Rico's Room

rico2006.exblog.jp
ブログトップ

<   2010年 03月 ( 24 )   > この月の画像一覧

『夢』・・・さあどうするの巻♪

f0078014_0205574.jpg
今日は、月末の事務処理で、忙しい日だった。
なので、「今日のブログネタはどうしようかなぁ〜」と思っていたら、以前撮影したこちらの画像が目に飛び込んできた。

これは、ぽけっとでお邪魔させて頂いた施設の掲示板に貼られていた言葉を撮影させていただいた画像である。

これを読むと、「自分は、まだまだだなぁ〜」とか、「もっと頑張ろう」という気持ちになる。

おかげさまで、周りの人に、期待され、励ましをいただけるいうことは、とても嬉しい♪
私が、世の中のためにお手伝いさせていただけることがあるということは、本当に幸せなことだと思う。


ただ、八方美人にはならないように気を付けなければならないと感じている。
できない約束はしない!
責任感があればこそ、冷静に判断したい。

あわてて行動するのではなく、落ち着いて、自分の考えを見直してみようと思う。
[PR]
by starlitsky_2006 | 2010-03-31 23:59

鶴岡Cafe&Shop RIDEAの『焼きドライカレー』と4月から営業日が変わります!の巻♪

f0078014_23561854.jpg
f0078014_23563177.jpg
先週の木曜日に、鶴岡へ行ったので、RIDEAでランチ。
『焼きドライカレー』(スープ&サラダ付)900円をいただいた。
ドライカレーは、白米と玄米からチョイスできたので、玄米でオーダーした。
あつあつでチーズがとろ〜りで、美味しかった016.gif


f0078014_00576.jpg
ところで、4月より、RIDEAさんの営業日が変わるそうだ。
火曜日が定休日となり、日・月曜日は、営業!
4月で、4周年になるRIDEAさん。
つい最近オープンしたばかりと思っていたのだが・・・月日が経つのは、早いなぁ〜。

ところで、RIDEAさんのトイレが、新しく増設されていた。こんなにちょうどよいスペースがよくあったものだと思うような驚きがあった!違和感のないリフォーム術が、素晴らしいと思った。
[PR]
by starlitsky_2006 | 2010-03-30 23:58 | FOOD

久々に『コーヒーシフォンケーキ』を焼きましたの巻♪

f0078014_22202589.jpg
1年以上ぶりだと思うけれど、久しぶりに『コーヒーシフォンケーキ』を2台焼いた。

久しぶりにケーキを作ると、勘を取り戻すのが大変だった。
とりあえず形にはなったけれど、あまり納得のいく出来ではなかった。
やっぱり、忘れないように、たまには作らなければいけないと思った。

今日から、父が海外旅行へ行った。行き先は、韓国。
いつも使っているコンデジカメラを父に貸してしまったので、今日は、デジタル一眼レフで撮影した。
やっぱり、デジ一眼は、違うなぁ〜と思う。
でも、普段、携帯するのは、やはりコンデジの方が楽だし、ブログ用であれば、コンデジ画像で、十分だと思っている。それに、飲食店で、でっかいデジ一眼で撮影するのは、周りのお客さんにストレスを与えそうで、気が引けてしまう。

とはいえ、父が帰国するまでの間は、デジ一眼で過ごさなければならない。
デジ一眼をいじると・・・新しいレンズが欲しくなってしまうから困るのだ007.gif
カメラ屋さんへ行ってみようかな〜?045.gif
[PR]
by starlitsky_2006 | 2010-03-29 22:40 | Rico's café

かっぱ寿司で、お誕生日祝いの巻♪

f0078014_2331499.jpg
今日は、momoちゃんの誕生日。
ということで、momoちゃんの大好きな『かっぱ寿司』へ。
初めて、酒田北店へ行った。

お茶が、粉末茶だったのにビックリ!でも、飲んでみて、味は悪くないと思った。
これからの時代は、急須が消えて、インスタントコーヒーのように粉末茶が、一般家庭のスタンダードになっていくのかな?という予感がした。


f0078014_23105415.jpg
全品一皿105円。平日のランチタイムは、94円とのこと。
安いからといって、あなどってはいけない!
ネタも、よいものがいろいろあった。
シャリも、機械がここまで、ソフトに握るようになったのかと、驚いてしまった!


