと、食がすすんで、困るんだよね〜(^^;

f0078014_134528.jpg
食事が終わってから、昨夜奥さんが焼いて下さったワッフルのラッピングのお手伝いをさせていただいた。「私がやりますから、いいですよ」と言われたが、パンやお菓子を作る私は、こういう作業が好きなので、これまたテーブルを囲んで、おしゃべりしながら、一緒に包んだ。このワッフルは、とても日持ちするとのことで、賞味期限を6月12日とラベルに書いて、セロテープで一つ一つとめた。このワッフルは、道の駅(どこだったか忘れちゃった)で、「森の小人ワッフル」1個100円で販売しているとのこと。
どんな味かといえば、いかにも手作りという感じの素材のおいしさが伝わってくる味。表面はカリッと、中はふんわりしてて、ペロリと食べてしまう。私の母は、市販のワッフルは薬臭くて、あまり好きではなかったのであるが、これは美味しいとパクパク。奥さんの優しさが伝わってくる味であった。これは、本当に美味しい!!
それにしても、よく50個も焼いて下さったものだと、ただただ感心するばかりであった。

f0078014_13575164.jpg
ワッフルのラッピングが終わると、オーブンからパンの焼ける美味しそうな匂いがしてきた。焼き立てを持って行ってもらいたいという気持ちがありがたいと思った。焼き上がって、粗熱をとっているのが、この写真。なんか、ぽぉ〜にそっくりなパンがあるぞ〜!(笑)
それにしても、おまかせで35個、お願いしただけなのに、数種類も作って下さって、驚かされた。
そして、三人で、これまた袋に詰める作業。私は、パン屋さんごっこをしている気分で、楽しかった。
時間というのはあっという間で、『ホテル フッシュ』さんを出発する時間になった。見送りのために、85歳になられた可愛いおばあちゃんが顔を出してくれた。涙ぐんでくれるおばあちゃんに、私たちもじ〜んとしてしまった。
『田舎に泊まろう』というテレビ番組があるが、まさにそんな感じの展開に、心温まる思いであった。本当にお世話になりました。

ホテルを出発して、5分位経ってから、「あれ!パンを車に積むのを忘れた!!」と気がつき、慌ててUターン。案の定、ホテルでは、おばあちゃんと奥さんが、忘れたパンに気がついて、「どうしよう!」と青くなっていたところであった。ホテル周辺は、携帯もネットも繋がらない環境。私にどう知らせようかと、心配させてしまったようだ。ごめんなさい。m(_ _)m

そんなことがあり、次に向かった秋田県三種町の鹿渡駅近くにあるドッグ用品の店 はるへの到着が、10分ほど遅刻してしまった。こちらにもご迷惑をお掛けしてしまったが、無事に焼き立てのパンとワッフルをお土産に届けることができて、ホッとした。

『ドッグ用品の店 はる』のつづきは、また明日!
本当に長〜い旅行記になって、読む人も大変だろうと思う。でも、書きたいこといっぱいなんで、書かせていただきますね!(^^;


ホテル フッシュのHP
ホテル フッシュのブログ
※ちなみにわんこ連れ専用の宿ではありません。
[PR]
by starlitsky_2006 | 2007-05-31 15:11 | TRIP

わんこ隊と行く旅『秋田&岩手編』vol.2<巨大なまはげ像とカフェランド椿>

f0078014_13384137.jpg

ヒナタマンマさんの車を追っかけながら、セリオンから、男鹿半島の『カフェランド椿』さんへ向かった。
途中、新しく出来たばかりの巨大なまはげ像を発見!ちょっと停車してもらい、写真をパチリ!(まもなくここに、観光案内所がオープン予定)
「さて、どこにわんこ隊はいるでしょうか?」ってほど、わんこ隊が豆粒に見える。(笑)
まるで、一寸法師が、鬼と戦う絵本のような記念写真である。
あれ?なまはげって、退治しちゃいけないんだよね??たぶん・・・(^^;

