Rico's Room

rico2006.exblog.jp
ブログトップ

<   2009年 11月 ( 28 )   > この月の画像一覧

『アンジェロ』秋の特別企画「酒田の新米と秋の味覚の創作イタリアンフルコース」の巻♪

f0078014_132152.jpg
今日の昼、11月末日までの期間限定Angelo(アンジェロ)秋の特別企画「酒田の新米と秋の味覚の創作イタリアンフルコース」をいただいた。

今日は、今年、仕事上で出会わせて頂き、大変にお世話になった方と、ご一緒にランチをさせていただくことができて嬉しかった。
責任感の強い女性で、頼もしく、仕事の面で、大きな力になっていただいた。今年は、素敵なご縁が多い一年だったと思う。
久々にゆっくりとお会いできたので、お互いの近況などの話になった。
彼女は、来年から、大きな仕事を手掛けられるそうで、私も、大変嬉しく思った。心から、エールを送りたい。


さて、さて、イタリアンフルコースの話題へ・・・
かなり前にチケットを購入していたので、正確な金額を忘れてしまったのだけれど、たしか、三千円台だったような気が・・・042.gif
「新米づくしのイタリアンフルコース!」というのにとっても興味があり、即チケットを購入したのであった。

着席すると、食前にと、「新米の香りの玄米茶『コシヒカリ』」が運ばれてきた。炒り立ての新米が香ばしく、クセがないので、飲みやすいお茶だった。
イタリアンで、いきなり玄米茶とは、意表つかれたけれど、ホッとなごませていただき、リラックスしてイタリアンフルコースをいただくことができた。


f0078014_1555012.jpg
前菜「お米のクロスティーニ 庄内浜のお魚のタルタルを添えて『ササニシキ』」
クロスティーニって何だろう?と思ったら、おこげみたいなものだった。でも、おこげよりも油っこさがなく、カリカリ香ばしくて、そのままでも美味しかった。
お魚は、平目で、タルタルではなく、バジルソースだったような感じだ。その日の食材で、メニューの内容は変わることがあるのだと思う。
平目のバジルソースも美味しかった011.gif イタリアンらしい味わいだった。


f0078014_213375.jpg
パスタ「米の粉のスパゲッティ仕立て 庄内町産マッシュルームのクリームソース『オオチカラ』」
まず、盛り付けの美しさにうっとり。
米の粉のスパゲッティは、お米のもっちり感が楽しめた。ベーコンのだしが染み込んだクリームソースとよく絡んで美味しかった!パスタ単品でも食べたいくらいだった。パルメザンチーズが、香り豊かで、さすが!というほどの存在感であった。


f0078014_251622.jpg
魚料理「秋鮭と平田産赤葱ピラフのパートブリック焼き『プリンセスサリー』」
Angeloさんは、地産地消の食材をふんだんに盛り込んだメニューとなっている。
平田産赤葱だけでなく、櫛引産の「あやめゆき」というカブを使用していた。
パートブリックとは、春巻きのことかと思ったら、違っていた!チュニジア料理から由来したもので、小麦粉、植物油、塩を原料として作られた薄いクレープ状の皮で、春巻きよりも弾力があった。
その中から、秋鮭とピラフが出てくるという手の込んだ一品だった。『プリンセスサリー』というお米の品名があるということにビックリした。
「絶対に、家庭では真似のできないプロの技だよね」と、会話しながら、ありがたくいただいた。

イタリアンというと、トマトソースのパスタなど、家でも作ることができそうな料理のイメージを持っていたけれど、Angeloさんで食事をするようになり、イタリアンの世界の奥深さを知ることができた。


f0078014_223265.jpg
パン変り「秋茄子と生ハムのイタリアン風お寿司『ひとめぼれ』」
バルサミコ酢がさっと茄子の表面に塗られていた。
お寿司=お米が、激うまだった!
やっぱり、新米は美味しいと、シンプルに楽しめる一品。シェフは、一生懸命メニューを考えてくださったんだなぁ〜としみじみ感じた。


f0078014_2125473.jpg
肉料理「和豚もち豚のロースト 遊佐町産蜂蜜の香り焼き 焼き栗のリゾットと共に『はえぬき』
蜂蜜も遊佐町産というこだわりに驚いた!蜂蜜を和豚もち豚に塗って焼いたのだそうで、焼き目もとっても美味しそう!松の実がたっぷりトッピングされているところも、ポイントが高いよね!


