Rico's Room

rico2006.exblog.jp
ブログトップ

<   2008年 01月 ( 29 )   > この月の画像一覧

我が家の冷凍食品??醋溜魚(ツウウリュウユイ)<魚の甘酢あんかけ>を作ったよの巻♪

f0078014_21181773.jpg
穫れたての庄内産『うるい』を頂戴した。わ〜い、『うるい』だ、嬉しいな♪
というわけで、この『うるい』で何を作ろうかと、冷蔵庫&冷凍庫の中をゴソゴソ。
冷凍庫の中から、以前、庄内沖で獲れた小鯛を捌いて、片栗粉と小麦粉の衣をつけて揚げていたものを発見!それから、たくさんいただいたときに、スライスして冷凍していたピーマンとパプリカも発見。これを使って、今夜のおかずを作った。


f0078014_2122301.jpg
庄内産の食材で作った醋溜魚(ツウウリュウユイ)<魚の甘酢あんかけ>の完成!
我が家の冷凍食品といえば、こんな感じに、食材をたくさんいただいた時に、食べ切れない分を冷凍庫に保存して、後日、調理していただいている。

昨日、中国産冷凍餃子が原因で、農薬中毒被害が出て、商品が回収されているというニュースを見て、ビックリした。これから、食品業界が大揺れになることであろう。
このニュースを見て、改めて、知り合いから新鮮な庄内産の食材をいただいて、調理できるということが、最高の贅沢であるということを感じた。本当にありがたいと思う。

ところで、醋溜魚(ツウウリュウユイ)<魚の甘酢あんかけ>であるが、冷凍していた小鯛をもう一度、カラリと揚げて、あつあつの甘酢あんかけをかけて完成!サッと塩ゆでした『うるい』は、彩りが美しいので、あんをかけずに盛り付けた。『うるい』は、クセがなく、胡麻和えやおひたしなどにして食べたりする。和洋中どれに使っても合う万能食材である。
冷凍で保存していた食材を使ったとは思えない本格的な味わいで、家族みんなで舌鼓。「やっぱり、素材がいいから、美味しいんだよね」と思った。
[PR]
by starlitsky_2006 | 2008-01-31 23:55 | Rico's kitchen

「詐欺っぽい?新手の新聞勧誘手口」&「山形新聞購読料年払いしたよ」の巻♪

今日も、またまた嫌な話を母から聞かされた。
夕方、玄関に誰かがきたので、母が出てみると、40代後半くらいの立派な紳士が立っていて、深々と頭を下げて、「環境問題○×△※□〜から来ました。奥様は、環境問題になにか協力していることはありますか?」と聞かれたので、「はい」と答えたそうだ。すると、「あ〜、それは、大変素晴らしい!では、どうぞこちらをお使い下さい」とゴミ袋を渡されたそうだ。
続いて、「奥様は、読み終わった古新聞をどうされていますか?」と聞かれたとのこと。母は、「町内の自治会で回収しているので、新聞はそちらに出しています」と答えると、「お〜、それは、とても素晴らしいです!では、どうぞ、こちらもお使い下さい」と渡されたものを手にした母はビックリ!なんと、<1,000円分の商品券>!
続けて、「それでは、地球温暖化について、国際サミットが開かれることは、ご存知ですか?」と聞かれたので、母は、「はい、新聞やテレビで知っています」と答えると、「は〜、それは、すごい!!とても素晴らしいです!では、もう一枚差し上げます」とさらに<1,000円分の商品券>を渡されたそうだ。
母は、見た事もない商品券だったので、「これ、どこで使えるんでしょう?」と眺めていると、「ジャスコとかで使えますよ」と言われたそうだ。それでも母は、不思議に思って、商品券の両面を眺めていると、「今は、Y売新聞、M日新聞、A日新聞の景品にこういうのをつけてもいいことになっているんですよ」と言うので、母は、「家は、親戚もいるので、山形新聞を替える気がありません」と断ったそうだ。すると、「親戚がいても、読みたい新聞をとるべきですよ」と言われたので、母は、「私は、山形新聞を気に入って、購読しています。これからも、新聞をかえるつもりはないので、これは、いただくわけにいきません」と答えたそうだ。