f0078014_23153679.jpg
momoちゃんが、かっぱ寿司が好きなのは、会計の時しか、店員さんと顔を合わせなくていいところ。
板前さんが目の前にいない方が、ストレスなく、お寿司を楽しんで食べることができるのだそうだ。
欲しい商品は、タッチパネルで注文すればよいのだ。
対面式が苦手という理由で、回転寿司を選ぶという人が、世の中には、たくさんいるのかも知れない。
どちらかといえば、対面式が好きな私には、ちょっぴり味気ない気もするが・・・時間がない時に、ファーストフードとしてつまむには、回転寿司はとてもよいと思う。


f0078014_23183560.jpg
上段の特急レーンで、注文した商品が、各テーブルに届けられる。
これで、ケーキを注文して喜ぶ子供さんの姿も多く見られた。


f0078014_23213751.jpg
箸は、エコ箸となっていた。
大型飲食店にも、ようやくエコ箸の波がやってきた!ということを知り、嬉しくなった。

たまに、大型飲食店に足を運んでみると、いろんな経営努力を学ぶことができると思った。
[PR]
by starlitsky_2006 | 2010-03-28 23:34 | FOOD

2010年、わんこ隊がワクチン接種へ行くの巻♪

f0078014_1818398.jpg
昨日、年一回のワクチン接種の時期が来たので、わんこ隊をペットクリニックへ連れて行った。
mocaさんに作っていただいたクラフトバスケットでの初めてのおでかけ。
記念撮影をパチリ。
やっぱり、mocaさんのバスケットは、素敵016.gif
そして、軽くて丈夫で、使いやすい!049.gif
mocaさん、ありがとうございます040.gif


f0078014_18332120.jpg
f0078014_183338100.jpg
ぷぅ〜は、若い看護士さんに、べったり甘えて、ちゃっかり者!037.gif
注射を我慢したことを誉められたら、この満面の笑み006.gif
とっても、わかりやすい子である。


f0078014_18393111.jpg
ぴぃ〜は、緊張して、終始顔がこわばっていた。注射を打たれても、じっとこのまま固まって我慢していた。


f0078014_1843550.jpg
ぽぉ〜は、病院という場所がどういう場所か、しっかりと理解しているようだ。
何をされても、じっと我慢。そんなリーダーぽぉ〜を真似て、ぷぅ〜もぴぃ〜も、病院では、じっと我慢する子になってくれた。
ぽぉ〜は、小さいけれど、とても我慢強いしっかりとしたリーダーである。

次回は、狂犬病予防接種とフィラリアの予定。春は、わんこ隊の医療費にお金がかかる時期だ。
わんこの健康を守るのも、飼い主の責任だと思う。


f0078014_18465645.jpg新しいOSソフト、Snow Leopardのヒョウの目と、我が家のわんこ隊の目と随分違うものだなぁ〜と眺めてしまった。

ところで、Snow Leopardをインストールして、これまで使っているソフトに不具合が出た人は、いないだろうか?
もう少し、様子をみて、慎重にインストールしようと思っている。
パソコンの環境は、日進月歩。
なのに、使う私の頭は、進歩していないなぁ〜008.gif
[PR]
by starlitsky_2006 | 2010-03-27 19:08 | DOG

我が家にも孟宗シーズン到来!『孟宗汁』と『孟宗の炊き込み御飯』の巻♪

f0078014_232695.jpg
母が、孟宗を買ってきてくれた。
我が家の『孟宗汁』は、板酒粕をたっぷり入れて作る。これを食べると「春がキターッ!」という喜びを実感する。
嬉しいな♪美味しいな♪016.gif


f0078014_238962.jpg
こちらは、『孟宗の炊き込み御飯』。
おこげの部分がアクセント!美味し過ぎて、思わず食べ過ぎてしまった。

そんなところに、叔父がお腹をすかせて我が家にやってきた。
『孟宗汁』と『孟宗の炊き込み御飯』をおかわりし、完食して、帰って行った。
叔父の嗅覚は、昔から、ものすごい!
先日も、焼きたてのたこ焼きを父が買って来てくれたので、ソースをかけて、さあ食べようと思ったとたんに、叔父がやってきて、あつあつのたこ焼きをつまんでいった。
どっかで、見ているんじゃないか?と思うほど、絶妙なタイミングで、我が家にフラッとやってきて、何かを食べて帰る叔父。