f0078014_216789.jpg
こちらは、和豚もち豚の断面図!ナイフでカットしようとしても、やわらかすぎて、このように崩れてしまうほどとろとろもち豚だった。
角煮っぽいけど、香ばしさが角煮とは違って美味しいという逸品だった。豚肉のメインでこんなに美味しいとは!感激だった016.gif


f0078014_219238.jpg
そして、和豚もち豚のプレートに添えられていたのが、「焼き栗のリゾット『はえぬき』」だった。
リゾットの中にも、細かく刻まれた焼き栗がたくさん入っていた。リゾットに焼き栗!予想以上の美味しさ!これも単品でがっつり食べたいほどだった。


f0078014_2273026.jpg
ドルチェ「お米のモンブランと お米のミルクジェラート『ササニシキ』&エスプレッソコーヒー」
お米ってすご〜い!ドルチェにしても、とっても美味しい!
お米のモンブランは、お米のもちもちした食感が活かされていた。
お米のミルクジェラートは、お米のプチプチ感がよかった。

今日は、お米という食材をテーマにしたイタリアンフルコースを楽しませていただいた。お米の素晴らしさ&イタリアンの素晴らしさを学ばせて頂いた日であった。

Angeloさん、ごちそうさまでした!040.gif


そして、こちらは、Angeloさんのクリスマスチラシ!
私は、この中から、『クリスマスパーティーセット』を注文させていただいた。
今年のクリスマスは、我が家で、Angeloさんの料理&ケーキを囲んで、パーティーをしよう!024.gif
今から、クリスマスがとっても楽しみだなぁ〜016.gif

f0078014_2345533.jpg

[PR]
by starlitsky_2006 | 2009-11-30 23:58 | FOOD

『新旬屋 麺/酒田中町店』の「次世代ラーメン濃縮豚骨エビ風味」と「激辛旨味噌らー麺」を食すの巻♪

f0078014_2251960.jpg
土曜日のこと。
先日お邪魔した手作り雑貨 ゆうさんのオーナーさんが、中合清水屋の一角で、新旬屋 麺酒田中町店を経営されていらっしゃることを知り、MOMOちゃんと二人で、13時過ぎに行ってみた。
飲食すれば、清水屋の無料駐車券を出してもらえるとのことだったので、駐車場に困る事はなかった。

13時半近くというのに、ほぼ満席!人気のあるラーメン屋さんであることがわかった。


f0078014_23352100.jpg
私が楽しみにしていたのは、今月末までで、提供が終了してしまうという『次世代ラーメン濃縮豚骨エビ風味 750円』であった。
「最強の次世代ラーメン決定戦」で全国8店舗に残った話題の1杯ということで、ギリギリ間に合って嬉しかった。


f0078014_2310158.jpg
こちらが、『次世代ラーメン濃縮豚骨エビ風味 750円』。


f0078014_2314066.jpg
辛味噌は、こんな風に、レンゲとは別に、添えて出して下さったので、ありがたかった。
「最初、そのまま召し上がって、途中から、辛味噌を混ぜると、味の変化が楽しめますよ」とのことだった。このような提供の仕方であれば、途中から辛味噌を混ぜやすい。


f0078014_2318297.jpg
麺は、太麺と細麺が選べたようであるが、何も言わなかったら、自家製超極太麺だった。
久しぶりに太麺を食べたのだが、その美味しさに驚いた。もちもちぷりぷりの歯ごたえがたまらない美味しさだった。
スープは、豚骨スープに庄内産のエビ粉末をブレンドしたもので、色も味も、今まで体験したことのない、まさに次世代の味だった!
そこにニンニクチップの旨味も加わり、その不思議な味わいにどんどん引き込まれていくような感じだった!
半熟卵も、煮卵とはまた違った味わいで、とても美味しかった。

あまりにも美味しかったので、女将さんに「看板メニューにしたらいいんじゃないですか?」と聞いてみたら、「本社の方針で、11月いっぱいまでなんです」と言われ、がっかり。
「でも、酒田店の1周年記念なので、12月10〜末日までの期間限定で、提供しますよ!」との嬉しい情報をGETすることができた016.gif

「もう一度食べたい!」と思わせる魅力的なラーメンだったので、ぜひ、また足を運びたいと思う。


f0078014_23285811.jpg
こちらは、MOMOちゃんがオーダーした『激辛旨味噌らー麺(大辛) 700円』。
見るからに、辛そう!008.gif


f0078014_23351279.jpg
こちらのラーメンからは、細麺が顔を出した。
味見させてもらうと、細麺も美味しかった。
何よりも、鶏ベースのスープは、辛いけれど、ただ辛いだけというのではなく、旨味の味わいも楽しめ、一滴残らず完食だった。

いつも、あっさり酒田ラーメンを好んでいた私であるが、たまには、このようにパンチのあるラーメンもいいものだなぁ〜と思った。
家の近くに、美味しいラーメン屋さんが増えたことを嬉しく思う。リピート決定のお店である016.gif


f0078014_2345254.jpg
それから、セットメニュー、プラス250円で『エビ揚げ餃子』を付けてもらった。

マヨネーズと醤油でいただくと、エビマヨっぽい感じ+餃子の皮のパリパリ感が楽しめる美味しさだった。こちらも、おすすめ!