そのとたんに、その男性の態度は豹変し、「じゃ、これ、回収!」と言って、母が手に持っていた<1,000円分の商品券>2枚をむしりとり、「こっちも、回収!!」と言って、母の膝の上に置いていたゴミ袋を取って、帰って行ったそうだ。
母は、キツネにつままれたような感じで、玄関に取り残され、しばらくたってから、「何だ!?今のは!」と我に返ってショックを受けていた。


その話を聞いた私は、母に、「わけわからない人から、わけのわからない理由で差し出されたものには手を出すな」と教えた。すると「だって、ゴミ袋差し出されたら、普通受け取るでしょ?」という母には、絶句した。私は、「どうして、受け取らなきゃならないのか、ちゃんと理由を聞いて、納得するまでは、手は絶対に出さないよ!」と言うと、「あ、そっか」だって。母くらいの年代だと、ゴミ袋には、抵抗無く手が出てしまうのだろう。そして、段々と高額なものを渡され、収拾がつかなくなって、最後には、新聞契約してしまうのではないだろうか。

これまでは、「ビール券をつけるから、3ケ月でいいから、新聞をとってもらえないか?」という新聞勧誘がスタンダードであった。でも、今日の新聞勧誘手口は、詐欺っぽくて、とても腹立たしい!
結果的に、どこの新聞社の勧誘だったのかハッキリしないし、警察に届け出るレベルではないが、あまりにもあくどい手口が腹立たしくて、ブログで吠えることにした。
みなさまも、こんな新聞勧誘にはひっかからないようにしてもらいたいと願う。



f0078014_2051228.jpg
こちらは、今日、山形新聞社さんから頂戴した読み物とタオルとゴミ袋である。もちろん、これらは、正当な理由で頂戴した粗品である。我が家では、山形新聞の購読料を手集金で年払いしている。年払いすると、1ケ月分安くなる。おまけに、集金の際に、このように粗品をいただけるのが嬉しい。でも、このサービスは新聞販売店ごとに違うそうなので、よく確認した方がよいと思う。
山形新聞庄内版は、やはり身近なニュースが詳しく掲載されていて、すぐに役立つ情報が多い。全国的なニュースは、テレビやネットで情報を仕入れることができるので、我が家では、これからも、山形新聞を購読する予定である。
[PR]
by starlitsky_2006 | 2008-01-30 23:25

味彩・鉄板料理『鵜渡幸』にてランチの巻♪

f0078014_2315065.jpg
今日は、お友達に誘われて、久々に味彩・鉄板料理『鵜渡幸』へ行ってきた。
私たちは、お座敷がいっぱいだったので、鉄板ルームへ案内してもらった。
店内は、高級感があり広々としていて、ゆったりできる。


f0078014_23295194.jpg
私がオーダーしたのは、火・土曜日限定25個の『玉手箱弁当(デザート&コーヒー付)』1,260円。
この演出にビックリ玉手箱であった!!盛り付けを見ただけで、とってもリッチな気分になった。
日本料理は、高さがあると、華やかでいいなぁ〜としみじみ感じた。


f0078014_23333572.jpg
盛り付けの美しさにうっとり。魚が中心のお弁当で、女性や年配向きのお弁当かも。味は、見た目通りに一般的。


f0078014_23384150.jpg
食後のデザートは、「洋梨のプリンタルト」だった。


f0078014_23394175.jpg
ちなみにこちらは、友達がオーダーした「ステーキランチ」1,575円。サラダ、スープ、パン、デザート&コーヒー付。
焼き加減を聞いてくれたので、友達は、レアでオーダー。


f0078014_23441959.jpg
こちらは、「ステーキランチ」用のデザート。紅茶のアイスとプリンであった。

コーヒーを飲みながら、友達とおしゃべりに花が咲いた。ゆったりした空間とおもてなしを受けて、とっても優雅な気分になり、とてもありがたく感じた。


実は、最近、外食していて、不満を感じる店が多かった。(例えば、量が、やけに少なくて、おなか一杯になれなかったとか)
そう感じた店は、私は、ブログには、一切UPしない。
逆に、気に入ったお店を見つけたら、また行きたいと思うので、これからも、頑張ってもらいたいという気持ちを込めて、ブログに掲載したいと思う。
[PR]
by starlitsky_2006 | 2008-01-29 23:58 | FOOD