ここで、ヒナタマンマさんが、10−22mmの広角レンズを取り出し、わんこ隊を撮影して下さった。広角レンズだと、なまはげ像の足元で撮影しても、なまはげの頭のてっぺんまで、ちゃんと写るというので、どんな仕上がりになるのか、とても興味津々であった。
ヒナタマンマさんのブログで、広角レンズで撮影した画像をUPして下さっていたので、カメラに興味のある方は、どうぞこちらをご覧下さい。
同じ被写体でも、レンズでこんなにも違って見えるんだ!と、とても勉強になった。


f0078014_13511136.jpg
土崎港のセリオンから、約1時間かけて、『カフェランド椿』さんに到着。海沿いで、とってもわかりやすい場所であった。
営業日は、火・金のみ。この日は、日曜日だけれど、特別に開けて頂けるようにヒナタマンマさんがお願いしてくださったおかげで、訪問することが実現できたのである。みなさまに本当にお世話になりましたm(_ _)m
なぜ、ここのお店に行ったのかと言えば、お店の前にドッグランがあるから!入店する前に、わんこ隊をドッグランで遊ばせた。酒田から長時間、車の中にいたわんこ隊は、ドッグランに放たれて、嬉しそうであった。
こういうスペースがあるお店は、初めてである。本当にありがたい。

1階が、わんこ連れ専用のスペースになっていて、専用の入口から入店。
コーギーのヒナタちゃんも、わんこ隊も、食事中は、おとなしく待っていてくれた。
まずは、お楽しみの日替りランチ♪お弁当のフタを開けると、パッと花が開いたような感じ。特に、焼き立てのニシンは、プリプリの魚卵がゴロゴロと入っていて、絶品であった。
日本海を眺めながら、焼き立てのお魚が入ったランチをいただいて、とてもリッチな気分に浸った♪
ヒナタマンマさんとのおしゃべりにも、花が咲いた(^o^)v

f0078014_1425690.jpg
食後のコーヒーは、他のお客さんがいなかったので、2階で頂いた。2階に上がると、さらに日本海を一望できるカウンターになっており、素敵な空間に感激した。
ところで、この日替りランチ(コーヒー付)のお値段は、な、なんと800円!!!マジですか〜!?と、驚くほどのサービス満点ランチであった。

この店は、オープンしてまもないそうだ。3姉妹で経営していて、正式なお店の名称は、『あとりえMKi&カフェランド椿』。メインは、編み物や織物のアトリエ&教室。そのついでにカフェコーナーも併設といった感じ。3姉妹が、それぞれ好きなことをやれる集いのスペースといった雰囲気が、商売重視とは違うアットホームなおもてなしを感じる。3姉妹とも、他のお仕事をやっているので、週に2日しか営業できないのだそうだ。退職したら、徐々に営業日を充実させていきたいとおっしゃっていた。だから、まだお店の看板も出していない。今は、口コミだけでやっている穴場的なお店である。
それにしても、久々になかよし3姉妹を見たような気がする。とっても楽しそうで、一人っ子の私には、羨ましく感じた。

f0078014_14252255.jpg
このお店の3姉妹それぞれも、わんこを飼われていた。わんこ好きのみなさんに可愛がっていただいたわんこ隊である。リラックスしているのが、表情から伝わってくる。

f0078014_14301888.jpg
最年少、1歳のぴぃ〜は、見るもの全てが新しく、いろんなものに興味を持ってキョロキョロしていた。
それでも、このバッグから飛び出すこともなく、おりこうさんにできたので、安心した。
ぴぃ〜は、まだまだ旅の経験が少ないが、今回の旅で、ぴぃ〜も、もう大丈夫だなという確信を持つことができた。
やはり、リーダーわんこのぽぉ〜が、すべての手本になってくれるので、助かっている。ぷぅ〜がリーダーだったら、きっとハチャメチャわんこ隊で、旅などは、できなかったと思う。リーダーの品格って、大事だなと改めて思う。

f0078014_14395028.jpg
ところで、これは、旅行へ行く前に、母が秋田のヒナタちゃんと、波留くん&杏姫ちゃんへのおみやげにと制作した帽子。帽子入れも、ユニット折り紙で、母が手作りしたもの。8枚の折り紙のパーツを組み合わせると箱になる。ノリやハサミを使用しないというのが特徴。

f0078014_1443081.jpg
我が家のわんこ隊は、コーヒー用ポーションミルクの容器がちょうどよい大きさであったが、コーギー犬には、小さすぎるので、プリンのカップを使用してみた。
容器を逆さまにして、両面テープを貼り、あとは、グルグルと糸を巻きつけていけば完成!
といっても、こんなのをもらっても、わんこにとっては迷惑な話だよね〜(^^;