それに比べて、いつも食べ終わってからやってくるタイミングが悪い人もいる。
その差が、歴然としているのが、とても不思議である。
ツイている人は、ツイているんだよなぁ〜034.gif
[PR]
by starlitsky_2006 | 2010-03-26 23:58 | FOOD

鶴岡市社会福祉協議会『デイサービスふれあい』にて、『ぽけっと』ライブの巻♪

f0078014_22134918.jpg
今日は、音楽仲間のオカリナ&ギターユニットの『もくれん』さんからのご紹介で、鶴岡市社会福祉協議会『デイサービスふれあい』に、ぽけっとでお邪魔させていただいた。

『もくれん』の岡部繁さんと菅原るみさんが、わざわざ応援に駆けつけて下さった。初めて『もくれん』と『ぽけっと』が対面して、ゆっくりお話することができて、とても嬉しかった。

ボランティアバンド同士の交流って、もしかしたら、これが初めてかもしれない。
それほど、社会人が平日にバンド活動をやれるということは、とても貴重なことなのだろうと感じた。
これからも、お互いにボランティアバンド同士で、情報交換をしたり、交流を深めることができたらありがたいと思う。


利用者のみなさんは、『ぽけっと』のライブに慣れてくると、一緒に口ずさんだり、手拍子をして下さり、楽しんでいただいて、嬉しかった060.gif
中には、懐かしい音楽に、目頭を押さえる方々もたくさんいらっしゃった。


f0078014_22244480.jpg
本日の衣装は、春らしくさくら色!
「こんだ歳になってピンクかよっ!」って、金内さんと禎彦さんは、心の中で叫んでいるかもしれないけれど、ステージ衣装は、派手なくらいでちょうどよいのです006.gif
特に、ステージというステージがない空間では、「演奏者はこっちだよ!」というサインを送ることも大切だと思う049.gif

『ぽけっと』のライブでは、明るく楽しいひとときを過ごしてもらいたいといつも願っている。


f0078014_22295972.jpg
ライブの後半になってくると、どんどん利用者さん達が盛り上がってくるのが伝わってきた。後ろのおばあさんは、立ち上がって、音楽に合わせて、私たちを応援してくれた。
後ろまで、ちゃんと私たちの演奏が届いているのがわかって、嬉しかった。

今日も、音響のお手伝いをして下さったハーベストムーン氏のおかげである。リバーブも、効果的にかけていただき、たくさんの曲を楽しんでいただけたと思う。

「また、きてくれの〜!まってっさげの〜!」と利用者さんから、お声を掛けていただいた。
また、みなさんに楽しんでいただけるように、レパートリーを増やしたいと思う。


今日は、施設のみなさんはじめ、『もくれん』のみなさまにお世話になりました。ありがとうございました040.gif
これからも、『ぽけっと』は地道な活動を続けていきたいと思います。出会いに感謝!016.gif
[PR]
by starlitsky_2006 | 2010-03-25 22:45 | フォークバンドぽけっと

川辺の館1F『食道 ささき』にて、『連綿の会』の新年会の巻♪

f0078014_042515.jpg

f0078014_044012.jpg今夜は、川辺の館1F『食道 ささき』にて、『連綿の会』の新年会を行った。
『連綿の会』とは、私の通わせていただいている書のお稽古の金曜日クラスの名前である。
「連綿」とは、長く続いて絶えないさまという意味もあるが、ひとつの字を書き終えたところから次の字の書き出しまで、見えない線で続いている。この見えない線を実線で書いて、字と字を続けることを連綿と言うのだそうだ。