毎月恒例、わんこ隊施設訪問の日。『鬼っ子わんこ隊、参上!』の巻♪

f0078014_1775181.jpg
今日は、2008年度初のわんこ隊施設訪問の日であった。もうすぐ節分なので、鬼っ子わんこ隊で、お邪魔させていただいた。
「今日は、何を着てきたな?」と、おじいちゃん、おばあちゃん、そして、施設の職員の方々が一斉に集まってきた。
「きゃぁ〜、かわいい鬼さんの格好だぁ〜!」とみなさん、大はしゃぎ!
この衣装は、昨年、母が手作りしたもの。よければ、参考に昨年の記事『鬼っ子隊』の衣装製作♪ 『鬼っ子隊』衣装完成♪をどうぞご覧下さい。


f0078014_17185719.jpg
ぷぅ〜の毛がかなりのびたので、みなさんから、でっかくなったと驚かれた。
「デブになったんじゃなくて、毛がのびただけだから、おやつちょうだいよ!by ぷぅ〜」(笑)


f0078014_17214559.jpg大歓迎された『鬼っ子わんこ隊』。
みなさんから、おやつをもらったり、頭をなでてもらったり、抱っこをしてもらったぽぉ〜。
「こんなにかわいい鬼っ子なら、また来てくれの〜」と言われた。


f0078014_17241280.jpgとっても素直に指示に従う赤鬼っ子ぴぃ〜子。
ぴぃ〜は、生後2ケ月の頃から施設訪問させてもらっているせいか、みんなの前で、お腹を上にして、リラックスダンスを披露する。
本当にこの施設訪問を楽しんでいるようである。


f0078014_17282952.jpg『みなさん、それでは、また来月、お会いしましょう。風邪をひかないように、気を付けましょうね♪』と約束をして帰ってきた。

今年も、ひと月に一回、楽しく訪問できたらといいなと願っている。
[PR]
by starlitsky_2006 | 2008-01-28 17:40 | DOG

『お手柄警察犬に感謝状』の巻♪

昨日は、嫌なニュースの話題であったが、一夜明けて、山形新聞朝刊(1/25付)を広げてみたら、嬉しいニュースが私の目に飛び込んできた(^o^)


f0078014_1333297.jpg
感謝状を贈られた警察官訓練士の方を知っていたため、このニュースが、とっても嬉しかったのである。
この寒空の中、真夜中に捜索要請されて、「どんな思いで、捜索されたのだろう?」と想像しただけで、本当に頭が下がる。暗闇の中での手がかりは、嘱託警察犬『アトムⅡ オブ ミドリ号』の嗅覚だけがたよりだったはす。日頃訓練しているとはいえ、おばあちゃんの命がかかっている捜索は、訓練士の心理を思うと、もの凄いプレッシャーだったのではないかと推測する。約2時間探し続けたそうだが、『アトムⅡ オブ ミドリ号』の集中力はすごいと思う。日頃の訓練の賜物!
「おばあちゃんが、無事に見つかって、本当によかった!」

凶悪事件、猟奇的殺人事件、詐欺事件、偽装事件などばかりがクローズアップされてしまう世の中であるが、こういういいニュースは、もっと大切にしたいと思う。

人の命を救う為にがんばってくれた犬がいるというは、本当に素晴らしいニュースだ。それに比べて、昨日の還付金詐欺の犯人は、犬以下だ!人として、実に情けない。


ちなみに、我が家のわんこ隊は、とても警察犬にはなれないが、癒し犬として、世の中に貢献できるようになりたいと、改めて思った。
[PR]
by starlitsky_2006 | 2008-01-25 23:55 | DOG

