Rico's Room

rico2006.exblog.jp
ブログトップ

<   2010年 08月 ( 19 )   > この月の画像一覧

本日、momoちゃん退院!「限度額適用認定申請書」の巻♪

f0078014_23563772.jpg予定通りに、足を骨折したmomoちゃんが、退院した。
術後の経過は、順調のようで、ホッとしている。

今回のことで、職場の皆様方には、本当にご迷惑をお掛けしてしまっている。一日も早く、職場復帰できるように願うばかりである。


ところで、父が入院した時に、とある保険外交員さんから教えていただいた「限度額適用認定証」。
これは、会計の際に、「限度額適用認定証」を提出することにより、窓口負担額が、医療機関ごとに1ケ月につき、法定自己負担限度額まで、軽減してもらえるのだ。

たとえば、(例)1ケ月の総医療費が100万円の場合(適用区分「一般」)、認定証を使わないと、窓口にて、30万円負担しなければならない。ところが、「限度額適用認定証」を提出すると約9万円で済むのだ!
もちろん、30万円を支払い、後で、自己負担限度額を越えた分を払い戻してもらっても良いのだけれど、銀行から、30万円を下ろして支払うのと、9万円を下ろして支払うのとでは、精神的な負担が、かなり違うと思う。

父は、国民健康保険だったので、市役所から書類をいただいたけれど、momoちゃんの場合は、社会保険なので、社会保険事務所から書類をもらわなければいとのことだった。
土日を挟んだので、山形市の社会保険事務所から書類をもらうには、momoちゃんの会計に間に合わない!と思い、いろいろとネットで調べてみたら、「限度額適用認定申請書」をホームページからプリントアウトして、それに記入して、病院に提出すればOKとのことが書いてあった。

今日、ネットからプリントアウトした「限度額適用認定申請書」を会計へ提出したら、「1週間くらいしたら、『限度額適用認定証』が、ご自宅へ届きますので、それを持って、会計窓口へお越しいただいて、お支払い下さい」と言われた。
でも、いくら現金を用意したらよいかさっぱりわからないので、目安を教えて欲しいとお願いしたところ、「詳しく計算してみないとなんとも言えませんが、程度にもよりますが、一般的には、約10万円くらいあれば、大丈夫かと思います」と教えていただいた。

ということは・・・『限度額適用認定証』を申請しなかったら、30万円の現金を準備しなければならなかったということになる!005.gif

入院の経験のない人は、この制度を知らない人が多いのではないかと思う。「会計の時に、提出しなければならない!」ということで、事前準備をしなければならないというところが、ポイント!急に入院しなければならなくなった時に、ぜひ、思い出して欲しいと思う。
ご家族がいらっしゃらない場合は、事前に会計窓口へ問い合わせれば、サポートしてもらえるようだ。
[PR]
by starlitsky_2006 | 2010-08-31 23:55

看護協会講演会「患者・家族・医療者のコミュニケーションとメンタルサポート」チラシの巻♪

f0078014_0414615.jpg
momoちゃんが入院している病院の掲示板や「ご自由にお取りください」のラックに、私が制作させていただいたチラシを発見した!


f0078014_0433112.jpg
山形県看護協会酒田支部様のご依頼で、講演会のポスターとチラシを制作させていただいたのだ。
演題が、「患者・家族・医療者のコミュニケーションとメンタルサポート」ということだったので、そのイメージをわかりやすくイラストにしてみたのだけれど・・・まさに、今、自分が置かれている状況が、このイラストにピタリと重なってしまったので、その偶然に驚いてしまった002.gif
でも、誰でも、このような状況になりうる。
再度、このチラシを読み直してみて、私も、この講演会を聞きに行ってみようと思った。
確かに、こうなってしまったら、「患者・家族・医療者のコミュニケーションとメンタルサポート」というのは、医療現場において、とても重要なことだと思う。
一般の方も、入場無料ですので、どうぞお気軽にご参加下さいませ。



