Rico's Room

rico2006.exblog.jp
ブログトップ

<   2008年 02月 ( 24 )   > この月の画像一覧

某企業3社合同新年会(ホテルリッチ&ガーデン酒田)にて、『ぽけっと』ライブやったよの巻♪

f0078014_2314216.jpg
今夜も、『ぽけっと』に演奏依頼をいただいたので、ホテルリッチ&ガーデン酒田にてライブをやってきた。


f0078014_2324426.jpg
地元の某企業3社合同新年会ということで、知り合いもちらりほらりという感じであった。私の知り合いは、私がバンドをやっていることを知らず、『ぽけっと』として登場した私を見て、ビックリしていた。
今夜は、200名の社員のみなさまの前で、演奏させていただいた。


f0078014_233521.jpg
こちらの某企業の社長さんが、以前、『ぽけっと』の演奏を観たことがあり、今夜、私たちを招いて下さったのだそうだ。本当にありがたいことである。


f0078014_2342771.jpg
新しくなったホテルリッチ&ガーデン酒田のこの会場で演奏させていただくのは、今回で3度目。音のバランスもよく、今夜も、金内さんのマーチンD45が鳴り響いた。


f0078014_2345248.jpg
人気者の禎彦さんは、会場に知り合いだらけであった(笑)
今夜も、みなさまから、あたたかい拍手や声援を頂戴し、楽しく演奏させていただいた。

某企業のみなさま、ホテルリッチ&ガーデン酒田のみなさま、そして、音響のお手伝いをして下さったハーベストムーン氏に、心より御礼を申し上げます。


ところで、私自身の今週を振り返ってみると、横浜の叔父の葬儀に出席し、翌日から2連チャンの『ぽけっと』ライブ。そして、今夜のライブと、超多忙であった。
私たち『ぽけっと』をプロと勘違いしている方もいらっしゃるようであるが、あくまでも「趣味の音楽活動です」ということで念を押しておきたいと思う。
演奏させていただけるだけで、大変ありがたいです060.gif
[PR]
by starlitsky_2006 | 2008-02-29 23:17 | フォークバンドぽけっと

鶴岡ワシントンホテル<ワンナイトカーニバル>に『ぽけっと』出演したよの巻♪

f0078014_17325242.jpg
鶴岡ワシントンホテル<ワンナイトカーニバル>に『ぽけっと』出演するために、昨日の午後4時半に鶴岡ワシントンホテルへ行った。
久々に鶴岡駅を見ると、酒田駅と似たような寂しさになっていて驚いた。駅前のマリカが閉館して、人の気配が消えてしまったようである。


f0078014_1737952.jpg
<ワンナイトカーニバル>の会場は、3Fマリカ市民ホール。とても広い会場であった。


f0078014_17394292.jpg
食べ放題&飲み放題の企画であるが、なんといっても、このカジキマグロの解体ショーが目玉。私は、『ぽけっと』出演まで控え室にいたので、解体ショーは、残念ながら見ることができなかった。この巨大なマグロを捌くのは大変だっただろうと思う。
『ぽけっと』の出演は、マグロの解体ショーが終わって、お客様に刺身を振る舞った後からであった。


f0078014_1746125.jpg
いよいよ、『ぽけっと』の演奏のスタート♪
昨夜は、215名という予想以上のお客様の入りであった。天気が悪かったが、やはりこのイベントを楽しみにして足を運んだのであろう。
これまでのライブ経験では、酒田の人に比べて、鶴岡の人は、シャイな人が多いという印象であった。ところが、昨夜のお客さんの歓声や拍手は、凄かった!お客さんが楽しんで下さる様子を見て、『ぽけっと』も楽しませていただいた。
やはり、ライブは、演じる側と観る側が一緒に盛り上がって、いいライブになるのである。
昨夜も、ハーベストムーン氏に音響を担当していただいた。これまで以上に、金内さんのギター(マーチンD45)の音色が、ピューーーンと場内に鳴り響き、素晴らしかった。きっと、お客さんも、ギター(マーチンD45)の音色の凄さを感じたのではないだろうか。音響は、会場の構造の影響を受けて、毎回違う。だからこそ、ハーベストムーン氏に、『ぽけっと』の専属音響師になっていただいて、助けてもらっている。
それから、禎彦さんのトークも面白く、お客さんの笑いを誘っていた。『ぽけっと』にとって、禎彦さんの遊佐弁トークは、魅力のひとつであると思う。
とにかく、『ぽけっと』を鶴岡のお客様にあたたかく受け入れてもらえて、楽しい楽しい<ワンナイトカーニバル>となった。
お世話になりました、鶴岡ワシントンホテルのみなさまに、御礼を申し上げます。
[PR]
by starlitsky_2006 | 2008-02-28 18:46 | フォークバンドぽけっと