間一髪!『医療還付金詐欺』を阻止したぞー!の巻♪

今日の午前中、叔母から母へ電話があった。
受話器を置いた母から、「今すぐ、叔母の自宅に迎えに行って、旭新町のスーパー◯マザワへ送って欲しい」と言われた。「何故、私が?」と聞いてみると、◯マザワに着いたら、携帯電話で誰かに掛けなければならないからだそうだ。叔母も母も、携帯電話を持っていないので、私の同行が必要らしい。
「何、それ?」と、母に聞いてみると、「私もなんだかわからないけど、息づかいが異常で、とにかくタダゴトではないようだ。もしかしたら、誰かが倒れたのかもしれないから、早く叔母のところへ行ってやってくれ」と頼まれた。

私は、すぐに叔母を迎えに行って、叔母を車に乗せた。叔母から、すぐに「旭新町のスーパー◯マザワへ」と言われた。車を走らせながら、何事があったのかを聞いてみた。
叔父は、午前中、病院へ行ったので、車がなかったため、娘に送ってもらおうと電話したが、連絡がつかなかったそうだ。そこで、私の母に電話をしたとのこと。
ところが、私の母は、携帯電話を持っていないので、母の代わりに私が出動したというわけ。
それは、わかったけれど、「何の用事か?」と聞いてみると、社会保険庁の斎藤さんという方から医療還付金が過去5年分たまっているので、今すぐ手続きをして欲しいという電話が、今日の10時にあったのだそうだ。今日が、その手続きの最終日で、11時半までがタイムリミットだと言われたとのこと。「どうして、そんな急なのですか?」と叔母が聞いてみると、斎藤さんは、「昨年の8月に通知を出したのですが、手続きをされなかったので、今日が最終締め切りです」と言われたそうだ。叔母は、「通知は受け取っていないですよ」と斎藤さんに伝えると、「小さいので、見落とす人が多いんですよ」と。それは、一大事だと感じた叔母は、大慌てで、私の家に助けの電話を掛けたのであった。

「ところで?旭新町のスーパー◯マザワの近くに社会保険庁ってあったっけ?」と私が叔母に聞いてみると、「ううん、社会保険庁じゃなくって、◯マザワの機械のところへ着いたら、携帯で電話しろって言われたの」というので、「え?機械って、もしかして、ATMのこと??」と聞くと、「そう。近所の銀行ではダメなのか?と聞いたら、清◯屋か◯コープか、◯マザワの機械じゃないとダメだって言われたのよ。とにかく、もう時間が過ぎているから、急いで!」という叔母の話・・・・・・・


「叔母さん、それって、詐欺じゃないの?叔母さんが、これから行かなければいけないのは、◯マザワじゃなくて、警察署だよ。昨日、テレビのニュースで社会保険庁と名乗る人物から、還付金給付のためとATMに誘い出して、携帯で操作指示をして、100万円位を逆に振込ませる詐欺の手口をやっていたのを見たよ」と言って、ハンドルを◯マザワとは、反対の方向へ切った。
叔母は、「還付金なんて、いらないから、もう家に帰る!警察へ行くなんて、恥ずかしいから嫌だ!」と駄々をこねたが、私は、「これが、本当に詐欺かどうか、確かめないと、いつまでたっても、還付金をもらいそこねたかもしれないと思ってしまう。それだと、詐欺じゃないかと疑った私も恨まれてしまうから、ハッキリさせないとダメだよ。今日あったことは、今日のうちに解決しようよ」と説得した。

