Rico's Room

rico2006.exblog.jp
ブログトップ

『2006モンスターズ オブ ロック春場所』大成功レポ♪

f0078014_10533226.jpg
昨日、酒田市の希望ホール3Fで開催された『2006モンスターズ オブ ロック春場所』。酒田ハードロック組合という音楽愛好家が集まって企画したイベント。今回の目玉は、ロンドン在住の日本人初のバスカー『地下鉄のギタリスト』土門秀明氏のスペシャルトークライブ。
他にも、地元の7バンドが出演とあって、とても楽しみにしていたイベントである。
ただ、ポスター等の広告制作を担当させていただいた私としては、観客動員数がとても気になり、満席になることを祈りつつ会場へ向かった。
f0078014_115446.jpg司会は、いつもの二人。禎彦さんと相原久生さん。半日のイベントの司会は、本当に大変だったと思う。
今回は、入場口のところで、土門秀明氏の本の販売&サイン会が行われ、PRする司会者。

f0078014_11103997.jpgライブのトップバッターは、酒田ハードロック組合の『DIRTY』。
このイベントを企画し、準備をし、いろいろ大変だっただろう。そんな4人が、大人の貫禄でオリジナル曲を魅せてくれた。久々に聴いた金内さんとかつらさんの息の合ったギタープレイは、さすがだと思った。
f0078014_11152065.jpgf0078014_11153339.jpg

f0078014_1117462.jpg
2バンド目は、『DEAD GODS GET(でごづげ)』。6人編成になると、音の厚みが凄い!私も、キーボードをやっているので、やはりキーボードがいるバンドはいいなぁ〜と思う。
今回は、でごづげの初代ボーカリストが参戦!
このバンドは、ドラムとベースが親子だというのところが、とても素敵だと思う。親子で、同じ趣味を共有しあえるなんて、素晴らしいことである。

f0078014_11232916.jpg3バンド目は、『クロラベル』。ボーカル&ギターのザック氏。このルックス通り、期待を裏切らないヘヴィーなサウンド。
メンバーが1名欠席だったのだそうだが、3人で力強いライブを観せてくれた。

f0078014_11383751.jpgf0078014_11384731.jpg
4バンド目は、『Y’s JUNCTION』。メンバーの入れ替わりがあったが、男性2名+女性2名になり、とても可愛くてフレッシュなバンドになったと思う。ベースのあいちゃんは、現役高校生。ボーカルのマッキィの明るさは、会場のテンションを盛り上げてくれた。

f0078014_11444294.jpg
f0078014_11445597.jpg5バンド目は、『HEDONISM』。今までに見た事がなかったバンドなので、とても楽しみにしていたバンドであった。メンバーのそれぞれの活躍は、知っていたので、いいライブになることは間違いない!とは思っていたのではあったが、期待以上の素晴らしさに感動した。
特にボーカルのリエっちは、まるで、和製シェリル クロウといった格好良さ♪
アンコールの声が飛び交った。まだ、結成して間もないので、ネタなし!ということで、アンコールしていただけなかったのであるが、これからの活躍が楽しみなアコースティックバンドである。


f0078014_11503394.jpg
ここで、休憩の予定であったが、順調な進行のおかげで、珍しく時間が空いた。
ということで、なんと、サプライズライブが酒田ハードロック組合の組合長・金内氏(写真左)とかつら氏(写真右)のユニットで行われた。
DIRTYアコギバージョンとはいえ、予定外のセッションライブ。二人のアドリブの凄さに場内は釘付け!こんなに凄いのまで観れるなんて、足を運んだお客さんは、本当にラッキーだと思う。
金内組合長のアドリブのきいた歌に、思いっきり笑わされた。場内が一体になった感じがした。

f0078014_11591998.jpg
f0078014_11593997.jpgいよいよ、スペシャルゲスト『土門秀明』氏の登場である。
アコースティックギター1本で、聴衆の耳を傾けさせる魅力ある演奏。これが、ロンドンの地下鉄で活動することができる人=バスカーの本物の演奏なのだと、ただただ、感動させられた。我々が面白楽しく趣味でやっている音楽とはあきらかに違うものを感じた。
おそらく、私が想像できないほどの喜怒哀楽が染み込んだ音楽なのだと思う。
スペシャルトークライブでは、土門氏著書『地下鉄のギタリスト』の本の出版社(水曜社)の大畠氏が、わざわざ東京から駆けつけてくれ、出版の秘話などを二人で語ってくれた。最後に土門氏の演奏と共に、水曜社の大畠氏が、7月7日ロンドン地下鉄同時テロの日記を朗読。涙があふれる素晴らしいトークライブであった。

f0078014_12171470.jpg場内は、満席であり、立ち見客もいた。
ロックとは、無縁そうな奥様方も数多く来場していた。
場内には、たくさんの悪魔もいた(^^;


f0078014_12183757.jpgf0078014_12231115.jpg続いては、がらりと変わり『M.O.P』のライブ。彼らは、昨年、松山眺海の森音楽祭にて、最優秀賞に輝いた「セックスマシンガー」が前身。パフォーマンスもありのパワフルなライブ。ドラムは、以前同様の悪魔のままで、気合いを感じた(^^;

f0078014_12403489.jpg
今回の『2006モンスターズ オブ ロック春場所』の大トリは、酒田が誇る『うまかBOW(うまかCHU)』。KISSネタは、今回を最後にしばらくお休みになるという。最後のKISSライブ。締めにふさわしい見事なライブであった。
私も、最後にこの写真が撮れた事を嬉しく思う。うまかCHUのライブ写真をこれまで撮ってきたけれど、これだけの素晴らしいステージだからこその写真が撮れたと思っている。希望ホール小ホールが活用できる環境って、ありがたいと思う。

f0078014_1259373.jpgf0078014_12592549.jpg
f0078014_12595265.jpg

f0078014_1301662.jpgf0078014_1303185.jpg最後にKISSのステージ最前列にスペシャルモンスター発見!!
[PR]
by starlitsky_2006 | 2006-06-25 13:02 | MUSIC