外野集会所にて、『ぽけっと』千代田老人クラブのみなさんの前で演奏するの巻♪

f0078014_061084.jpg
こちらは、昨日の酒田市郊外の外野集会所。この場所で演奏させていただくのは、今回で2度目。
千代田老人クラブのみなさんの新年会ということで、午前11時半からの『ぽけっと』ライブであった。
横浜の叔父の葬儀の日と重ならなくて、本当によかったと思ったが、前日、夜遅くに横浜から帰宅した私は、体調的にかなり辛かった。
でも、そんな私の状況を金内さんと禎彦さんが理解してくれて、二人のフォローのおかげで、みなさんに『ぽけっと』の演奏を楽しんでもらうことができた。
バンドってありがたいなと感じさせていただいた日であった。一人じゃないって、いいよね♪


f0078014_095782.jpg
「腰が痛くて、集会所まで歩いてくるのは大変だったけれど、今日は、<楽団>の演奏を楽しみにしてきた」と言って下さったおじいさんがいて、嬉しかった。
『ぽけっと』の演奏に合わせて、指揮をする人もいれば、踊り出す人もいて、それぞれに楽しんでもらい、こちらも楽しかった。

童謡「ふるさと」を演奏していると、晩年になってから、「酒田に帰りたい」と言っていた横浜の叔父のことを思い出し、涙をこらえながら演奏した。



f0078014_0521269.jpg
最後に、千代田老人クラブのみなさんと『ぽけっと』と一緒に集合写真撮影!
今度、南遊佐の広報にこの写真を載せるそうである。南遊佐の職員の方が、取材に訪れていて、ちょっと驚いてしまった。
私は、小さな集会所でのアットホームなライブも好きなのであるが・・・千代田老人クラブのみなさんは、もっと、『ぽけっと』を有名にして、南遊佐の大きなステージで演奏させてあげたいと思って下さっているようである。まるで、『ぽけっと』のファンクラブというか、サポーターみたい!(笑)
『ぽけっと』のライブを楽しんで下さっている証拠だと思う。ありがたいことである。

帰宅してから、横になって休んだら、体調が良くなった。やはり、ライブ前の体調管理は大切だとしみじみ感じたが、今回は、不幸ということで、仕方がなかった。コンディションが最悪の中でのライブとなってしまったが、これも、いい勉強をさせていただいたように思う。
いろんな状況で、ライブを体験させていただいて、いつか金内さんや禎彦さんのように、ライブに強いプレイヤーになりたいと思う。
体調は悪い中でも、昨日のライブは、楽しかった♪音楽に癒された。

今夜は、鶴岡ワシントンホテルの『ワンナイトカーニバル』での演奏。天気が荒れないといいなぁ〜。
[PR]
by starlitsky_2006 | 2008-02-27 01:02 | フォークバンドぽけっと

2008.2.24〜25叔父の葬儀出席のため、横浜へ行ってきました。

f0078014_23241179.jpg
ここは、新庄駅。
去る2月22日午前4時過ぎに横浜の叔父が、病院にて亡くなったとの知らせがあった。24〜25日に、遊佐の叔父と私の母と私の3人で、お通夜と告別式出席のため、横浜へ向かった。
ところが、強風の大荒れの天気の為、飛行機は欠航、いなほも運休ということで、新庄から山形新幹線つばさで行くことにした。酒田からの陸羽西線は、遅れがでそうだったので、新庄駅まで父に車で送ってもらった。
朝の5時に家を出発!
強風で、地吹雪の中を強行運転して、新庄駅に到着した。


f0078014_23304671.jpg
新庄7時16分始発のつばさに乗った。この強風の中、無事に横浜まで辿り着けるだろうかという不安を抱えての乗車であった。


f0078014_2333220.jpg
つばさに乗る前に、遊佐の叔父と母とのツーショット。亡くなった横浜の叔父は、この二人の一番上の兄である。


f0078014_23373528.jpg
定刻通りに出発したが、福島の手前の駅で、停車した。「那須塩原〜宇都宮間で、風速35m/s以上を観測し、新幹線の運転を見合わせます」とのアナウンスのまま、約3時間半、車内に缶詰状態であった。