●平成22年度 山形県看護協会 鶴岡・酒田支部 合同研修会
演題「患者・家族・医療者の コミュニケーションとメンタルサポート」
人は、病気になった時、誰もが安心して、納得のいく医療を受けたいと願います。
そして、医療従事者もまた、日々患者の本当の想いに近づくため、
生と死の倫理問題に向き合っています。
「倫理問題」を宮崎大学で、ベッドサイドの倫理と哲学を語り合うカフェ
「喫茶☆りんり」を主宰する板井先生とともに考えてみませんか?
一般の方の参加も大歓迎です。

講師/宮崎大学医学部 社会医学講座 生命・医学倫理学分野 教授 板井孝壱郎氏

10月2日(土)14:30〜16:30(受付14:00〜)
[会 場]酒田市公益研修センター 大ホール(東北公益文科大学キャンパス内)

●お申込み&お問合せ先
山形県看護協会酒田支部 教育委員/須田
遊佐町役場 健康福祉課 健康支援係TEL0234-72-4111 FAX0234-72-4113
主催/社団法人山形県看護協会 鶴岡支部・酒田支部
[PR]
by starlitsky_2006 | 2010-08-30 01:08 | DESIGN/ART

momoちゃん、足を骨折&じん帯切断!入院&手術の巻♪

f0078014_15241120.jpg
8月26日(木)の夜、「職場対抗ソフトボールの練習で、足を捻挫した!」と自力で帰宅したmomoちゃんが、玄関に倒れ込んだ。
「これは、捻挫じゃなくて、折れているかもしれないよ!」と、すぐに夜間救急へ連れて行った。
レントゲンを撮ってもらうと、くるぶしから上へ向って、骨の真ん中が10センチくらい裂けていたのがわかった。
「今夜は、このまま入院していただいて、翌日、手術となります」ということになった。

8月27日(金)に手術していただいたところ、じん帯も切れていたということで、アンカー2つを入れて、繋いでもらった。骨には、10センチくらいのプレートをボルト数本で固定して、手術は完了。

土日は、先生がお休みということで、月曜日に経過を見て頂き、順調であれば、明後日(火曜日)に退院できるそうだ。

ギブスを外せるのは、3週間後。それまでは、松葉杖の生活となり、仕事へも行けないだろう。

退院してからは、私が大変になるだろうから、もう少し長く、入院してもらった方がありがたいのだけれど・・・008.gif
入浴介助とかが、大変そうだなぁ〜025.gif


これって、労災になるのかなぁ〜?
1ケ月半は、自力で歩けないとのことなので、仕事は、できないと思う。
足の完治も気になるところだけれど、心配してもはじまらない。


普段、お互い自由に生活しているので、この怪我のおかげで、夫婦の絆を再認識させられているのだと感じている。

人間万事塞翁が馬
まさに、これだと思う。


f0078014_1558415.jpg
手術が終わった日の夕方、病室から見えた鳥海山が、日本画のようで、とても美しかった。
自然の色って、本当に綺麗だと感じた。
[PR]
by starlitsky_2006 | 2010-08-29 16:09

先輩より、『Notre Chambre(ノートルシャンブル)』のギフトを頂戴致しました!の巻

f0078014_16552521.jpg
今日、仙台の先輩より、宅配便が届いた。
中を開けてみると、素敵なメッセージカードとNotre Chambre(ノートルシャンブル)のギフトが入っていた。

6月に再会した日のことを思い出しながら、箱を開けてみた016.gif


f0078014_16591074.jpg
フランスのLyonに本店を構えるMaison de THE CHA YUANのお茶と、コットン100%のストールのセットだった。
コットン100%の肌触りの気持ちよさは最高!これからの季節、気温に合わせて調整するアイテムとして、重宝しそうだ。どんな色の服にもマッチするので、これは、本当にありがたい016.gif


f0078014_177559.jpg
お茶は、ティーバッグの紅茶かと思ったら、緑茶だった!