お店の営業時間は、11〜14時、18〜27時までと、なんと深夜3時まで営業されているのだそうだ。定休日は、火曜日から、月曜日に変更になったばかりとのこと。

深夜まで営業するだけあって、ドリンクメニューや単品メニューなどが豊富で、普通のラーメン屋さんとは違っていた。
美味しそうなメニューがいっぱいあったので、画像UPします。興味のある方はどうぞ御覧下さい。

ちなみに私は、『ぶた飯』や鉄板焼きメニューが気になった011.gif


メニューはこちら
[PR]
by starlitsky_2006 | 2009-11-29 23:47 | FOOD

『手作り雑貨ゆう』にて、わんこ隊用クラフトバスケットをオーダーメイドの巻♪

f0078014_195496.jpg
この写真は、安比ぬくもりの宿 むっていさんにて撮影したもの。
いつもわんこ隊が入っているこのバスケットは、PPバンドという梱包資材で編まれた手作りバスケット。とあるお店で、この3個を偶然発見し、大きさと耐久性と安さに惹かれて購入したのだ。
使ってみて、とても便利で、ありがたいのだけれど・・・この色合いが気に入らない!021.gif
似たようなものがないかと探してみたのだけれど、見つけることができなかった。

moca's Happy Timeというブログで、クラフトテープ作品を作っていらっしゃるmocaさんの存在を知り、わんこ隊のバスケットを制作して頂くことは可能かどうかと問合せをさせていただいた。

mocaさんのいろんな作品を実際に見てみたいということで、今日、mocaさんのクラフトテープ作品を展示販売している手作り雑貨 ゆうさんで、待ち合わせさせていただいた。


f0078014_1275057.jpg

f0078014_129663.jpg手作り雑貨 ゆうさんの店内には、酒田・鶴岡・遊佐の作家さんたちの作品がずらり!
店長のてるさんが、にこやかに迎えて下さった。

いつまでも減らない美味しそうなクリスマスケーキが魅力的だった!
それにしても、手作り作品の種類がこんなにあるというのも驚きだ。(画像は一部です)

f0078014_1324993.jpg


f0078014_133468.jpg


f0078014_1343030.jpg
こちらのクラフトバッグが、mocaさんの作品だった。シックな色合いが、とっても素敵016.gif
しっかりと編まれ、ニスを塗っているので、光沢があり、とても素材が紙であるとは思えなかった。
気さくな印象のmocaさんは、色や大きさ、取っ手の付け方など、私の希望を細やかに聞いて下さり、オーダーメイドをさせていただける喜びを感じた。

現在、他にも制作依頼を受けていらっしゃるとのことだったので、私の方は、「来年の春まで完成すればいいですよ」と、急ぎではないことをお伝えした。

来年の春は、mocaさんの手作りバスケットにわんこ隊を入れて、お花畑の中で撮影ができたらいいなぁ〜と楽しみにしている。
mocaさん、よろしくお願い申し上げます040.gif
[PR]
by starlitsky_2006 | 2009-11-27 23:58 | DOG

高校の恩師と感動の再会!あたたかいおもてなしづくしの巻♪

f0078014_1102345.jpg
先週の土曜日のこと。
高校時代に大変にお世話になった美術の恩師のお宅へお邪魔させていただいた。
高校を卒業してから、ご無沙汰してしまい、年賀状だけのお付き合いとなっていた。いつか、先生にお会いしたいと思いつつも、きっかけがつかめないまま年月が経ってしまった。
ところが、偶然にも、恩師の奥様と私の書の師匠/千加子先生が、お知り合いということを知り、千加子先生が、仲を取り持ってくださり、恩師のお宅へ訪問させていただけることが実現したのである。

千加子先生と一緒に、恩師のお宅へお伺いすると、奥様が私たちのために、コーヒーをいれて下さった。
恩師はというと、2階のアトリエで、木工作品を制作中とのことで、トントントンという木を削る音が聞こえてきた。
奥様は、「そのうち降りてくるでしょう」とコーヒーを勧めて下さった。


f0078014_1244445.jpg
珍しい次郎柿と奥様が漬けられた「大根の牛乳漬け」をお茶請けにいただいた。添えられていたもみじを見て、私たちを迎えて下さる奥様のあたたかいお気持ちをありがたく感じた。
そして、この「大根の牛乳漬け」が、とても美味しくて、レシピを教えていただいた。「大根の牛乳漬け」をお土産にまで、頂戴してしまった。