f0078014_14464895.jpg
迷惑だとは思いつつも、ヒナタちゃんにプレゼントをし、帽子のっけをしてもらった。
さすが、のっけ隊長♪ やっぱり、赤いお帽子が似合います!(^o^)


f0078014_14505086.jpg
最後に、セーラーカラーと帽子で、4匹ならんで、記念写真をパチリ。
我が家のわんこ隊は、緊張モード。それに比べて、ヒナタちゃんスマイルは、とっても可愛いなぁ〜!
なにはともあれ、一緒に写真を撮ることができて、とても嬉しい1枚であった。もちろん、セーラーの制作者の母が一番喜んでいた!撮影に協力してくれて、ヒナタちゃん、ありがとう♪

お店の長女の方は、折り紙が好きで、母と折り紙の話で盛り上がっていた。三女が、編み物の先生をやっていて、今度、つむぎ機を持ってくれば、わんこ隊の毛のつむぎ方を教えて下さると言っていただいた。(我が家のつむぎ機は、まだ組立てられず、放置していたので、こんなにありがたい話はない!)
ランチを食べるために行ったつもりが、母にとっては、まさかまさかの出逢いの場になり、「また男鹿へ行かなくっちゃ!」と大はりきりである。
男鹿半島に母のツボにはまりまくりのお店を発見し、改めて、案内して下さったヒナタマンマさんに感謝を申し上げたい。ヒナタマンマさんって、まるで、幸運の女神さまのよう!
あ、その幸運の女神さまとのご縁を結んでくれたのは、「ぽぉ〜」であったことを忘れていた!!(^^;
わんこを飼っていなかったら、カフェランド椿さんへも行く事がなかったと思う。こうしてみると、わんこが結んでくれるご縁がたくさんあり、本当にありがたいと思う。


f0078014_1562739.jpg
帰る前に、もう一度ドッグランで遊ばせてもらった。
『カフェランド椿』さんの外観を入れて、記念撮影。手前の芝生のところがドッグラン。道路を挟んだ向こう側には、日本海が広がっている。最高のロケーションである。

f0078014_15101512.jpg
お店を出発してから、門前(もんぜん)というところにある巨大なまはげ像へ案内してもらった。以前、ヒナタマンマさんのブログで拝見し、とっても行ってみたかったなまはげ像だったのであるが・・・新しくできた2体のなまはげ像を見たあとだったので、ちょっと感動が薄れてしまった。それに、ヒナタマンマさんのブログで見たのは、広角レンズを通したなまはげ像だったので、ちょっとイメージが違って見えた。それだけ、広角レンズの効果は、すごいというわけで・・・広角レンズの魅力に惹かれてしまった。


f0078014_15435522.jpg

ここで、ヒナタマンマさんとヒナタちゃんとお別れした。
ここにあった男鹿半島の観光案内板。クリックすると大きく見える。庄内の人も、男鹿半島といえば、寒風山か、水族館へ行ったことぐらいしかないのではないだろうか?椿の花が描かれてある場所が、『カフェランド椿』さんのある場所である。(だから、椿なのね〜と納得)
男鹿半島、まだまだ面白そうなスポットがいっぱいあるようだ。

そして、予約していた秋田県・阿仁スキー場近くの『ホテル フッシュ』さんへ向かった。この『ホテル フッシュ』さんも、ヒナタマンマさんから、わんこ連れでもOKという情報をいただき、予約してみたのであった。
楽しみにしながら、宿へ向かった。門前を出発したのが、15:20。
つづきは、また明日〜♪

<あとりえMKi&カフェランド椿>
〒010-0532 秋田県男鹿市船川港椿字中山15-7
TEL0185-27-3739
火・金曜日のみ営業 11:00〜16:00
[PR]
by starlitsky_2006 | 2007-05-30 16:27 | TRIP