Nuage Dert [ヌアージュ ヴェール]
緑茶に柑橘類とベリー(いちご)をブレンドした爽やかな香りのお茶です。
アイスティーにおすすめです。


ということだったので、水出しでいれてみた。


f0078014_1718265.jpg
先月、頂戴したガラスのティーカップにぴったり!001.gif
一口いただいたとたんに緑茶の旨味と柑橘類といちごの爽やかさが、口の中に広がり、とても美味しかった060.gif
フレーバーティーのような緑茶は、日本人の私には、ハマる味!せんべいにもぴったりなのが、嬉しい!!


このギフトは、先輩へのご結婚祝いの御礼として頂戴したもの。
先輩の旦那様は、仙台のインテリア&空間デザイナー/尾形欣一氏。
仙台のインテリア&空間デザイナー/尾形欣一氏のアトリエ&オフィス訪問の巻♪も、どうぞご覧下さい。

尾形ご夫妻に、この場をお借り致しまして、心より御礼を申し上げます040.gif
[PR]
by starlitsky_2006 | 2010-08-26 17:34

ぽかぽか足湯ミニ(遠赤外線放射!)を格安でGETしたよ!の巻♪

f0078014_12143583.jpg
マカナズハウスさんから教えてもらったこの「ぽかぽか足湯ミニ」。
水を使わず、遠赤外線で足先をあたためると足湯に浸っているように、全身があたたまって、血行が良くなった。
マカナさんも、ネットで安く買ったというので、私も、検索して探してみた。
6,800円のところ、楽天カードに入会すると2,000ポイントがもらえて、4,800円で購入することができるというので、楽天へ申し込んだ。

届いたのは嬉しいけれど、連日の猛暑で、まだ使う気にならず、放置してしまっている008.gif
もうちょっと涼しくなったら、使ってみたいと思う。

水を使わないので、横になっても使えるというのがポイント!デロ〜ンと横になって、足湯気分に浸れるって、きっと気持ちがいいんだろうなぁ〜016.gif

私の足の痛みが、再発しないようにするには、足を冷やさないことも大事なことだと言われたので、使ってみようと思う。これから冬に向けて、必須アイテムになるだろう。
[PR]
by starlitsky_2006 | 2010-08-25 14:30

書家・岡本光平先生より、ご連絡をいただきました!の巻♪

f0078014_22575498.jpg
※この画像は、2010.6.5仙台遊墨の会のワークショップにて撮影したものです。

いつも、仙台遊墨の会でお世話になっている講師の岡本光平先生から、仙台遊墨の会会員各位へということで、今日、私のところにメールが転送されてきた。

内容を見たら、これは、ぜひ、一般の方々にもお知らせすべき内容だったので、当ブログで、告知をさせていただくことにした。


以下、岡本先生からのメールをコピー&ペースト。
--------------------------------------------------------------------------------------

●岡本光平です。
私事で恐縮です。一部の方にはすでにお知らせしましたがNHKからお声がかかり、総合テレビ「みんなでニホンGO〓」に出演することになりました。テーマは『鬱・ウツ』ということで中身はお楽しみにしてください。出番はほんの数分のアッという間だとは思いますがご覧くださいませ。
●放送日・9月16日(木曜)22:00〜22:48 総合テレビ『みんなでニホンGO〓』
●10月27日発売・雑誌「男の隠れ家」(12月号)に制作の様子が4ページ掲載されます。
●仙台Date FMに9月出演
●山形Vigo FM「ライド オン フライデー」に11月毎週金曜18:30〜19:00にマンスリーゲストとして出演

--------------------------------------------------------------------------------------