初めてお会いさせていただいた奥様は、大変明るく上品で、素敵な方だった。奥様と千加子先生と私の女三人のお茶のみ話で、盛り上がってしまった。


f0078014_1324648.jpg
しばらくすると、両手に揚げ物を持って、恩師が「ほい!ほい!ほい!」と登場した。なんと、先生は、私が来るというので、揚げ物を作って、もてなしてくれたのだ!超サプライズ!!
私が、両手をついて挨拶しようとすると、「まず、あっちぇうじ、くえちゃ!」と割り箸を15膳くらいわしづかみして、私に手渡してくれた。
「先生!割り箸こんだけいらねよ〜!」と思わず笑いがこみ上げてきた。
昔と全く変わっていない気さくな先生のキャラが、懐かしく、また嬉しく、涙がこみ上げた。

うれし涙をごまかすように、あつあつのごぼうの唐揚げをいただいた。すると、ますますうれし涙があふれてしまった。

「先生、美味しいです!」と言うと、「作り方は、おしぇらんね!」という先生。「これ、片栗粉で揚げたんですね」と言うと、「当でらっでしまたちゃー!」と、このやりとりが、昔のまんまで、私の気持ちは、高校時代にタイムスリップしてしまった。


f0078014_1525134.jpg
「じゃあ、こっちは、何だがわがっが?」と聞かれたので、いただいてみた。
「味が染み込んだコンニャクを唐揚げにしたんだの。衣さ、ピーナッツ入ったながいいの〜!おいしの〜」というと、「なんで、わがんなや〜!」と、悔しがる先生。
先生お手製の揚げ物は、お世辞抜きで、美味しかった!私も、真似をして作ってみようと思った。

先生は、昔から、生徒をリラックスさせて、気さくに会話をするのが得意だった。だから、先生は、人気者だった。
今年、入院し、退院して間もないということをお聞きしていたので、体調を心配していたのだが、お元気そうで安心した。

千加子先生が、「先生、Ricoさんは、高校時代、どんな生徒さんでしたか?」と質問された。
すると、「Ricoは、できすぎる子だけ」と一言。
「あ〜」といった感じだった。先生は、そこが、私の長所であり、短所であるということをしっかりとわかっていて下さっていたのだ。

「Rico!今、どんだ仕事しったんだ?」と先生に聞かれた。絶対にそれを聞かれることはわかっていたので、私がデザインさせていただた印刷物などを数点、先生にお見せした。「ほう!ほう!」としっかりと目を通していただき、ありがたかった。

私は、中学の時に、先生の油絵を見て、先生からご指導をいただきたいと思い、先生のいる高校に入学した話をさせていただいた。先生の油絵に出逢っていなかったら、デザインの道へは進んでいなかった。中学時代は、エレクトーンの先生になりたいと思っていたので、音楽の道へ行く事を考えていたのだが、一枚の油絵との出逢いで、コロッと変わってしまったのだ。
高校へ入学するとなんと先生は、私の副担任という本当に恩師に恵まれた高校時代だった。
こうして、お世話になった御礼を恩師に伝えることができて嬉しかった。

「今、印刷会社は大変だんでねーが?」と聞かれ、私は、フリーのグラフィックデザイナーであるというお話をさせていただいた。
すると、「未来が明るくていいのぉ〜!先のある人はいいのぉ〜!」と意外な言葉が返ってきた。この年になって、そんな風に言っていただけるとは!
先生は、「じゃあ!」と、アトリエに戻り、制作の続きに取りかかった。

先生の話ぶりから、自分の人生の限られた時間の全てを制作に費やしたいという気を感じた。病に倒れても、制作意欲が衰えないところが素晴らしいと思う。


f0078014_24096.jpg
また、女三人の世界に戻った。
すると、奥様が漆の器に黄色い葉を敷き、和菓子をちょこんと置いて下さった。
またもや、すごいおもてなしをいただいてしまって、驚いた。
器や小物使い方が上手で、また、それを楽しんでいらっしゃるところが素敵であった。


f0078014_242671.jpg
「このお茶請けには、抹茶」と、奥様が点てて下さった。
お手前がこれまた素晴らしかった。
この後、煎茶まで入れて下さり、本当にお騒がせしてしまい恐縮であった。
でも、こんなにあたたかいおもてなしができる奥様との出逢いをありがたいと思った。
話に華が咲き、時計を見たらビックリ!楽しい時間というのは、本当にあっという間であった。
そろそろおいとましようとすると、2階からのトントントンという音が気になった。


f0078014_2553051.jpg
奥様が、2階へどうぞと言って下さったので、遠慮なく、先生のアトリエにお邪魔させていただいた。
高校時代に1度だけ、このアトリエにはお邪魔させていただいたことがあったのである。
当時は、油絵だらけのアトリエだったのだが、今は、すっきりしていて、先生は、木工の制作に夢中であった。
退職されてからは、木工制作が中心になっていらっしゃるのだそうだ。

現在制作されているのは、『座禅草』であった。先生は、入院した時に、『座禅草』を掘りたいと思ったのだそうだ。その制作意欲が、きっとこの驚異の回復力につながっているのではないかと私は思う。
この作品がどんな風に完成するのか、とても楽しみである。
来年、清水屋で個展を開く予定とのことで、そのための作品制作に一生懸命であった。