わんこ隊と行く旅『秋田&岩手編』vol.1<セリオン>

f0078014_23114794.jpg
「ただいまぁ〜!」無事に帰宅し、ホッとした。
わんこ隊と一緒に2泊3日で、秋田〜岩手〜秋田と、ぐるりと車で旅をしてきたのだ。
今回の旅は、天気に恵まれた上に、久々の再会や新しい出逢いなどが盛りだくさんで、とても充実した旅であった。
写真もたくさんあるし、書きたい事が盛りだくさんなので、何日かに分けて、ブログにUPしたいと思う。

まずは初日、秋田の土崎港のセリオンの前で、ヒナタマンマさんとコーギー犬のヒナタちゃんと待ち合わせ。ちょっと早く到着したので、セリオンをバックに記念撮影してみた。でも、わんこ隊は、気が散って、なかなかいい写真を撮る事ができなかった。
写真を撮ってから、ヒナタマンマさんと再会。
本当は、4月末にお会いする予定だったのであるが、私の体調不良のせいで、キャンセルしてしまったのだ。ヒナタマンマさんには、ご迷惑をお掛けしてしまったことをお詫びした。
ヒナタマンマさんは、私の人生を好転させてくれた方で、私にとって、恩人なのである。
そんなヒナタマンマさんに再会できて、とても嬉しかった。

そして、男鹿にある『カフェランド椿』さんへ、ヒナタマンマさんの案内で移動することにした・・・この続きは、明日!
今日は、さすがに疲れたので、もうおやすみしますzzz
[PR]
by starlitsky_2006 | 2007-05-29 23:42 | TRIP

『わんこ隊のお帽子』と『ブログ更新お休みのお知らせ』

f0078014_21381493.jpg
「ボク、ぽぉ〜。お母さんが作ってくれたお帽子なんだよ。ねえ、似合う??」


f0078014_21384555.jpg
「どもっ!ボクは、ぷぅ〜ちゃんだよぉ〜ん!!お兄ちゃんとお揃いの帽子を作ってもらったんだぁ〜!いいだろう〜!へっへっへ〜!!」


f0078014_21391595.jpg
「・・・・・・・・。」←by ぴぃ〜



f0078014_21401668.jpg
というわけで、母が、今度は、わんこ隊の帽子を作った。
材料は、コーヒー用のポーションミルクの容器をリサイクルしたもの。容器を逆さにして、両面テープを貼り、糸(サマーヤーン?)をグルグルと貼付けて仕上げたお帽子である。
手芸用品店に行くと、いろんな材料が売っているが、よくもまあ、こういう手芸を思いつく人がいるものだなぁ〜と感心するばかりである。



<管理人よりお知らせ>

平素は、『Rico's Room』に訪問して頂きまして、誠にありがとうございます。

しばらくの間、酒田を離れますので、当ブログの更新はお休みさせて頂きます。

帰酒したら、また再開いたしますので、どうぞよろしくお願い申し上げます。m(_ _)m

Rico
[PR]
by starlitsky_2006 | 2007-05-25 00:14 | DOG

新庄名物『くぢら餅』作りに挑戦!の巻

f0078014_21121336.jpg先日、新庄名物『くぢら餅』を買って食べた。
『くぢら餅』は、どうやって作るんだろう?と思い、ネットで調べたみたら、あったあった!
上新粉と黒砂糖さえあれば、牛乳パックに流し込んで、電子レンジでチンして完成というカンタンレシピ。これなら、すぐに作れるよねってことで、『くぢら餅』に挑戦!
参考にしたのは、こちら

f0078014_21192082.jpg
これは、牛乳パックに黒砂糖液を流し込んで、ラップをして、電子レンジで6分加熱したあとの画像。
冷めてから、牛乳パックを開いて、まな板代わりにしてスライスできるのが、これまた便利であった。

f0078014_21231068.jpg
はい。あっという間に、『くぢら餅』の完成!!
気になる味は、とっても美味しかった。(美味しい黒砂糖選びがポイントかも!)
ただ、先日買ってきた『くぢら餅』に比べると、かなり弾力があった。ゆべしっぽい感じ。私の好みでは、もう少し柔らかい方が好きである。
そのためには、水を増やせばよいのか?小麦粉の量を減らせばよいのか??これは、次回の課題である。でも、生まれて初めて作った『くぢら餅』にしては、美味しいと思った。
柔らかさを極めたいと思う。
次回は、ローストしたクルミを入れて作ってみようかなぁ〜♪
手作りのいいところは、自分の好みに変えられるところだと思う。失敗を恐れず、どんどんバリエーションを増やしてみたい。
[PR]
by starlitsky_2006 | 2007-05-24 00:00 | Rico's café