私にとって、岡本光平先生は、カリスマ性があるけれど、あたたかい人間味で包み込んでくれる偉大な存在。
素晴らしい内容のワークショップ&岡本光平先生を囲んでの懇親会で、先生と直接会話をさせていただけるということが、私にとって、とても貴重なひとときとなっている。
マスメディアで、岡本先生が、どんなことをお話ししてくださるのか、とても楽しみだなぁ〜016.gif
[PR]
by starlitsky_2006 | 2010-08-24 23:20 | SHO

NEW EVERSTEP1 足関節サポーター&ハーフダンスシューズで、演奏してみたよの巻♪

f0078014_20581327.jpg
これは、私の知り合いから紹介してもらった「NEW EVERSTEP1 足関節サポーター」。
エレクトーンのペダルの弾きすぎで、長年、足先に激痛が走っていたけれど、それをマカナズハウスさんでみてもらったところ、足首からズレているということが判明し、治していただいた。
せっかく、足の痛みが治っても、またエレクトーンのペダルを弾くと、すぐに足首がズレて痛んでしまうということで、演奏する時、この足関節サポーターで、固定して演奏してみた。


f0078014_21594347.jpgf0078014_2159551.jpg
足関節サポーターは、内反捻挫の場合は、内側のストラップから先にとめ、外反捻挫の場合は、その逆に交差させて使い分けることができる優れものだった。足首が動かしやすいように、少し緩めに固定した。
ペダルが接触する足の平は、ハーフダンスシューズでサポートして、先日のライブに備えた。
おかげで、ライブが終わっても、足首のガクガク感はなく、サポーターの効果はバッチリだった!

見た目には、痛々しい感じがするかもしれないけれど、これからも、エレクトーンを弾く時は、足を保護しようと思う。

この足関節サポーターを教えて下さった知人に感謝!効果てきめんです!!ありがとうございました040.gif
[PR]
by starlitsky_2006 | 2010-08-23 22:46 | MUSIC

『平成22年地蔵様まつり』(永持寺境内)酒田市外野・千代田自治会主催に『ぽけっと』出演の巻♪

f0078014_15335913.jpg
フォークバンドぽけっとは、昨夜、『平成22年地蔵様まつり』(永持寺境内)酒田市外野・千代田自治会主催に出演させていただいた。
本当の地蔵様まつりは、8月23日なのだが、平日の夜は、お祭りを開催しても、人が集まらないご時世になってしまったので、「地蔵様まつりイベント」ということで、今年は、土曜日の夜に開催することになった。
4年続けて出演させていただいているのだが、今年は、立派な山門が建設され、境内のアスファルトも整備されていた。
このお寺の檀家さん達の結束の強さは、素晴らしいと思う。


f0078014_15393663.jpg

f0078014_15405599.jpg
出来立てほやほやの立派な山門。


f0078014_15422957.jpg
暑い中、自治会のみなさんが協力して作って下さった立派なステージで演奏させていただいた。


f0078014_15452163.jpgf0078014_15455746.jpg『ぽけっと』の前半のステージが終わってから、スポーツ民謡のみなさんのフラダンスや日本舞踊などで、ステージは、華やいだ016.gif
外野・千代田自治会のみなさまは、芸達者な方々が沢山!


f0078014_1548231.jpg
『ぽけっと』の第2部は、「みんなで生演奏で歌おう!」という企画で、この地蔵様まつりでは、初めての試みだった。
実行委員会の方は、「みなさん、歌ってくれるのだろうか?」と、とても不安そうであった。結果的には、たくさんの方に、喜んで参加していただくことができて、大成功だった。

隣町の85歳のおじいさんが、「音楽が聴こえてきたので、寄ってみました。こんな面白いことをやっているんだったら、ぜひ、歌わせて欲しい!」と飛び入り参加をして下さったおかげで、この企画が、ますます盛り上がった。


f0078014_16491567.jpg
童謡「ふるさと」をみんなで一緒に歌って、フィナーレ♪
一番前で、かき氷を食べながら座っていた子供達の歌声が一番大きく境内に響き渡ったことにみんなが驚いた。
「子供が少なくなってしまった」と地域の方が嘆いていただけれど、最後に、子供達の大きな歌声を聞く事ができたことがとても嬉しかった016.gif