先生と我が父は、年が同じ位なのに、制作へ向けるパワーはすごいと思う。私も負けてしまう。


f0078014_3174661.jpg
木工のような陶器のような面白い質感に仕上がった作品。先生らしいメッセージがとてもよい!


f0078014_37269.jpgf0078014_371565.jpg以前制作した作品が置いてあったので、写真を撮らせていただいた。
子供のように自由な発想で作られたイスや屏風。こんなの見たことがない!ユーモラスな先生のキャラクターが、これらの作品ににじみ出ていた。


f0078014_393014.jpg
油絵は、一年に大作を1枚描く程度とのこと。
今年描いた作品をプリントしたものを先生から頂戴した。
「ああ〜!先生らしい変わらぬ油絵作品!」これを見てホッとした。
でも、本物の作品を見ないと、先生の油絵のよさはわからないと思う。何度も何度も何度も塗り重ねられて表現される深い色合い。印刷物では、絶対に表現ができない。120号というダイナミックな作品から伝えられるメッセージは強い。
いじめっ子、いじめられっ子。これは、先生の普遍的なテーマである。平成の世になり、このテーマは、ますます大きな社会問題になっているように感じる。


f0078014_3201464.jpgf0078014_3202930.jpg帰り際、玄関に飾られていた作品の写真を撮らせていただいた。これも、面白い木工作品である。
壁に飾ってあったちぎり絵は、奥様の作品だった。優しさが溢れていて、こちらも素敵であった。
お二人の作品を見ていると、私も刺激を受けて、何か制作してみようかなぁ〜という気になってきたが・・・今は、ライブが忙しくて、それどころではないことにハッと気がついた。


f0078014_3252231.jpg
帰りは、帰りで、おみやげをたくさん頂戴してしまった。
この美しい和菓子も、いただいて帰ってきたものである。

先生の揚げて下さった揚げ物もパックに入れて頂戴してしまった。


f0078014_327321.jpg奥様手作りのパッチワーク作品!
惜しげもなく、私にプレゼントして下さった040.gif

本当に器用な方で、とても上手!
私は、作れないのでありがたく頂戴した。


f0078014_329268.jpgf0078014_330264.jpg他にも、こ〜んなにたくさん頂戴してしまった!005.gif


f0078014_3314737.jpgさらに、これ!
ユーモラスな顔してるかわいい子。
これは、なんでしょう?


f0078014_334552.jpg
横からみると、金魚ちゃんというのがわかる。


f0078014_3345483.jpg
実は、これは、香炉!
こういう香炉を初めて見たので、驚いた。
お香まで添えて、プレゼントして下さった。

お香を焚いてみると、先生のお宅へお邪魔させていただいた日のことが甦ってくる。
先生に再会できたことが嬉しかったし、奥様のおもてなしの数々の素晴らしさ!
このご縁を結んで下さった千加子先生への感謝を忘れてはならないと思った。
本当に、みなさまにお世話になった日であった。
あまりにもいただいたものが大きすぎて、私は、この感謝の気持ちをどう表現してよいか、戸惑っているところである。
[PR]
by starlitsky_2006 | 2009-11-26 23:58

秋田県/道の駅「ねむの丘」敷地内『みや蔵』で「海藻ラーメン」を頂くの巻♪

f0078014_127262.jpg
今日、約1ケ月前にお邪魔した『みや蔵』さんへ行き、「海藻ラーメン」600円を注文した。

『みや蔵』さんは、当ブログにコメントを頂戴して下さる方なので、あえて辛口で書かせていただくことにしよう!006.gif

まず、入店してみると、前回同様、笑顔の接客は、素晴らしかった!数あるラーメン屋さんの中でも、みや蔵さんの接客は、好印象に残ると思う。

運ばれてきたラーメンを見て驚いたのは、どんぶりの大きさである!600円とは思えないボリュームにビックリ!005.gif
岩手県三陸産の海藻と白髪ネギがたっぷりだった。


f0078014_1501868.jpg
麺は、スタンダードな太さ。レンゲにのっていたのは、海老味噌だった。「苦手な方もいらっしゃるので、ちょっと舐めてみて、お好みで、溶いて下さい」と言われた。
ちょっと舐めてみると、私は、苦手だった。でも、レンゲを使いたかったので、そのままスープに沈めてしまった。レンゲに乗せられると、除けるのが面倒で、全部入れてしまう人が多いのではないかなと思った。
海老味噌は、どんぶりのふちに添えるか、もしくは、別皿か別の容器に入れて提供してみてはどうかと感じた。私の知り合いは、甲殻類アレルギーなので、海老のエキスが少しでもレンゲからスープに混ざってしまったらアウトなのである。(海老フライと一緒に揚げたトンカツを食べてもアレルギー反応が出てしまうほど敏感)