久々に作りました!『練乳入りのいちごミルク寒天』&『ガトーショコラ』

f0078014_13455331.jpg体調がよくなるまで、自粛していたお菓子作り。
体調も、かなり回復したので、簡単なものを作ってみた。
まずは、『練乳入りのいちごミルク寒天』。
寒天は、繊維質が豊富なので、身体によいと言われているが、私は、固い寒天は苦手なので、ついゆるめに作ってしまう。
それから、練乳を入れると、コクがでて美味しくなるので、ミルク寒天には、コンデンスミルクは、欠かせない。
いちご2パックを買ってきて、豪快に流し込んで作った。
これを毎朝のデザートとしていただく。
朝のフルーツは、身体によいというが、朝は忙しいので、すぐに食べられる状態に切り分けてストックしておかないと、なかなか面倒がって、家族は食べないのである。
f0078014_13543232.jpg



f0078014_13545969.jpgそれから、久々の『ガトーショコラ』♪
いつもお世話になっている方に差し上げるために3台焼いた。
本当は、1台は、自家用にと思っていたのだが、半分は父が、半分は母が、知人に差し上げたいということで、結局、私の口には、1切れも入らない。
「味は大丈夫なのだろうか?」という不安がありながらも、確認できないまま、差し上げるしかない。
不味かったら、ごめんね〜!
たぶん、大丈夫だと思うけど・・・(^^;
表面は、発酵バターが膨らんで、いい顔になったと思う。
カカオリキュールを入れたので、風味豊かに仕上がっているはず。






ちなみに、私の母は、知人の家へ持って行き、そこにたまたまいた知らないおばさんに、「これ、みなさんでどーぞ」と手渡ししてしまった!
まさか、そのおばさんの前で、私が取り返すわけにもいかず、そのまま黙って帰ってきた。
母は、そこの家のお嫁さんと勘違いしたのだという。信じられない!!
そのおばさんは、どうみても50代。お嫁さんは、30歳位の若さなのに・・・どこをどうしたら間違えられるのか、私には、理解できない。
そこの家族の人数分にカットして差し上げたので、きっとあちらでは、数が合わなくなってしまったことであろう。
まあ、私の母は、お土産を知らない人に配るのは、特技(?)なので、仕方がない。

f0078014_14123880.jpg
f0078014_14125645.jpg
カットした『ガトーショコラ』。
焼き具合いを目で確認するしかないけど、きっと大丈夫だよね?
もちろん、これも、撮影後にラッピングして、お届けすることになる。
でも、差し上げる先がある、差し上げたい人がいるということは、幸せなことだと思う。もし、こんなんで喜んでいただけるのであれば、私にとって、「また作ろう!」という励みになるのだから、ありがたいことである。
[PR]
by starlitsky_2006 | 2007-05-23 14:39 | Rico's café

祝ニュース速報♪本日5/22山形新聞夕刊にでっかく『ブルース・ヒロ』が掲載されてたよ♪

f0078014_17395189.jpg
たった今、山形新聞の夕刊を開いてビックリ!!
ブルース・ヒロさん(酒田中町)が載っているじゃ〜ん!!しかも、見開きでど〜んと!!!
もしかしたら、夕刊って読まない人が多いかもしれないと思って、とりあえずブログにてお知らせいたします。いろいろ書いてありますので、興味のある方は、山形新聞5/22夕刊を探して、読んでください。
以前、Rico's Roomにて、ヒロの焼きそばのことをUPしたことで、ひそかにここの焼きそばが話題になったとか。(笑)
決して、「焼きそばのお店ではありません!焼きそば以外にも、おいしいメニューがいろいろあります」と、ここで付け加えておかねば!(^^;

f0078014_17471035.jpg

ブルース・ヒロの店の外観と、マスターのヒロさん。でも、お店も、ヒロさんも、日中の顔は、なんだか違和感がありますなぁ〜(^^; しかも、店の前を歩いているおばちゃんが、どーも気になる・・・。
やっぱり、ブルース・ヒロは、夜だよね〜。