まさに、書のクラス名にぴったりの美しい言葉だと思う。連綿のごとく、このよきご縁が長く続いて欲しいという願いもあって、『連綿の会』という名前は、とても気に入っている。


今年の1月から、『連綿の会』に新メンバーがお一人加わったので、「新年会をしよう!」という話になっていたのだが・・・私が、YOSHIKO LIVEで忙しかったため、「LIVEが終わってから新年会をやりましょう」と、みなさまからお気遣いをいただいて、今夜の開催とさせていただいたのである。もっけでした〜!040.gif

『連綿の会』のみなさんは、それぞれとっても個性的!そこが、とっても面白い!今夜の飲み物も、それぞれ個々に違っていた。私には、私の飲み方があるのよ〜的なマイペース集団だった。037.gif


f0078014_025231.jpg
まずは、お椀物から。
今夜は、春らしく、孟宗とわかめのお吸い物だった。
春の到来を味覚で楽しませてもらった。


f0078014_0314178.jpg
赤海老のすり身天。
揚げたてあつあつだったので、口がやけどしそうなほどだったけど、あつあつ大好きな私には、たまらなく気に入った一品だった。
中から、とろ〜りとした甘海老のすり身が顔を出し、絶品だった。011.gif


f0078014_0335728.jpg
セイゴ桜じめと真鯛の昆布〆。うるいの青酢味噌和え。
お刺身にも、春の香りをプラス!素晴らしい!


f0078014_0365066.jpg
赤むつ子焼き。
あつあつ焼きたては、美味しい。


f0078014_037521.jpg
安心卵の茶碗蒸し。
ここにも、桜が!
この茶碗蒸しは、あまりの美味しさに感激した。一口食べるごとに「美味しい」「美味しい」と言っていたら、カウンターに座っていた知らないお客さんもいっしょに「美味しい」と合唱していたので、笑ってしまった。
本当に「美味しい」ものは、「美味しい」としか、言葉がでてこないものだ!


f0078014_0413678.jpg
ほうれん草のおひたし。
しっかりとダシを含んだおひたしは、やはり家庭の味とはひと味も違う。


f0078014_0423387.jpg
自家製庄内豚のベーコン。
山椒がちょっとかかっていて、インパクトのあるベーコンだった。


f0078014_0434021.jpg
ほっき貝の飯蒸し。
もち米で作った高級お茶漬けっぽい感じ。
あっさりなんだけれど、ダシの美味しさをたっぷり含んだもち米の美味しさを楽しめる一品だった。


f0078014_0472279.jpg
〆は、いとこ煮。
春彼岸で、おはぎを食べ飽きたところだったのだが・・・このいとこ煮は、やっぱり、おはぎとは違う食感で、ペロリだった。材料は同じはずなのに、作り方が違うと、こんなにも違うものかと驚かされる。

今夜のささきは、予約客が多く、フリーで入って来たお客さんは、入店できなかったようである。
ささきは、絶対に予約をおすすめしたい。
[PR]
by starlitsky_2006 | 2010-03-24 23:58 | FOOD

旧八幡町観音寺『うきうきサロン栄寿/栄公民館』にて、『ぽけっとライブ』の巻♪

f0078014_1831466.jpg旧八幡町観音寺の栄公民館での『うきうきサロン栄寿』のみなさんの集会に、フォークバンドぽけっとを呼んでいただいた。

楽器や音響機材の多さに驚かれてしまった。
演奏を始める前から、「もっけだごど〜!」「もっけだごど〜!」とみなさんから、もっけがられてしまった。


f0078014_1818526.jpg
今日の目玉は、なんといっても、禎彦さんのニューヘアスタイル!
いきなりバッサリ005.gif
ロングヘアがトレードマークだった禎彦さんだっただけに、見慣れるまで、しばらくかかりそう025.gif
でも、似合っているよね!006.gif


f0078014_18245687.jpg
ライブが始まると、一番前のお父さんが、「いやぁ〜、生は、いいのぉ〜!刺身みでいだ!」というので、笑ってしまった。「刺身みたい」って・・・(爆笑)003.gif