スープは、魚介系の醤油ラーメン。醤油の色が濃かったのでしょっぱいのではないかと心配したけれど、見た目よりもあっさりで食べやすかった。繊細なスープなだけに、海老味噌を入れてしまったことを後悔した。
酒田ラーメンの魚介系スープが好きな人には、すんなり受け入れられる味だと思う。
海藻も美味しかったし、麺の量は、大盛りかと思うほど!これで600円とは、よく頑張っていると感心した。

もう一つ感心したのは、おつりの渡し方。おつりの枚数がわかりやすいように美しく並べて差し出されて、大変嬉しかった。気持ちのよいおつりの渡し方ができる人は、貴重な存在だと思う。みや蔵さんは、改めて接客のプロだと感じた。
楽しい話題で、明るく盛り上げて下さるところなど、みや蔵さんから学ばせていただいたことがたくさんあった。真似をさせていただきたい!

道の駅で、気軽に入られるお店なので、象潟方面へ行くことがあったら、ぜひ、また寄らせて頂きたいと思う。
寒くなければ、わんこ隊連れは、テラスで食べられる唯一のラーメン屋さんなので、私にとって、超ありがたいお店である。


今日も、食後に、またまたみや蔵さんと話し込んでしまった。
すると、な、なんと!お互いに仙台にいた頃、新寺通り(新寺三丁目)に住んでいたことがわかり、これまたビックリ仰天!お互いの勤務先も国分町と、かなりニアミスな距離に生息していたことがわかった。
前回も、妙に共通の話題が多い方だと思ったけれど・・・アンビリーバボーである!008.gif
(延命餅の話をするのを忘れてしまった!)
[PR]
by starlitsky_2006 | 2009-11-25 23:58 | FOOD

『豆の国冨久家』の「生しお納豆」&「百歳まで生きて」の巻♪

f0078014_02740.jpg
土曜日、豆の国冨久家さんへ行った。


f0078014_07420.jpgお目当ては、こちらの「生しお納豆」の計り売り。
容器を持参すれば、それに入れてくれるというので、今回は、ホーローのマグカップ(フタ付き)を持参した。
エコだよね!

f0078014_09451.jpg



f0078014_0103050.jpg
それから、こちらが、某有名旅館に卸しているという特別な納豆『百歳まで生きて』。
ネーミングが面白い。竹皮で作ったカゴの中には、経木に包まれた納豆が5包み入っていた。
たれやからし付き。
買って食べてみたら、北海道産小粒納豆で、しっかりとした歯ごたえのある豆だった。納豆も、好みが分かれる食品だよね。


f0078014_0182349.jpg
豆といえば、「すず姫」という大豆をこんな風に展示していた。大豆も、いろんな種類があるのね〜。


f0078014_0231874.jpg
おまけの画像は、ガラス玉で作った「七福神」。
[PR]
by starlitsky_2006 | 2009-11-24 23:56 | FOOD

酒田名作映画を楽しむ会『佐々木亜希子活弁の夕べin出羽遊心館』へ行くの巻♪

f0078014_22272027.jpg
今日、出羽遊心館で開催された佐々木亜希子活弁の夕べに足を運んだ。
たくさん方々に足を運んでいただくことができて、嬉しかった。


f0078014_2237182.jpg
こちらが、弁士の佐々木亜希子さん。
華が咲いたような美貌と声の持ち主である。


f0078014_22483244.jpg
一本目の映画は、『大学は出たけれど』。
全くの無声映画なので、酒田のピアニスト鈴木隆義さんが、キーボードを使って即興演奏をしてくれた。
事前に練習を何度も、行ったのかと思ったら、本番直前にちょっとリハーサルをやっただけとのこと。
そんな風には全く見えなかったのは、鈴木さんの素晴らしさだと思う。さすが!049.gif

亜希子さんは、台詞を庄内弁にアレンジをし、観客の笑いを誘い、会場をリラックスさせるのも上手であった。やっぱり、庄内弁は、いいよのぉ〜!


二本目の映画は、『結婚哲学』。
こちらは、音楽付きだったので、弁士だけの上演となった。
活動弁士がいらっしゃる時は、上映ではなく、上演という言い方になるということを知った。

活弁を初めて観させていただいて、映像にぴったり合わせて台詞が言える技術の素晴らしさに感動した。セリフを噛んでしまったら、どんどん映像だけが先にすすんでしまうだろう。言い直しができないスリリングな世界だと思った。
しかも、役者さんごとに声色を変えてお話をされていたのだが、男性の声も違和感がなく聞こえるというところがお見事であった。