f0078014_23413815.jpg
福島駅に到着して、東北新幹線やまびこと連結したが、発車しない・・・今度は、「那須塩原〜宇都宮間で、倒木が発見され、撤去作業にあたります」とのことで、さらに1時間半、福島駅止まりであった。


f0078014_23443959.jpg
ようやく東京駅に到着したのは、17時過ぎ!(本来の東京到着予定時刻は、10時58分!)
上野駅から東京駅の間が、なんと40分近くかかったのには驚いた!
私たちは、約10時間も新幹線に乗っていたのである。
結局、横浜の叔父のお通夜には間に合わなかった・・・。無事に横浜に行けただけでもよかったと思うしかない。

翌日9時からの告別式に出席させていただいて、きちんと横浜の叔父にお別れをすることができた。
横浜の叔父には、特別に可愛がってもらった私。たくさんの思い出があるので、ありがとうございましたという感謝の気持ちを伝えてきた。


f0078014_23541561.jpg
25日の横浜は、快晴で、風も穏やかであった。「気温8度で、今日は、寒い」と横浜の人に言われて、ビックリした。
遊佐の叔父と私の母との珍道中ネタは、時間があるときにUPしたいと思う。
[PR]
by starlitsky_2006 | 2008-02-26 23:58 | TRIP

さをり織り衣装『ワンナイトカーニバル』完成の巻♪

f0078014_10471840.jpg
先月、母が遊びながら織り上げた『さをり織り』の布。
これをさをり織りの仕立てで、『ぽけっと』のステージ衣装を作ってくれた。


f0078014_10561195.jpg
この衣装も、端切れを全く出さずに、仕立て上げた。さをりの仕立ては、本当に面白い。
最初は、ウエスト部分が絞られていなかったが、少し、洋服らしく加工してもらった。母は、トルソーを使って、あっちつまみ、こっちつまみ。型紙なんてないのである!(笑)


f0078014_113820.jpgf0078014_1132374.jpg
横向きにした時に、ちょうど、風が吹き、歩き出したように見えた。後ろ姿の配色も面白い。
それにしても、いい加減に織った割りには、楽しい衣装が完成して、すごいなと思う。
さをりファッションデザイナー<ゆき>の今年第2作目である。

この賑やかな色の衣装は、2/27(水)に開催される鶴岡ワシントンホテル主催のワンナイトカーニバルで着る予定。カーニバルのイメージぴったりの衣装で、楽しいライブになりそうな気がする。やっぱり、衣装って、大事だよね。

今夜、久々の『ぽけっと』の練習である。衣装からしても、『もっけだーズ』とは、全く違うバンドなので、どちらも楽しみたい。




今日の心に響く禅のことば108

f0078014_11335216.jpg5.一刀両断(いっとうりょうだん)

決断が必要な時もあるけど、曖昧にしていた方がよい場合もあると思う。禅の教えでは、そのようである。
その場の空気を読むことが、大事なんじゃないかな。

それにしても、昔の字は、画数が多くて、大変だなぁ〜。
[PR]
by starlitsky_2006 | 2008-02-21 11:32 | SAORI

やってきました!『確定申告』の時期到来の巻♪

f0078014_12144799.jpg
今日、頑張って、仕上げます!わからないところは、税理士さんにお願いします。



今日の心に響く禅のことば108

f0078014_12193975.jpg4.喫茶去(きっさこ)