酒田警察署に着いて、「叔母が、不審な電話をもらったので、相談にきました」というと、生活安全課を案内された。事情を話すと、すぐに、「あ〜、それは、還付金詐欺ですね」と、このチラシを見せられた。


f0078014_2210352.jpg
まさに、ここに書かれているパターン通りであった。
しかも、叔母は、キャッシュカードの磁気が壊れているといけないので、夫婦二人のありったけのキャッシュカードを持ってくるようにと犯人に言われて、ちゃんと持参していたのであった。(爆)
警察の担当者から、「お母さん、姪っ子さんに助けられて、よかったですね〜」とやさしく声をかけられると、叔母は、私の手をしっかりと握って、涙を流しながら、「Ricoちゃんありがとう」と小さくなった。そんな叔母を見たら、善良な人を騙そうとする詐欺グループへの怒りが込み上げてきた。

担当者の話では、先日も、酒田市内で、携帯電話をかけながら、ATMを操作している人を見かけた第三者が、その様子を見ていて、不審に思い、振り込み詐欺ではないかと、途中で操作をやめさせたおかげで、被害を阻止できたという報告が寄せられたそうだ。

酒田警察署では、このチラシを作成し、「携帯電話をかけながら、ATM操作している人がいたら、すぐに声を掛けてください」と、各金融機関にお願いしたところだそうだ。
「私にも、このチラシを下さい。私の母にも、気をつけさせたいので」と言うと、5部コピーしてくれた。「周りの方々にも、是非気をつけるように教えてあげて下さい」と担当者に言われたので、「はい、了解しました。ブログにもUPします」と約束をしてきた。

<不審な電話がかかってきたら、迷わず酒田警察署0234-23-0110へ電話して相談してください。一人で判断するのはやめましょう>

「ところで、この詐欺グループの0120の電話番号に、今すぐ、警察から連絡するとか調べるとかしないんですか?」と私は、担当者に突っ込んで聞いてみたら、「これは、刑事二課の方に回します」との返事。う〜ん・・・それぞれの部署で役割りが違うのはわかるけど、今、こうしてしゃべっている間に、新たなターゲットが被害にあっているのではないかと思うと、心配でならなかった。結局、警察は、被害がなければ、腰が重いんだなという印象であった。


f0078014_22384564.jpg
叔母を自宅に送り届けると、叔父が病院から帰ってきていた。
叔父は、自分の留守中に叔母がこんなことに巻き込まれていることは全く知らずに、かかってきた電話に出ていた。「奥さんは、いらっしゃいますか?先ほど、社会保険の件で相談をいただいて、電話をいただく予定になっていて、お電話をお待ちしていたんですけど、まだだったので、電話してみました」という内容だったそうだ。それが、2度も!それを聞いて、やっぱり、警察へ行って、詐欺だということがハッキリさせておいてよかったと感じた。

とりあえず、一件落着したので、私も帰宅すると、我が家では、両親が、叔母の身の上になにがあったのかと、心配していた。両親に、還付金詐欺のチラシを見せて説明した。

それを見て、父も、「社会保険庁からは、ちゃんとこうした書面がきているんだぞ」と上のハガキを見せてくれた。

母曰く、「もし、Ricoがいなかったら、お父さんの携帯を借りて、私が運転して行ったと思う。そして、二人して騙されるところだった」とのこと。
父曰く、「俺だったら、◯マザワまで送ればいいんだろって、そんな面倒くさいこといちいち聞かないで、ただ送迎しただけだろうから、Ricoが行ってくれてよかったんだよ」とのこと。

そんなところに、また別の親戚の叔父が我が家にひょっこりやって来た。たった今、叔母さんが詐欺にあいそうになった話をすると、「俺の身内にそんな詐欺に騙されそうになる馬鹿くさい奴がいたとは、恥ずかしいぞ!しかも、人の携帯電話借りて、吹雪の中、送迎までしてもらって、振り込め詐欺に金を渡そうとしていただなんて、全くあきれる話だ!Rico!100万取られるところを救ったんだから、叔母さんから、焼肉でも、ごちそうしてもらうもんだ!」と笑い飛ばされた。