酒田にバンドが多いのは、ヒロさんの功績のおかげだと思う。ヒロさんが、新聞に取り上げてもらえて、とても嬉しい♪
[PR]
by starlitsky_2006 | 2007-05-22 17:58 | MUSIC

『酒田まつり2007』&『わんこお祭り隊』施設へ行くの巻♪

f0078014_1825299.jpg
5月20日は、酒田まつりの本祭りだった。しかし、朝から気温が低く、正午からは、冷たい雨風で、可哀想な天気であった。本当は、わんこ隊と一緒にパレードを見るのを楽しみにしていたが、あまりにも寒かったので、病み上がりの私は、諦めることにした。なので、パレード前、市役所に山車が勢揃いしているところへ行き、写真を撮ってすぐに帰ってきた。
これは、酒田まつりパレードのシンボル『酒田大獅子』。酒田大火復興を記念して作られたもの。大獅子の唐草模様の部分は、昔の酒田市のマーク「さ」の字になっている。私は、このマークに愛着があったので、このマークのままでいてほしいと願う。昨日は、大獅子の下で、雨宿りしている人がたくさんいた。

f0078014_185506.jpg
山車がずらり勢揃い!酒田市町村合併により、松山や八幡などの山車も増えていた。
雨に濡れた法被姿の群衆の中に、知人や友人を見つけ、気の毒に思った。ブルブル震えながら、真っ青になっている人も多く見かけられた。

f0078014_1995256.jpg
そして、本日、毎月恒例のわんこ隊の施設訪問の日。今日は、酒田まつりの裏まつりなので、わんこ隊は、法被姿で参上した。ちょうちんをぶら下げ、『わんこお祭り隊』だよ〜♪
『わんこお祭り隊』の登場で、施設の中がパッと明るくなった。

f0078014_19265993.jpg施設訪問が終わってから、わんこ隊へのご褒美に、秘密の場所へ連れて行ってあげた。
今日は、晴天の爽やかな日であった。
昨日の本まつりも、この天気だったらよかったのに・・・と思ったのは、私だけではないはず。
わんこ隊の本まつりへの出陣は、来年の楽しみにとっておこうと思う。
それにしても、法被姿の凛々しいぽぉ〜とぷぅ〜。
雄犬らしさを感じる。
いつもの水が、今日は、お神酒に見えるのは、私だけ??(笑)

f0078014_19403590.jpg
自然に触れ、表情がイキイキするぽぉ〜。家の中にいるときと、表情が全く違うよね。
f0078014_19434014.jpg
仲良しぷぅ〜とぴぃ〜。こんなに広い場所なんだから、ぴったりくっつかなくってもいいんじゃない?ってほど、仲のよい二匹。(^^;
f0078014_19452189.jpg
山桜が、まだ咲いていた。風が吹くと、ハラハラと花びらが散るのが綺麗だった。今年は、私がインフルエンザになったため、わんこ隊を花見に連れていってあげられなかった。散り際であるが、山桜が見れてよかった。
f0078014_19475499.jpg
桜のじゅうたんの上で、ハイ、ポーズ!桜のじゅうたんと法被姿のわんこ隊、いい記念写真になった。
[PR]
by starlitsky_2006 | 2007-05-21 20:05 | DOG

わんこ隊、『ホームセンタームサシ鶴岡店』へ買い出しに行くの巻♪

f0078014_22564552.jpg
昨日、わんこ隊を連れて、久々に『ホームセンタームサシ鶴岡店』にて買い物をした。
このカートがあるおかげで、わんこ隊と一緒に入店できるので、とても助かっている。といっても、ここは鶴岡なので、久々のわんこ隊との買い物であった。
レジ係の女性店員が、わんこ隊を見るなり、「まあ、また来てくれたのね〜!(^o^)」と、笑顔で声を掛けてくれた。しっかりと覚えてもらっているわんこ隊!入口で歓迎してもらえると、とても入りやすい。
わんこ隊も、ここでの買い物は、4〜5回目位になるので、慣れてきたようだ。さすがに頭のよいぽぉ〜は、バッグの中で、すっかりリラックスしていた。
まずは、カー用品コーナーにて、買い物。この時期、車の汚れが気になるよね〜(>_<)