昔、こういう名前の喫茶店って、見かけたよね。
今は、カフェブームで、喫茶という言葉が懐かしい印象を受ける。

喫茶去。日常の中に取り入れて行きたいと思う。
[PR]
by starlitsky_2006 | 2008-02-20 12:27

エレクトーンEL-90のMUSIC DISK RECORDER故障!部品交換修理の巻♪

f0078014_16425252.jpg
先月、エレクトーンEL-90のMUSIC DISK RECORDERが故障した。1996年製のエレクトーンなので、そろそろガタがきてもおかしくない。このままでもいいかなとも思ったが、楽器屋さんに相談してみると、「そんな!もったいない!!部品のあるうちに直しておいた方がいいですよ!先日、同じ所を直した人がいて、まだ、部品はありました。もう、この部品の製造はしていないので、部品は残っているだけなんですよ」と教えてくれた。
部品の交換修理代を見積もってもらったら、19,800円。高いとか安いとかの問題じゃなくって、直せる時にしか直せないわけなので、修理をお願いした。
そして、無事に部品交換終了!
「ちゃんと直ったかどうか、確認してください」と言われ、試しに1曲弾いてみた。すると、修理して下さった方が、ビックリ!「エレクトーンの先生以外で、ここまでエレクトーン弾きこなす人が、酒田に存在したということに驚いた」ということであった。その驚きぶりには、私も驚くほど。
エレクトーン教室に通ったことのある生徒さんはたくさんいるはずなのに・・・。
ピアノ教室でピアノを習う人は多いけれど、バンドなどで、キーボードをやる人は、酒田にはいないのだそうだ。「どうしてなんでしょうね?」と二人で頭を傾げた。

私も、金内さんとの出会いがなければ、人前でキーボードを弾くことはなかったと思う。趣味で弾いていただけなので、自分の演奏が、多くの方々にこんなに喜んでもらえるとは思ってもいなかった。ライブの世界に導いてくれた金内さんに感謝している。
そして、このエレクトーンを譲ってくれたのは、『もっけだーズ』のバンマスことフレ金さん!ちゃんと修理したので、これからも、大切に使わせていただきますね。

それにしても、金内さんとフレ金さんと一緒に『もっけだーズ』として、希望ホールでデビューすることになるとは・・・人生って、とっても不思議で、面白いなぁ〜と思う。これからが、ますます楽しみである。



今日の心に響く禅のことば108

f0078014_17205475.jpg3.帰去来(ききょらい)

060.gifあの〜ふるさとへ帰ろかなぁ〜 帰ろかなぁ〜

という意味であるが、私も、ふるさとへ帰って来て、豊かな自然と家族&仲間に囲まれ、今、とても幸せだと感じている。

ふるさとは、本当にありがたい。
[PR]
by starlitsky_2006 | 2008-02-19 19:13 | MUSIC

『もっけだーズ』デビュー♪

f0078014_16414618.jpg
2月17日(日)に酒田市民会館「希望ホール」にて行われた「レインボーコンサート」で、生バンド『もっけだーズ』はデビューさせていただいた。
この画像は、演奏が終わり、楽屋入口で撮ってもらったもの。
いい演奏ができて、充実感がみんなの表情にあふれている。
とにかく、連日、一生懸命練習した。仕事を終えて、金内さんのスタジオで全員が集まれるのは、夜11時近くになってからであった。

『もっけだーズ』のメンバーは、普段は、ロックバンドをやっているので、周りの人たちからは、「はたして、演歌や歌謡曲の生バンドができるのだろうか?」と不安に思われていた。
そう思っていた人たちが、『もっけだーズ』の本番の出来に一番驚いていたようである。


f0078014_17193479.jpg
それにしても、『もっけだーズ』のデビューが、酒田市民会館「希望ホール」とは、本当に「もっけだのぉ〜」であった。(笑)
しかも、今回は、5人の歌手の方が選曲をしたので、私は、知らない曲ばかり。音源が揃ったのは、1/10。楽譜はなく、歌詞カードに金内さんがコードをふってくれたものを譜面代わりにして、それぞれがCDを聴いて音を拾っていった。
「楽譜がないと弾けない」という人たちから、「すごい芸当だ」と言われた。
『もっけだーズ』のメンバーは、「音楽センス」で弾ける人たちだと思っている。それが、この大ステージで発揮させていただけたことに感謝したい。

私の両親も、楽しみに見に来てくれた。家族には、大寒波の連日、深夜過ぎまで練習してから帰宅していたので、心配をかけてしまった。『もっけだーズ』のデビューをこの大舞台で見てもらうことができて、本当に嬉しかった。演奏風景は、父にお願いして、撮影してもらった。


f0078014_1730138.jpg
司会の高橋弘哉さんが、『もっけだーズ』を紹介。『もっけだーズ』のテーマソングで、生バンドコーナーが始まった。生バンドコーナーは、今回のイベントの目玉の一つ。
まずは、高橋弘哉さんが、<酒は男の子守歌>を披露。プログラムには掲載されていない。サプライズ企画だったので、お客さんは、高橋弘哉さんの歌声を聴くことができて、大喜びであった。
お客さんの拍手を聴いて、高橋弘哉さんの人気の高さを感じることができた。

f0078014_1745221.jpg
続いて、佐藤良子歌謡教室の古畑まきさんが歌う<ごめんね>。
高橋真梨子になりきって熱唱!本番では、彼女のオーラを感じ、『もっけだーズ』もドラマチックに演奏することができた。