私は、お手柄だとみんなにほめられて、嬉しかったが、偶然、ニュースを見ていたから、詐欺だとわかっただけのこと。身内が、こんな事件に巻き込まれそうになったことは、腹立たしくもあり、恐ろしいことだと思った。


f0078014_22554996.jpg最後に、これは、今朝(平成20年1月24日)の山形新聞の記事である。
私の叔母も、同じように記事になっていたかもしれない。

今回の詐欺の最大の特徴は、『還付金ですよ。貴方の支払い過ぎたお金を受け取ってください』という甘い言葉で、ATMに誘い出すことである。お金を受け取るつもりが、携帯の指示通りに操作すると逆に巨額を振り込まされるという巧妙な仕掛け。

叔母の話を聞いて感じたのは、相手を1パーセントも疑っていない恐ろしさであった。
そして、叔母は、「私は、絶対に詐欺にはあわないと思っていたのに。<振り込み詐欺に注意>というシールを電話に貼っていたのに」という悔しさが気の毒であった。
今日は、私も、勉強させてもらった。

私にできることは、今日、自分が体験したこのことを一人でも多くの方に伝え、同じような詐欺被害にあわないことを願うことである。
そのため、このブログの存在をありがたく感じている。


今日は、長文になってしまい、最後まで読んで下さった方には感謝したい。
ぜひ、これを読んだ方の周りの方(特にご両親)などに、気をつけるようにお話しをしてあげて欲しいと思う。

私の母の名言『60代くらいで行動力はあるけれど、機械にウトい<婆>が、一番危ない!ATMまで一人で行ける体力がなければ、この被害にはあわずにすむだろう』とのこと。そういえば、私が見たテレビのニュースの被害者も、64歳の女性だったはず。
それは、言えているかもね!(笑)
[PR]
by starlitsky_2006 | 2008-01-24 23:59

大相撲初場所開催中『力士の似顔絵湯呑み茶碗』の巻♪

f0078014_23432125.jpg
これは、昨年の夏に大相撲酒田場所(平成19年 大相撲夏場所地方巡業)に行って、父がおみやげに買ってきた品。
相撲ファンにとっては、買ってまでも欲しい品物なのだろうけど・・・(^^;
これで、お茶を飲む気にはなれず、食器棚の肥やしとなってしまっていた。

ところが、ただ今、大相撲初場所が開催されており、朝青龍が土俵に戻ってきたことで、大相撲の勝敗が気になる。今日現在で、両横綱が1敗ずつなので、千秋楽をむかえるまで、どうなるのかが楽しみである。
やっぱり、両横綱がいた方が、相撲は面白い。そんな気持ちで見ていたら、この湯呑み茶碗のことを思い出し、引っぱり出してみた。


f0078014_2352614.jpg
これ、誰?っていうほど、似ていない似顔絵もあって、笑える!


f0078014_235318.jpg
期待の星も、なんだか、老けて見える。


f0078014_23535331.jpg
あ〜、これは、すぐにわかった!この方もモンゴル出身なんだよね。


f0078014_2354519.jpg
この力士は、生で見て、とっても格好よかった。私の身長と琴欧州の足の長さは同じなんじゃないかと思うほど、足がやけに長く見えた。


f0078014_23562943.jpg
このクラスが、もっと盛り上がってくると、もっと相撲は面白くなると思う。


f0078014_23571541.jpg
あははは!一瞬、ハマコーかと思ったよ!(笑)


f0078014_2358152.jpg
似てるかな?今度、もう少し、顔に注目して、大相撲を見てみようと思う。


f0078014_23593952.jpg
えーっ!!!これは、ないでしょう!
似顔絵が一番描きやすい力士なのに・・・なんで、こうなるの?面白くないなぁ〜。私が描いた方が似ているよ!


f0078014_012256.jpg
ん〜、白鵬って、つかみどころのない顔だから、似顔絵は難しそうだよね。


f0078014_062724.jpg
一番そっくりなのが、朝青龍であった。
この方の顔は、インパクトありますからね〜。
さてさて、千秋楽は、どうなるのか!大相撲初場所から、目が離せません!