072.gif『ぽけっと』からのお知らせです!
このライブを最後に、『ぽけっと』は、活動をお休みさせていただきます。
これまで、本当にたくさんの方々に応援をいただきまして、幸せでした。
この場をお借り致しまして、厚く御礼を申し上げます040.gif
[PR]
by starlitsky_2006 | 2010-08-22 17:08 | フォークバンドぽけっと

庄内余目病院1階『食事&喫茶くつろぎ』のチャーハンの巻♪

f0078014_2325064.jpg
庄内余目病院で発行している「あまるめ〜る」という広報誌の7月号に、病院の食堂がリニューアルした記事が載っていた。
『食事&喫茶くつろぎ』の関連店舗ということで、酒田の『酒茶房 如意』さんが紹介されていた。

昨日、『ぽけっと院内サマーコンサート』のためにお邪魔したので、お昼は、『食事&喫茶くつろぎ』でいただくことにした。


f0078014_2374767.jpg
チャーハン650円をオーダー。
パラッパラのエビチャーハンで、とても美味しかった016.gif
スープとザーサイも、ついていて、大満足!

でも、ちょっと、店内が殺風景に感じるのは、私だけかな?
まあ、病院の中だからね〜。病院の食堂にしては、美味しいと思った。(チャーハンしか食べていないけど、チャーハンが美味しいお店は、美味しい店だと思うから)

営業時間は、11:00〜15:00。日曜定休。
[PR]
by starlitsky_2006 | 2010-08-18 23:16 | FOOD

庄内余目病院にて、『ぽけっと院内サマーコンサート』の巻♪

f0078014_1942571.jpg
2010年8月17日(火)13:30〜14:30
庄内余目病院にて、『ぽけっと院内サマーコンサート』を開催させていただいた。

前回(2010.4.20)に訪問させていただいた時と同様に、庄内余目病院のスタッフのみなさんの歓迎ぶりには、本当に頭が下がった。

広報の効果か、今日は、一般のお客様が多かったように感じた。
お暑い中、わざわざ、鶴岡や酒田から、足を運んで下さったお客様がいらっしゃり、本当にありがとうございました040.gif


f0078014_19513726.jpg
ロビー全体を見渡し、客層に合わせて、その場で選曲!
できるだけ、みなさんが知っている曲を楽しんでもらいたいと、頑張らせていただいた。
一緒に手拍子をしたり、歌ったり、時には、涙を流しながら、一生懸命聴いてくださるお客様ばかりで、ありがたかった。


f0078014_1953522.jpg
ライブの後半、庄内余目病院の野末院長先生を指名させていただき、無理矢理「心の旅」を歌っていただいた。


f0078014_19551622.jpg
「心の旅」は、歌った事がない!とおっしゃりながらも、マイクをしっかりとにぎり、熱唱して下さった。
院長先生のサプライズな歌声に、観客は、大喜びで、「アンコール!」の声が飛び出すほどだった。
野末院長先生の人気の高さを感じた。


f0078014_19572371.jpg
実は、ライブの中盤から、私の背中に、強い日差しが照りつけ、焼けるような熱さに耐えながらのライブとなってしまった042.gif
う〜今も、背中がヒリヒリするよぉ〜!007.gif
ライブを見ていたお客様達も、逆光で、眩しかったのではないだろうか?

でも、終わってから、「今日は、おもしぇけ〜!」とたくさんの方々から、声を掛けていただいて、大変ありがたかった。
楽しんでいただけたのであれば、よかったぁ〜!

庄内余目病院のみなさま、お世話になりまして、誠にありがとうございました040.gif
[PR]
by starlitsky_2006 | 2010-08-17 20:22 | フォークバンドぽけっと