f0078014_23204792.jpgそして、今日は、この新発売の商品を買いに行った。
服にシュッとするだけで、シワやニオイをとるとTVCMで見たのだが、商品名がわからなかったので、売り場にいた店員のおじさんに訪ねてみた。振り返ったおじさんは、おとなしいわんこ隊を見て、「おおっ!」とビックリ。おじさんをじーっと見つめて、説明を聞いているわんこ隊の姿が可笑しかった。おじさんも、思わず、顔がほころぶ。そして、「このペット専用カートを知らないお客さんがまだまだ多いんだよね。わざわざ買い物に来てくれてありがとう」と言ってくれた。
暑くなるこれからの時期、車中でわんこを待たせることはできなくなる。入店できるサービスがあると、「せっかくだから、ここで、買い物していこう!」という気持ちになる。
ところで、この花王の『スタイルケア 服のミスト』だが、スーツ、ニット、ジーンズ、スカート、制服など衣類についたシワの除去、消臭、静電気防止とのことで、これから試してみたい。
[PR]
by starlitsky_2006 | 2007-05-20 00:40 | DOG

『酒田海洋センター』へ行くの巻♪ 『ニューとびしま』&『イカスミのピザ』

f0078014_23512264.jpg
仕事の関係で、2年ぶりに酒田海洋センターへ足を運んだ。
酒田港がリサイクルポートとして、指定を受けたことで、展示もリニューアルしていた。平日であったが、年配の入場者が、ちらりほらりと見受けられた。
f0078014_23522515.jpg
私は、幼い頃に父に連れて来てもらった記憶がある。操縦室は、今とは、別の状態で展示されていたが、この舵を掴んで、「面舵いっぱ〜い!」と叫んだことを思い出した。子供の頃は、舵を回せただけで、船長さんになれた爽快な気分であった。(^^;
現在は、摘発された麻薬やブランドコピー商品がショーケースに展示されてあり、それが、犯罪と隣り合わせの今風の展示なんだなぁ〜と感じた。
酒田港の歴史と共に展示内容も変わっているのだ。
f0078014_23525835.jpg
最上階は、展望台になっている。そこに、こんなサインを発見!
『みなとオアシス酒田』って、初めて知った!簡単に言えば、『道の駅』の港版といったところなのだそうだ。詳しくは、みなとオアシスHPをどうぞ。
f0078014_23543624.jpg
展望台から見た最上川河口の風景。先日、最上峡の写真をUPしたので、今日は、その最上川が、日本海へ注ぐ光景をUP。でも、ちょっと、この構図ではわかりにくいかもね。(^^;
f0078014_23564681.jpg
展望台から、停泊していた『ニューとびしま』が見えた。『酒田海洋センター』の隣の『さかた海鮮市場』脇に、飛島への定期航路のりばがある。
今年も、『ニューとびしま』による『酒田港クルーズ』が4日間開催される。6/9、7/14、8/11、8/18の夕方、ここから出航し、90分間、酒田港近辺を周遊するのだそうだ。料金は1,000円ということなので、ちょっと乗ってみたい気がする。天気に恵まれれば、夕日を見ながら、クルーズということになるのであるが・・・どうだろう?
f0078014_062252.jpg
帰りに、『酒田海洋センター』隣のさかた海鮮市場へ立ち寄った。のりなどを購入し、2階の「海鮮どんや・とびしま」へも行ってみた。昼時は、いつも混雑しているが、さすがに、平日の3時頃というのは、空いていた。といっても、観光客らしき人の出入りが結構多くて驚いた。
私は「イカスミソフト」を注文しようと思って行ったのであるが、レジのところに「イカスミピザ650円」と書かれていたのを見て、そちらを注文した。持ち帰りだと、箱代が50円プラスだったが、おみやげとして持ち帰りにした。(ちなみに混雑時は、オーダーできないとのこと)
帰宅し、箱を開けてみると、実にいい匂い!もう一度、オーブンで温め直していただいた。チーズの下にしっかりとイカスミソースが塗ってあり、トマトソースとは違う大人味のピザであった。生地もこんがりで、美味しかった。でも、イカスミなので、口は、お歯黒状態だった!(笑) 
[PR]
by starlitsky_2006 | 2007-05-19 00:31 | TRIP