あれ?私は、相撲ファンじゃなかったはずなんだけど・・・やはり地方巡業で、生で力士達の活躍を見た影響は大きいと感じている。
[PR]
by starlitsky_2006 | 2008-01-23 23:58

おこたイヌの大好物!茨城産天日干し『干し芋』頂戴したよの巻♪

f0078014_1322084.jpg
我が家の『おこたイヌ』こと、ぽぉ〜ちゃん。
つなぎの服の上にちゃんちゃんこを重ね着して、いつもこうして、こたつの横で丸くなっている。のぼせるといけないので、こたつの中は禁止!
『おこたイヌ』は、寒いこの時期、散歩が大嫌い!ぷぅ〜とぴぃ〜が、喜んで散歩へ出掛ける姿を見送ると、またすぐに『おこたイヌ』になってしまう。「こたつ命!」なのである。
そんな『おこたイヌ』が大好きな食べ物を親戚から頂戴した。


f0078014_14422033.jpg
ジャーン!茨城産の天日干し『干し芋』である。炙って、あつあつをいただきまぁ〜す!


f0078014_14475515.jpg
わんこ隊<頂戴ビ〜〜〜〜ム!>の視線攻撃を一斉に浴びた。
でも、ぽぉ〜は、なんだかねむたそう。
干し芋は、歯にネカネカくっつくので、わんこのおやつとしては不向きだ。でも、せっかく頂戴したので、本日は特別サービス!
天然の甘さの干し芋を噛みしめると、ホッとした気持ちになる。ブラックコーヒーにも合うおやつである。みんなで分け合っていただいて、美味しいね♪
ごちそうさまでした〜♪(^o^)
[PR]
by starlitsky_2006 | 2008-01-22 23:57 | DOG

冷蔵庫の残り物で、『もちグラタン』を作ったよの巻♪

f0078014_2014148.jpg
正月のお餅がまだあったので、食べなくては!と思い、冷蔵庫をゴソゴソ。
カニ風味かまぼこ、生クリーム、ピザ用チーズ、白ワインを発見!冷凍庫を見たら、ピーマンとパプリカをたくさんいただいたときに、カットして冷凍していたものを発見!!というわけで、残り物で、『もちグラタン』を作った。
画像ではわからないけど、グラタンの下の方に、焼きもちが入っている。チーズともちが、ビロ〜ンとのびて、美味しい♪
何よりも、冷蔵庫がスッキリして嬉しい。残り物料理って、好きだなぁ〜。
このところ、雪道が怖いので、できるだけ、買い物をせずに、冷蔵庫&冷凍庫&食品庫のものを食べ切るようにしている。知らず知らずのうちに、結構食品をため込んでしまっているのには驚いた。賞味期限もあるので、早めに食べ切らねばならない。(^^;
[PR]
by starlitsky_2006 | 2008-01-21 23:58 | Rico's kitchen

母の『SAORI遊び』の巻♪

f0078014_23294446.jpg
これは、母が、残り糸をいろいろ混ぜて、織ってみたいということで完成させた5メートルのさをり織り。
今日、雪の上に置いて、撮影してみた。
母が、<無心>に織ったさをり織りは、とってもカラフルで、楽しさが伝わってくる。
まるで、雪のキャンバスに絵具を塗ったようである。
この布も、服に仕立ててみるのだそうだ。
いつ、どこで、誰が、どのように着るとか、そういうことは、一切考えずに<無心>で織った母のさをりの生地は、一体どんな感じの服に出来上がるのだろう?楽しみである。

『さをり』はアート。
アートとは人間の技のこと
しかも二つとないもののこと


と『さをり』の創始者/城みさを先生の著書に書かれてあった。
母は、この言葉が大好きなのだそうだ。

遊び心豊かに創作活動を楽しむ母の姿を微笑ましく思う。
[PR]
by starlitsky_2006 | 2008-01-20 23:58 | SAORI