演奏後、「歌い終わってから、感激して泣いてしまった。感激して涙がでるなんて、十何年ぶりのことでビックリした。歌っているときも、バンドのみなさんが、私を支えてくれているって感じがした」と古畑さんが言ってくださり、その言葉に私も感激した。『もっけだーズ』は、バックバンドとしてではなく、歌手の方と一体となり、一つのバンドとなれたことが、なにより嬉しかった。その一体となった生ライブのパワーは、お客さんにも伝わったのではないだろうか。


f0078014_1817617.jpg
続いては、MBボイス歌の道より渡部千春さんの<演歌桜>。
この曲は、三味線が鳴り響く曲なので、津軽三味線の佐藤正一さんとコラボレーション。千春さんの若さあふれる歌声と共に、迫力のステージになったと思う。

演奏後、「私の父もバンドマンなんだけど、『もっけだーズ』にはかなわないと言って、帰っていったよ。他の生バンドは歌いにくくて、カラオケの方がいいと思っていたけど、『もっけだーズ』さんは、歌いやすかった」と千春さんに言っていただいた。


f0078014_182564.jpg


f0078014_18252320.jpg

中央のステージを挟んで、メンバーは2つに分けられてしまった。離れていても、メンバーの呼吸を合わせることができて安心した。
おそらく、この先、こんなにメンバーが離れて演奏することは、ないだろうと思っているが・・・『もっけだーズ』デビュー戦にしては、過酷な条件だったと思う。
照明が落ちたりして、普段の練習のときとは、環境が全く違ったが、練習通りに演奏することができたので、大きな自信になった。


f0078014_1829894.jpg
続いて、レインボー歌謡塾から山本一彰さんの<PRAY FOR YOU>。
これは、バラードのオリジナル曲。ゆっくりと情感を込めて弾くように気を付けた。最後の金内さんと勝洋くんのツインエレキギターが超格好良くて、気持ちよかった。


f0078014_18382915.jpg
山本くんも、リハーサルとは別人で、落ち着いて登場し、声量豊かに歌い上げた。さすが、CDを出しているだけの歌声であった。

演奏後、「生バンドすごくいいです!気持ちよかったです!!これからも、スタジオに遊びに行ってもいいですか!?」と、ハイテンションな山本くん。彼は、ロックバンドのボーカルとしてもいいと思う。


f0078014_18393591.jpg
生バンドコーナーのラストは、佐藤良子歌謡教室を主宰されている佐藤良子さんの<娘に・・・>。
良子さんの歌唱力を最大限に生かす為に、最初は、アカペラで歌ってもらった。この曲の聴かせ所は、勝洋くんのガットギターと金内さんのマーチンD45の生ギターの音色。私は、キーボードで、ハーモニカの音色を再現。娘を思う父の思いを表現した。


f0078014_1849412.jpg
『もっけだーズ』は、そもそも、『YOSHIKOともっけだーズ』として結成しようということで集まった仲間である。ところが、今回このような企画イベントに良子さんが『もっけだーズ』を紹介し、<生バンドコーナー>ということで、いろんな人に歌ってもらうということになったのである。
良子さんとの出会いがなければ、私は、希望ホールで演奏することはなかっただろう。良子さんに感謝しつつ、早く『YOSHIKOともっけだーズ』の持ち歌を完成させたいと思っている。


f0078014_18534683.jpg
こうしてみると、演歌歌手の方って、衣装代が大変だなぁ〜と思う。
もちろん、バンドの方も、楽器や機材購入費&スタジオ代などとそれなりに大変といえば、大変なのであるが・・・結局、みんな好きだからやっているということは、同じである。


f0078014_1858411.jpg
そして、ガラリと衣装をかえて、登場した佐藤良子さん。ピアノ伴奏は、鈴木隆義さん。
私の大好きな曲、ホイットニー・ヒューストンの<すべてをあなたに>を熱唱。
舞台袖から撮影したので、こんな写真しか撮れなくて、ごめんなさい。


f0078014_1963720.jpg
ここは、舞台裏。キーボードセットとドラムセットは、このようなタイヤの付いた台にのせてスタンバイしていた。この台は、このコンサートのために作ってくれたのだそうだ。舞台裏のたくさんのスタッフに支えていただいて、本当に「もっけだのぉ〜」という気持ちでいっぱいであった。
受付や駐車場案内など、いろんな方のご協力のおかげで、入場者数は、1,210人だったそうだ。チケットの売上げは、もっとあるだろうから、大成功のコンサートであった。