ライブが、だんだんヒートアップし、「あっちぇさげ、ストーブどご消してくれ!」というお母さん達。真っ赤な顔をして、「一枚脱ぐがの?」というので、禎彦さんが、「どんどん脱いでくれ!」というと、「ほんだごどいうて、脱ぐど逃げるくせして!」とお母さんが突っ込む。タジタジになりながらも、「やんや、逃げねよ」と禎彦さん。
笑ったり、歌ったり、手拍子したりと、みなさん、楽しそうだった。

喜んでいただけることをさせていただけたことが、私たちの喜びである。
『ぽけっと』の演奏にお付き合いいただきまして、「もっけだの〜」でした!016.gif
[PR]
by starlitsky_2006 | 2010-03-23 18:40 | フォークバンドぽけっと

『豆の国冨久家』の昔なつかし藁苞入り『黒森納豆』&『黒森納豆銀行券』の巻♪

f0078014_21492578.jpg
3月8日のこと。
昨年も、当ブログにて紹介したことのある豆の国冨久家さんへ容器持参で、「生しお納豆」を買いに行った。
雪の降る時期は、さすがにわざわざ買いに行くのは・・・と思い、近所のスーパーから、くろもりアルファフーズさんのビニール袋に入っている「しお納豆」を購入していたのだけれど・・・「生しお納豆」とは微妙に味が違う!やっぱり、「生」がいい!
「生しお納豆」は、加熱殺菌前のもので、賞味期限が短い。スーパーに出荷するためには、加熱殺菌してから、袋詰めしているのだそうだ。
店員さんは、「同じものなので、味は変わりません」というのだけれど・・・私は、「生しお納豆」の方が美味しいと思う。

なので、気候がよくなったら、わざわざでも、買いに行きたい逸品なのだ。しかも、黒森納豆の直売店なので、安いというのも魅力!


f0078014_21582590.jpg
『豆の国冨久家』さんでは、黒森納豆の商品のギフトセットも販売している。
昨年末に、東京の叔父に贈ったら、「黒森納豆が、なつかしい!」と言って、とっても喜んでもらえて嬉しかった。


f0078014_21594459.jpgなつかしいといえば・・・藁苞入り納豆も販売している。このレトロな包装紙は、黒森歌舞伎の時期だけに販売される期間限定のもの。普段は、「山形納豆」の包装紙が巻かれるのだそうだ。

「わらづと」と辞書でひくと、「藁苞」としかでてこない。このラベル右上の「苟」という漢字はどこからきたのだろう?くさかんむりに包むと書くから、「わらづと」になるのではないか?と考え込んでしまった。

藁を編んで、食品を入れるという昔の人の発想力の素晴らしさに感動する。
今は、この藁がとても貴重なのだそうだ。機械での刈り取りでは、藁は裁断されてしまう。それから、農薬の問題もあり、無農薬で手刈りしている農家から、この藁を仕入れているとのこと。
衛生面でも、細心の注意を払い、藁を煮沸消毒してから使っているのだそうだ。


f0078014_2284832.jpg
藁の中で眠っていた納豆は、とってもいい色をしていた。
自然な納豆色というべきか?本当に、美味しそうな色なのだ。
藁苞からの取り出し方のコツもある。真ん中を開いてから、パキッと上下に折り、さらに折り返すと、納豆が盛り上がって、取り出しやすくなる。
なんとも、風情があるではないか!

ほんのりと藁のにおいがする藁苞納豆。昔の人は、こうして、一般の家庭でも、納豆を作っていたのだろうか?藁苞が当たり前だった時代の人からすれば、現在、エコ運動をしている私たちの生活は、全く想像できなかったことだろう。
藁苞納豆は、先人の知恵や素晴らしさを伝えるためにも、手間はかかるだろうけれど、作り続けて欲しい商品だと思う。


f0078014_22264082.jpg
ちなみに、『豆の国冨久家』さんのポイントカードがたまり、こちらの『黒森納豆銀行券』100円券と交換してもらった。
立派な100円券で、思わず、写真に撮ってしまった。
次回は、この券を使って、黒森納豆を買いに行こうと思う。
[PR]
by starlitsky_2006 | 2010-03-22 22:33 | FOOD