どれだけ練習をされたのだろう???現在140本以上のレパートリーがあるというのだから、素晴らしい。


f0078014_2371276.jpg
上演が終わってから、佐々木亜希子さんと鈴木隆義さんに花束贈呈だったのだが・・・なんと、その大役をYOSHIKOともっけだーズのYOSHIKOさんと私が任されてしまった!もっけだの〜


f0078014_2316720.jpg
最後に二人のトーク。
また、この二人のコラボレーションが実現することを願っている。

今日は、このような素晴らしい上演を入場無料で主催してくださった酒田名作映画を楽しむ会のみなさまや関係者の方々に感謝を申し上げます040.gif

また、お忙しい中、会場に足を運んで下さったみなさま方に御礼を申し上げます040.gif
[PR]
by starlitsky_2006 | 2009-11-23 23:24 | CINEMA

遊佐町蕨岡『ちどり』で、中華そばを頂きましたの巻♪

f0078014_1124980.jpg
ハンガリー/ソルノク市立交響楽団演奏会ゆざ公演を楽しんだ後、あっさり中華そばで有名な『ちどり』へ初めて行ってみた。

運ばれてきた中華そばのスープの透明度に驚いた!脂がほとんど浮いていないのだ。


f0078014_1242170.jpg
ストレートに近い細麺だった。
一口いただいてみて、こんなにあっさりした中華そばは、初めてだったので、評判通りだと思った。
魚系のだしが強く、和風な印象。
お腹がペコペコだったので、胃袋にやさしい味わいは、とてもありがたかった。

中華そばに、漬け物が付いてきたのを見たときは驚いたけれど、これだけあっさりだと、漬け物がピッタリだった!大根の粕漬けが、これまた美味しかった。

ラーメンは、好みが分かれるけれど、『ちどり』さんは、あっさり派に指示される癒しのラーメンだと思う。小盛りもあるので、あっさりを少しだけ食べたいという時には、助かる。

ちなみに、私は、あっさり派でも、こってり派でもない。その時々の気分で、あっさりとこってりと食べたいものが違う。だから、いろんな個性のあるラーメン屋さんがあって欲しいと願う。


私と同じように、『ハンガリー/ソルノク市立交響楽団演奏会ゆざ公演』を観てから、お店に来た常連客がいた。
そのお客さんが、お店の人に、「アンコールで、『鳥海山』をやったのよ!」と、感激して話していらっしゃったのが聞こえてきた。『鳥海山』という曲は、遊佐町民に親しまれている曲なのだということを感じ、ますます原曲を聴いてみたいと思った。
[PR]
by starlitsky_2006 | 2009-11-22 01:42 | FOOD

『ハンガリー/ソルノク市立交響楽団演奏会ゆざ公演』へ行くの巻♪

f0078014_2340226.jpg
今日、遊佐町生涯学習センターでの『ハンガリー/ソルノク市立交響楽団演奏会ゆざ公演』へ足を運ばせていただいた。
先月の酒田フィルハーモニー管弦楽団定期演奏会で指揮をされた井﨑正浩氏が、こちらでも指揮をされるというので、とても楽しみにしていた。
井﨑さんは、指揮者として素晴らしいだけでなく、MCがとても上手で、クラシックのことをあまりわからない私にもわかりやすく解説して下さるので、本当にありがたい。
解説を聞いてから鑑賞させていただくと、よりその作品のよさやそれぞれの楽器の素晴らしさを楽しませていただくことができる。
「MCは、とても重要だなぁ〜」と感じさせられる。

「ハンガリーの場所は、どこにあるかわかりますか?」と聞かれて、ドキーッとした!
わかりませ〜ん!008.gif

今、ネットで地図を検索して、よくわかった。
今回は、遊佐町合併55周年記念事業、日本・ハンガリー外交関係開設140周年記念、国交回復50周年記念ということで、開催された。
遊佐町とソルノク市民との交流の話、日本とハンガリーとの国交の歴史の話などをお聞きすることができた。
演奏会を通して、いろいろなことを知ることができたことをありがたく思う。

ブラームスのハンガリー舞曲やリストのハンガリー狂詩曲など、よく耳にしたことのあるアップテンポな作品が多く、とっても楽しかった。
井﨑氏の息づかいを感じるダイナミックな指揮やダンスのステップまで披露していただき、本当に素晴らしい演奏会だった。

会場の音響は、マットな感じで、こじんまりした空間だからこそ、生音をリアルに感じることができて、私は、広すぎるホールよりは、好きだった。

アンコールの2曲目は、『鳥海山』という曲だった。私は、初めて知ったのだが、あの『千の風になって』を作曲された新井満氏の曲とのこと。
時田遊佐町長自ら、新井満氏のところへ出向いて、「『鳥海山』というこの曲を遊佐町のテーマソングにさせて下さい」とお願いしたのだそうだ。
今回は、その曲をオーケストラのために編曲してもらい、合唱団の方々40名が、一緒に歌って下さった。
客席で、一緒に歌っていらっしゃる方もいたので、遊佐町の方には、親しまれている曲だということを感じた。
私は、今日初めて聴いて感動したので、もし、この曲を知っていれば、もっともっと感動しただろうなと思った。
『鳥海山』の音源を手に入れて、もう一度聴いて、歌詞も覚えてみたいなぁ〜。