f0078014_1913394.jpg
「レインボーコンサート」が終了してから、サンルート酒田に会場を変えて、打ち上げに参加させていただいた。
『もっけだーズ』の席には、一緒に歌った歌手のみなさんが集まり、みんなで記念撮影♪「すんごく楽しかったね〜!かんぱぁ〜い!」と大盛り上がり。
「また、生バンドで歌いたい」と言われて、嬉しい限り。でも、その一方で、今回、生バンドで歌えなかった人からひがまれてしまった。
「ひがまれるくらい、デビューで、いい演奏ができたのなら、嬉しいよね」と思う満面の笑みの『もっけだーズ』であった。


f0078014_19230100.jpg
高橋弘哉さん司会生活30周年を記念して企画された「レインボーコンサート」。
その高橋弘哉さんを囲んで、記念撮影♪
高橋弘哉さんのように、これだけ人望を集められる司会者って、なかなかいないと思う。これからも、様々な場所で、ご活躍されることを願っています。
[PR]
by starlitsky_2006 | 2008-02-18 19:46 | 演歌&歌謡バンドもっけだーズ

これから、「レインボーコンサート」に『もっけだーズ』で出演してきます!

f0078014_9304657.jpg
こちらは、昨夜行ったリハーサルの時に撮影した希望ホール。
大ホールの裏側は、大勢のスタッフの方々が汗して支えてくださっていた。
こうして、ステージ側から客席を見ると、美しい光景だと思った。
今日は、満員で、立ち見もでそうである。
会場の雰囲気にのまれず、演奏を楽しみたいと思う。

昨夜のリハーサルが終わってから、フレ金さんと金内さんは、「打ち上げが楽しみだー!いい酒が飲めそうだー!!」と満面の笑み。そう言われると、緊張感がほぐれてくる。
さすが、キャリアのある二人は、余裕だなと思う。そんな尊敬するメンバーと一緒に『もっけだーズ』としてデビューできることは、本当にありがたいことである。
これまで、一生懸命練習してきたことを信じて、これから、行ってきまぁ〜す!!
[PR]
by starlitsky_2006 | 2008-02-17 09:46 | 演歌&歌謡バンドもっけだーズ

明日、いよいよ『もっけだーズ』デビュー!+初めてドラムを叩いたよの巻♪

f0078014_1102310.jpg

f0078014_115934.jpg
明日(2/17)、我ら『もっけだーズ』は、レインボーコンサートにて、いよいよデビューとなる♪
今夜、希望ホールにて、リハーサルする予定であるが、一体、どうなることやら?ドキドキワクワクといった心境である。
『もっけだーズ』は、『もっけだーズ』のテーマソングで登場する予定!そのテーマソングを作曲したのは、フレ金さんである。ユーモアのあるメロディーとスウィングのリズムが、<おもろカッコイイ>といった印象。こういうテーマソングをパパッと作れてしまう『もっけだーズ』のメンバー(私を除く)って素晴らしいなと思う。


f0078014_1173056.jpg
昨日、一昨日の二日間は、Kスタジオにて練習させていただいた。仕事で遅くなっていたドラムの今さんを待つ間、私は、フレ金さんから、8ビートのドラムの叩き方を教えてもらった。
私がドラムの練習をしていると、ギターのマサ君と金内さん、ベースのフレ金さんが、なんとセッションで弾き始めてビックリ!まだ、正確なリズムが叩けていない私のドラムに合わせられるなんて、すごいと思った。にわかドラマーに変身して、楽しませていただけたことに感謝している。
マサ君から、「Ricoさん、最初から、こんだけ叩けるんだったら、スタジオ来るたびにドラム練習した方がいいと思うよ」と言われ、ちょっぴりその気になっている私。(^^;
フレ金さんから、今度は、16ビートを教えてもらいたいと思っている。
ドラムは、私にとって、予想以上に楽しい楽器であった。060.gif


今日の心に響く禅のことば108

f0078014_1415832.jpg2.善哉(ぜんざい)
「善きかな〜!」ブラボーってことだよね。
『もっけだーズ』も「善きかな〜!」と言って頂けるようにいい演奏ができることを祈っている。
[PR]
by starlitsky_2006 | 2008-02-16 01:46 | 演歌&歌謡バンドもっけだーズ