演奏会が終わって、会場の外へ出たら、大型バスがたくさん停まっていたのでビックリした。
出演者やスタッフ、その家族が乗るためのバスなのだが、こんなにたくさんの人がハンガリーからお越しになっているのかと思うとすごいと思った。

音楽を通して、交流することは、世界平和にもつながると思う。
戦争が終わり、国交回復50周年という時代に、私は、生かさせて頂けていることに感謝したい016.gif
[PR]
by starlitsky_2006 | 2009-11-21 23:58 | MUSIC

『ドッグパーク ワンミー』に、ニューフェイスの登場!ぷぅ〜ちゃん大喜びの巻♪

f0078014_214448.jpg
ドッグパーク ワンミーさんにわんこ隊と遊びに行った。
すると、スタッフの方が、新しい看板犬を見せてくれた。
3日前にやってきたばかりで、まだ名前が決まっていないミニチュアピンシャーの赤ちゃん。
未熟児で生まれ、発育が遅れている事が気になり、「この子を家でみてあげたい!」とペットショップから買い取ってきたのだそうだ。
現在、生後2ケ月で、たったの400gとのこと。
ぽぉ〜でさえ、生後2ケ月で、800gあったので、かなり小さいということがわかる。
この赤ちゃんを見た瞬間に、ぷぅ〜ちゃんの母性本能にスイッチが入った!
037.gif
まるで、ぴぃ〜を生後2ケ月で迎えたときのように、この子に夢中になった。


f0078014_21524187.jpg
ここに来て、まだ3日目だというのに、ちゃんとトイレができて、素晴らしかった!
ワンミーのスタッフさんは、トイレのしつけがとても上手だと思う。


f0078014_21541468.jpg2週間ぶりに再会した看板犬のパフちゃん!
確実に成長しているのがわかった。
相変わらず、吠えなくて、とってもフレンドリーなパフちゃんは、とても可愛かった。


f0078014_21562773.jpg
ぷぅ〜は、赤ちゃんに夢中で、大好きなボール遊びもそっちのけ!
ぷぅ〜が赤ちゃんから離れないので、パフちゃんが、赤ちゃんを取られたことに焼きもちを焼いていた。
前回は、パフちゃんにビビっていたぷぅ〜が、今日は、平気になっていた。とにかく赤ちゃんのことで頭がいっぱいのぷぅ〜という印象だった。


f0078014_21593445.jpg
ぷぅ〜が赤ちゃんに夢中になっている間、ぽぉ〜とぴぃ〜は、珍しく2匹で、つるんでいた。
この2匹は、どちらも犬に全く興味がない!
2度目の今日は、パフちゃんを怖がる事も無く、この環境にすっかりと慣れた様子であった。
やはり何度も通い慣れることは大事なのかもしれない。


f0078014_224844.jpg
前回のビビリはどこへやらの余裕の表情のぴぃ〜。
ぽぉ〜とぴぃ〜は、テクテクとお散歩していた。


f0078014_22131859.jpg
一方、こちらは、赤ちゃんに夢中のぷぅ〜!
赤ちゃんを目に入れても痛くないというほどの可愛がりようだった。


f0078014_2253165.jpg
パフちゃんから、赤ちゃんを横取りされてしまったところ。赤ちゃんを取られて焦るぷぅ〜。本当に自分のものだと思っている様子が笑えた037.gif
パフちゃんと赤ちゃんは、生後1ケ月違いなのにこの差には、ビックリ!


f0078014_227587.jpg
赤ちゃんが歩き出すと、どこまでも追いかけるぷぅ〜。
追いかけて、クンクン匂いをかいで、見守っているだけなのだけれど、全く飽きないらしい。


f0078014_2294495.jpg
ぷぅ〜のバスケットに、赤ちゃんを一緒にいれてあげたら、とっても嬉しそうだった。

次回、また遊びに来る頃には、この子の名前が決まっているだろう。どんな名前になるのかな?
ぷぅ〜が、ワンミーさんに遊びにくる楽しみが増えて嬉しい。


f0078014_22163977.jpg
そして、我が家のわんこ隊のお楽しみは、なんといっても、ドッグカフェコーナーでのソフトクリーム!
このソフトクリームは、わんこ用ではないので、ほんの少しずつ、持参したカップにとってなめさせてあげている。
ここに来ると、美味しいソフトクリームがもらえるということを楽しみにしているわんこ隊。
外は、今日もグズついた天気だったので、屋内ドッグラン&ドッグカフェが酒田に出来たことをありがたく思う。
[PR]
by starlitsky_2006 | 2009-11-19 22:29 | DOG